2016年4月17日日曜日

古事記の解読に向けた説明と基本概念

一月以来の投稿になりますが、ご覧の皆様はいかがお過ごしでしょうか。
以前投稿した記事【今後の予定について】にてお知らせのように、『古事記』の解読に向けた準備を進めておりましたが、ようやく霊界側の準備が整ったとの連絡がありました。
この件につきまして、とある霊界の住人より、ご覧の皆様に宛てたコメントを預かっております。





■ 霊界の住人のコメント

大変長い間ご無沙汰しております。
古事記の解読に向けて、霊媒と通信霊との間で快適な通信環境を整えるための細かい調整を行っておりましたが、ようやく準備が整いましたのでご報告申し上げます。
以前より難しい内容を取り扱うために、通信霊も霊的真理への理解がより深い存在である必要が出てきました。
その結果として、通信を行う際の難易度が上がってしまったのです。
これまでの通信環境では、新たな通信霊が霊媒と会話を交わすことが難しい状況だったのです。

新たな通信環境が整ったことで、人間の皆様にとっては馴染みのないような考え方を元にして様々な事柄を解説してゆくことになりますので、違和感を覚えることも度々あるかと思われます。
より俯瞰したものの捉え方になりますので、一読しただけでは納得出来ないような事柄も多く含まれると思いますが、「世の中にはその様な考え方もあるのだな~」程度に捉えていただけるとありがたく存じます。


それでは、古事記の解読に際しての基本概念の説明をさせていただきます。
人間の皆様には馴染みの深い概念である、「神と魔」や「善と悪」といったものの捉え方は基本的には使用することはありません。
それらの概念は人間の主観的な捉え方であり、物事を歪みなく解釈する上では邪魔になる概念なのです。
説明する際に必要であればその様な言葉を使用する場合もございますが、それ以上の意味は無いものと考えて下さい。
基本的には、安定に寄与するものであるのか、それとも不安定化を助長するものであるのかといった考え方を基準に説明を進めてゆくことになります。
それも、より俯瞰した捉え方を基準に説明することになるため、人間の主観を基準に考えた場合には、私どもの説明とは逆の捉え方をしてしまうことになるでしょう。
安定に寄与した行動が、不安定化を助長しているように感じてしまい、不安定化を助長している行動が安定に寄与しているように感じてしまうのです。
これらの逆転現象は立場の違いがあるので、ある程度は仕方がないことなのです。
これらの捉え方の違いの是非を問うためにこのような機会を設けたいわけではなく、純粋に私どもから見るとどのような解釈が成り立つのかというところをご説明申し上げ、皆様とともに世界というもののあり方を改めて考えるためのきっかけをつくりたいと考えております。

いくら私どもの純粋な解釈と申しましても、通信の受け手である霊媒が人間ですので、ある程度は人間の主観が反映されてしまう余地がある事は否めません。
できる限り私どもの考えをわかりやすく伝えられるように努めますが、完全に再現することは難しいという事をご理解いただければ幸いです。


さて、これらの基本概念を踏まえて、再度ヨハネの黙示録の解読に努めたいと考えております。
以前の解釈では、人間の主観的な概念を基準にして解説がなされているため、ある程度筋が通っていても、解釈が難しい部分も多々ありました。
そこで、今度は私どもの持つ概念を基準にして解釈すると、「いったいどのような捉え方が可能であるのか」という、視点の違いによる解釈の相違を皆様に実感していただきたいと考えております。
それらの作業を行った後に、古事記の解読作業を行った方が、より理解を深めやすくなると考えております。
いきなり古事記の解読に取りかかるよりも、先にヨハネの黙示録の解読をした方が、霊媒にとっても良い具合にウォーミングアップできますので、もしよろしければお付き合い下さい。
これらの解読作業には、ある程度の時間を要することになると思いますが、もうしばらくお待ちいただけるとありがたく存じます。

(2016年4月14日)





