2014年6月27日金曜日

『環水平アーク』現象が示すもの[謎解き編]

前回投稿した記事【『環水平アーク現象が示すもの[謎掛け編]】から、しばらく時間を置きましたが、霊界の住人の方からお寄せ頂いたメッセージの意味を、ご覧の皆様はどの様に読み解かれましたか。
今回は[謎解き編]と題して、霊界の住人の方にお寄せ頂いたメッセージの意味を解読してゆきましょう。

最初に、前回紹介した霊界の住人の方のメッセージを、改めて再掲します。





■ 霊界の住人の方のメッセージ(再掲)

手を石鹸で洗って水で濯ぐと、濯いだ水滴が落ちます。
その下は一面が水で覆われていて、水滴が水面に落ちると、水面に波紋が広がりながら緑に変わってゆきます。
更に、一面を覆った緑の奥から、澄んだ水が止めどなく湧き出て来ます。

上から真っ黒に汚れた水滴が落ちてきて、澄んだ水で覆われた水面に当たります。
しかし、一面の澄んだ水に比べて、黒く汚れた水滴は小さすぎるので、その汚れた水滴だけで一面の澄んだ水面を汚すことは出来ません。
実は、澄んだ水面を汚そうとして、ワザと黒く汚れた水滴を落とした者がいたのですが、一滴の汚水だけでは汚せないので、ムキになって沢山の水滴を落とします。
水滴を落とすと言っても、まるで全身に黒い水の衣を羽織っているようで、その身体から黒い滴が止めどなくしたたり落ちています。
しかし、黒い水滴が澄んだ水面に落ちた瞬間、薄黒くモヤモヤッと広がりますが、すぐに浄化されてしまいます。
黒い水滴を落とした者は、怒って澄んだ水を干上がらせて、その場を自分が落とした黒い水滴で満たします。
しかし、そこは澄んだ水が止めどなく湧き出る泉だったので、瞬く間に黒い水滴を外に洗い流してしまいます。

そして、止めどなく澄んだ水が湧き出る泉は山の頂上にあったので、泉の澄んだ水によって外に押し出された黒い水は、山の麓を丸く取り囲むようにして溜まっています。
更に山頂の泉から、澄んだ水が麓の方に溢れてゆき、やがては麓を囲んでいた黒い水も徐々に浄化してゆきます。
黒い水滴を落としていた者は、幾ら澄んだ水を汚して黒く染め上げようとしても、それが無理であることにやっと気づいたので、居心地が悪くなってその場を立ち去ってしまいました。

黒い水滴を落としていた者は、そうすることが自分にとって居心地が良かったので、自分の周りを全て黒く汚れた水で満たそうとしました。
周りの者は一時的にそれを受け入れたのですが、やがて居心地が悪くなって、とうとう黒い水で満たすことを拒絶しました。

黒い水を落としていた者は、別の山に行っては同じ事を繰り返して、ついに七度目を失敗で終えた時、一番最初に交わされていた契約に基づいて裁きを受け、全てが洗浄されます。

(2014年5月12日~6月2日)





続いて、このメッセージの内容を解読する為に必須となる、キーワードの解説です。

  • 石鹸で洗っているのは、神の手です。
  • 水滴・水・泉は、霊的エネルギーです。
  • 神は霊的エネルギーを媒介として、生命力を豊かにする働きかけを行います。
    (神が手を洗った時に落ちた水滴が、水面を緑に変えてゆくので)
  • 澄んだ水は神が働きかける霊的エネルギーで、黒い水は神の働きかけと相反する霊的エネルギーです。
  • 山の山頂は霊界で、麓は地上界です。

更に、以前『銀の紐を越えて』などに投稿した以下の記事を参考にして、霊界の住人の方のメッセージを、時系列に沿って分かりやすく書き直してみましょう。

『銀の紐を越えて』掲載記事【『霊界と地上界を繋ぐ拠点』と日本の役割について(メッセージ107)】
『銀の紐を越えてα』掲載記事【宇宙の構造と神々や人間が目指すもの[メッセージ修正版01]】
『銀の紐を越えてα』掲載記事【霊界と地上界を繋ぐ拠点と霊的エネルギーの役割[メッセージ修正版02]】