当初の予想よりも準備に多くの時間をかけてしまいましたが、ようやく『古事記』の解読に向けた準備が整ったようです。
また、上のコメントにあるように、『古事記』を解読する為のウォーミングアップとして、『ヨハネの黙示録』の再解読を先に行う旨の申し出がありました。
人間の主観的な見方と、神の俯瞰的な見方の違いを理解する必要があって、俯瞰的な物の見方が理解できるようになってから、ようやく古事記の解読に取りかかる段取りなのでしょう。
ここで俯瞰的な物の見方を理解する必要があるのは、第一に霊界からの情報を適切な言葉に翻訳する霊媒で、第二に霊媒が翻訳した情報を受け取る管理人、そしてご覧の皆様です。
そこで、『銀の紐』を通じて俯瞰的な物の見方を理解する材料として、黙示録の再解読がちょうど良いという、霊界の住人の判断なのだと思います。

長らく『古事記』解読の準備に時間を費やしており、更に遠回りを余儀なくされてしまいますが、どうか気長にお付き合い下さい。

Silvercord管理人 





上記記事の内容についてのご意見・ご感想・ご質問はコメント欄よりお寄せ下さい。
また、コメントを投稿される際は、記事【改めて、ご覧の皆様へのお願いと連絡事項】をご覧下さい。

15 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

地球や人類を霊界から支えてくれている皆さんの仰る安定や不安定とはどのようなものかとても気になります。その理念は果たして創造主の意思にも通じるものであるのか、また拙いながらも人類がこれまで培ってきた善とは何だったのかなんて事も知ることが出来ればうれしく思います。

Silvercord管理人 さんのコメント...

匿名様

以前『ヨハネ黙示録』を解読した際には、バチカンの拠点からキリスト教圏に対して働きかける霊団の協力を得ましたが、今回は地球全体を統括する霊団に協力して頂くことになるようです。
黙示録をもたらしたキリスト教圏に対する働きかけも、古事記をもたらした日本に対する働きかけも、地球全体を統括する神にとっては一貫した活動の一側面となりますので、両者の類似点と相違点を比較する事によって理解を深める助けとなるでしょう。
少なくとも、今までの記事より難易度が上がると思いますが、管理人もご覧の皆様と一緒に少しずつ学んでいきたいと思いますので、長丁場となりますがお付き合い下さい。

なお、この際に黙示録解読記事の復習をされたい方もいらっしゃると思いますが、疑問がありましたら該当する記事のコメント欄よりお寄せ下さい。

baseheat さんのコメント...

管理人様、霊媒様、ご無沙汰しております。(cc:霊界の皆様)
お正月の頃の書き込みから、様々なことがマクロでもミクロでも起きてきていますね。最近、とあることから「惟神」というのは宗教的な姿勢というよりは、自然の理に沿った生き方という、ごく普通の人の在り方のことだったんだなぁと気づきました。宗教に所属していなくても、日常の様々なこと、お天気から誰かの一言までが、自分にとっての糧になる…活かすか活かさないかは、それぞれにゆだねられているあたり、育むとはこういうことか…と思いました。 今回の話題も面白いですね。ちょうど、知り合いのクリスチャンにどうして靖国神社に奉られるのは困るのかと聞いた回答から、しみじみ宗教というのは人間の都合なんだなぁと感じていたところです。

Silvercord管理人 さんのコメント...

baseheat様

自然の理とは神の働きかけにより成り立っているのですから、人生経験を通じてその仕組みを理解しましょう――ということなのだと思います。
それが自力で出来れば宗教は不要ですが、自力ではそこへ辿り着けないけれども関心を持つ人に向けて、宗教団体や経典が用意されているのでしょう。
そういった宗教団体や経典は、あくまでも自分自身が気づきを得るためのヒントを提供してくれるだけであって、最終的には自分がどの様にして理解を深めるかという話になりますが。

baseheat さんのコメント...

管理人さま、コメントありがとうございます。
地球の営みは双極のバランスで成り立ち、躍動し、進化しているのですが、人間の社会においては主流が二者択一になっていますね。キリスト教的に言うと、神は全てを活かし、悪魔はどちらかを選ばせて、二極の分離を促す…
のでしょうか。。。

Silvercord管理人 さんのコメント...

baseheat様

視野が狭いのでしょうね。
自分にとって都合の悪いもの、理解できないものをまとめて排斥すれば、余計なことを考える必要がなくなって気が楽ですから。
尤も、それは自分の可能性に蓋をする思考停止でもありますので、長い目で見れば愚かな行為なのですが。

baseheat さんのコメント...

気が楽!!!なるほど〜。以外と単純なことなのかもしれませんね。

Tamako in Nikko さんのコメント...

こんにちは!

最近、保守系の論客が出演するネットニュースなどで、古事記という言葉が散見されます。
今上陛下のご譲位に伴う話題の一環であることが多いのですが、
それもあって、古事記についての興味が私の中で高まり、何冊か本も読んでいます。
また、西洋史学科へ進んだため、日本史は中学生どまりの知識しかなかったので
最近は「逆説の日本史」というシリーズも読んでいます。
まだ古代編なのですが、白村江の戦い後にたくさんの半島人が来たことや
天皇家の任那地方への強い執着などを知り、改めて半島との関わりを考えています。

古事記の解読、本当に楽しみにしています。
まだ先になるとは思いますが、どうぞ宜しくお願い致します!

Silvercord管理人 さんのコメント...

Tamako in Nikko様

管理人も古事記の解読を進めたいと希望していて、恐らくは、従来の古事記研究では取り上げていない新たな見解が示されるものと期待もしているのですが、こればかりは霊媒の準備を待たなくてはなりません。
今のところ、霊媒の復帰の目処は立ちませんが、当面は管理人が過去記事の検証作業を進めて行きます。

chb5963 さんのコメント...

古事記の上巻って宇宙の仕組みを理解しようとする理論物理学にも似てますね。
次々と現れる神様を力の相転移に見立てる事もできそうです。
創造主は天之御中主(宇宙の種)を生み出し、摂理に従い重力、核力、電磁気力などに該当する神様がすぐさま現れ、いずれ温度が下がり宇宙が晴れ渡ったり星々の材料が出揃う頃に現れたイザナギとイザナミが銀河や星々(その一つが天照大神=太陽)を作り出す。太陽系の星々も次々作られ、地球が冷え固まった頃合いに人類の祖であるニニギノミコトが地上に降り立ち、人の世の物語へ繋がる。
ファンタジー色が強すぎましたでしょうか。霊媒さんに早く古事記の謎を伺ってみたいです。

Silvercord管理人 さんのコメント...

chb5963様

仰るような見方はありだと思いますが、古事記の内容を読み解く為には重要な要素が一つ抜けていると思います。
それは、この世界が物質的な要素と霊的要素の二重構造になっているけれども、今のところ人間は霊的な要素について殆ど何も知らず、物質的な要素についても熟知していません。
以前ヨハネの黙示録を解読しましたが、多少なりとも霊的な側面についての知識がなくては、あのような理解には辿り着けませんでした。
恐らく、古事記についても同じ事が言えるのではないでしょうか。
理論物理学が示す世界像は物質的な側面における現象の説明であり、霊的な側面についての言及がありませんので、この世界の仕組みや成り立ちの一部を説明できても、この世界の全体像を理解するには+αが必要になるでしょう。

大神神社大好きさん さんのコメント...

昔から楽しく拝見しております。
古代史と近代史に関心を持っていましたが、奇しき縁に導きを賜わり、
ここ数年は休日のほぼ全てを近代日本の宗教政策の研究に費やし、全国の神社を旅しております。

コメントして縁を結ぶより、一読者で楽しもうと、これまで数年、コメントしませんでしたが、
なんとなく、書きたいことを書いてみます。

古事記は音読がいいと思います。祝詞を奏上するが如く緩やかに。何度か繰り返していると、腹の底から理解できますよ。
古事記で使用される仮名文字にも秘術が施されていますが、私はコレを解く任に非ず、タッチしていません。
古事記日本書紀のみならず、文章一般に言えることですが、読み手、受け手の理解と書き手の理解は乖離しています。
くれぐれも奇をてらわず、理解のすべてを伝えようとせずに、随神の精神でおすすめなさってください。

あ、大神神社の分社や神八井耳命様のご子孫をお祭りするお社で黙読するのもいいですね。

Silvercord管理人 さんのコメント...

大神神社大好きさん様

学術的な研究では、古事記の文面から何が読み取れるかを調査しますが、『銀の紐』では、古事記の元になる情報を当時の人間に対して発信した情報源に接触を図って、情報源が発信した内容がどの程度古事記の文面に反映されているかを確認し、修正や追加の情報があれば解説を試みます。
一般的な古事記研究とは異なる手法をとりますので、音読するかどうかは余り関係ないと思います。

大神神社大好き さんのコメント...

説明下手ですみません。

古事記は元々、口承すなわち言葉を音に出して伝えられてきたものを、文章にしただけのものですから、そもそも古事記理解に音読以外のアプローチは存在しないわけですが、それはそれとして、『古事記の元となる情報』が「古事記の文面に反映されている』というアプローチが、近代的で学術的だと思うのです。

貴殿に分かりやすく伝えるならば、古事記は霊界(正しくは神界)の産物であって、この世のものではありません。でも、文章になっちゃって現実世界に存在しちゃってるから、今僕らが読む古事記は直接神界とは繋がってなくて、その半霊半物質な性質のために、取扱いが非常に難しいんですよ。神さまに降りて頂いて解読しようにも、アプローチ先を間違えたら、古事記を伝えてきた神さまや氏族の思いとは全然違う答えが出てきますからね。低級霊がどうのこうのというのではなく、古事記自体を曲げてしまおうとなさる高位の神さまもいらっしゃる。日本は簡単な国ではないですよ。

貴殿の回答を見て思いましたが、ヨハネ黙示録の解読が先だというなら、次は日本書紀の方がよろしいかと思います。僕も日本書紀を研究すること10年を超えて、ようやく古事記へのアプローチの仕方が分かり始めたので。

Silvercord管理人 さんのコメント...

大神神社大好きさん様

元々は口承であったとしても、それを後に文章化した物が現在に伝わっていて、管理人が解読の元ネタとして使用するのも文章の方ですので、それをあえて音読しなくてはならない必然性はないと思いますが、いかがでしょうか。
それとも、文字化する事によって割愛されたり、音読する事によって顕在化する情報があるのでしょうか。
もしご存じでしたら、その様な事例を教えていただければ、大神神社大好きさん様が音読を重視される理由についての理解が進みますし、解読の参考になるかもしれません。

「低級霊がどうのこうのというのではなく、古事記自体を曲げてしまおうとなさる高位の神さまもいらっしゃる。」
この様に仰る根拠を教えていただけますか。
「古事記の内容が神のもたらしたものであり、それが時代を経ても正確に伝わっているなら、神があえてその内容をねじ曲げる理由はなく、その内容をねじ曲げるのは神を騙る偽者」というのが、管理人の理解なのですが。
同じ事は黙示録にも言えますし、神様からもたらされたとされる他の情報についても同様です。

そして、古事記と日本書紀は別の文献ですし、今は日本書紀を解読する必要を感じていませんので、黙示録の解読が終わりましたら、古事記の解読に取りかかりたいと思います。
とはいえ、今は霊媒が活動休止中ですので、いつ頃古事記に手をつけられるかはわかりません。