■ 霊界の住人の方のメッセージが示す物語

現在よりも遙か昔のこと、神様と共に霊界から地上界への働きかけに携わっていた、神の使いの中の一人が、神様に向かって言いました。
使「神様、今のやり方よりも素晴らしい方法を考えました。
こちらの方がより良い結果に繋がると思うので、新しい方法に変えましょう」
神「今の方法を続けるには、それなりの理由があるのですが……」
使「でも、今のこんなにまどろこしい方法より、こちらの方が絶対に良いはずです。
だから、すぐに新しい方法に変えましょう」
神「そんなに言うなら、あなたが自分でやりたいようにやってみなさい。
合計七回まで、試す機会を与えましょう。
但し、七回試しても上手く行かなかったら、あなたは今までに学んできたはずの智慧をまるで理解していなかったことになるので、また一から学び直すことになります。
それでも、自分の考えた方法を試してみますか」
使「わかりました。
もし自分で考えた新しい方法の方が正しいと証明できたら、神様もこちらの方が正しいと認めて、今までのやり方を改めて下さいね」
神「いいでしょう」
そうして、神の使いの一人は神様の元を離れて、自分で考えた新しい方法で地上界に働きかけることとなりました。
従来、神様は霊界と地上界の間に専用の道を作って、その道に特定の作用をもたらす霊的エネルギーを流し込むことによって、地上界に対し働きかけて来ました。
そこで、神の使いは霊界と地上界を繋ぐ専用の道に目をつけて、そこに流す霊的エネルギーを変えてしまえば良いと思いつきました。
神様より自分の方が正しければ、自分が働きかける霊的エネルギーで地上界が満たされるにつれて、きっと地上界も今までよりずっと素晴らしい所になるはずだ。
神の使いは試行錯誤の末、専用の道の霊界側の入口を占拠しました。
そこから地上界に向けて、自分が働きかける霊的エネルギーを流そうと準備を始めたのですが、神様が働きかける霊的エネルギーが流れ込まないように堰き止めた封が切れて、勢い余って溢れ出してきました。
神の使いは、自分で働きかけられる霊的エネルギーの量に限界があったので、 ある程度の量が溜まるまで待っていたのですが、そこに勢い込んで流れてきた神の働きかける霊的エネルギーに押されて、そのまま専用の道を伝って地上界に落ちて行ってしまいました。
使「せっかく溜めていたのに、何ということでしょう」
神の使いは怒ったり呆れたりしておりましたが、ふと地上界の方を見ると、先程まで自分が溜めていた霊的エネルギーが、地上界に満ちてゆく様子が分かりました。
使「自分の霊的エネルギーは充分に溜められなかったけど、それでも地上界に満ちているじゃないか。
もしかしたら、これだけでも地上界に働きかけるには充分じゃないだろうか」
そう思った神の使いは、一旦霊界を後にして、地上界へ様子を見に行きました。
使「やった!
地上界が自分の働きかけた霊的エネルギーに満ちているじゃないか。
これで地上界も変わって、神様も自分の誤りに気づくはずだ」
一旦は自分の試みが成功したと思った神の使いですが、それも束の間のこと、尚も霊界から専用の道を通じて、神様の働きかける霊的エネルギーが地上界に注がれ続け、瞬く間に自分が働きかける霊的エネルギーが押し流されて、何処へと雲散霧消してゆきます。
それから程なく、地上界は神様の働きかける霊的エネルギーに満たされてしまいました。
使「どうやら今回は失敗したみたいだ。
でも、神様は七回も試す機会をくれたのだし、今回の失敗で問題点も分かった。
次こそ成功させよう」

それから、神の使いが失敗の原因を分析した所、既に使われている専用の道を、途中で借りようとしたことが問題ではないかと思いつきました。
神様は、地上界に暮らす人々の成長段階に合わせて、霊界と地上界を繋ぐ専用の道を開いたり閉じたり操作していて、これから一つずつ順番に専用の道を開いてゆくので、道が開く時を狙えば上手く行くかも知れません。
専用の道は六つあって、今は一つだけが開いています。
今度は二つ目の道が開く時が狙い目でしょう。

そして二つ目、三つ目、四つ目、五つ目、六つ目と全ての道が開かれる時も全て失敗し、その後に一か八かの最後の挑戦に賭けたものの、結局神の使いは目的を果たすことが出来ませんでした。
また、長年に渡る神様の働きかけの末、地上界に暮らす人々が霊的に成長し、もはやある程度成熟した者でないと地上界には止まれなくなってしまいました。
では、地上界に止まれない程、霊的に未熟な者はどうなってしまうのでしょうか。
未熟な者には、それに見合った別の場所が用意してあって、この後は自分の成長段階に見合った場所で、自分のペースに合わせて霊的成熟への階段を一歩ずつ昇ってゆくのです。
もちろん、神の使いもここまで来てやっと自分の過ちと未熟さを受け入れて、最も未熟な段階から霊的成熟への歩みを始めることになります。
それは、今よりも遙か未来に起こるはずの出来事です。

(了)





上記『霊界の住人の方のメッセージが示す物語』は、あくまで霊界の住人の方のメッセージを元に、上記関連資料や、霊媒によるアドバイスを参考の上、ご覧の皆様の理解を深めて頂けると考えて、管理人が再構成した物語です。
また、今回は[謎解き編]と題してお送りしましたが、どの程度まで謎の核心に迫れたのか、少々不安を抱えながらの投稿となります。

なお、記事のタイトルにある『環水平アーク』が、霊界の住人の方のメッセージとどの様な関係があるのかについて、メッセージを読み込むだけではよく分かりませんでした。
そこで、前回掲載の記事でも述べたように、聖書の『ヨハネの黙示録』を併せて読むことによって、より深い意味合いが理解できるとのことでしたので、現在準備を進めております。
世の中には、既に多くの「ヨハネの黙示録の意味を読み解く」系の書物や言論の類が存在しますが、従来のキリスト教的価値観とは一線を画した、ちょっとビックリのヨハネの黙示録解読記事になると予想しておりますので、お楽しみに。

Silvercord管理人 





上記記事の内容についてのご意見・ご感想・ご質問はコメント欄よりお寄せ下さい。
また、コメントを投稿される際は、記事【改めて、ご覧の皆様へのお願いと連絡事項】をご覧下さい。

10 件のコメント:

  1. 管理人様

    謎掛け編ではさっぱり意味が分からず最後まで謎でしたが、つまり、地上世界の成熟度と注がれる神のエネルギー量の条件が存在するということでしょうか?

    文面からは霊界側には以下の条件や規則が存在することが推測されます。
    ・地上世界の成熟度合いと注がれる神のエネルギー量には相関関係がある。
    ・霊界は神のエネルギーを成熟度合いに応じて過不足無く調整しながら注いでいる。
    ・地上世界の成熟度合いを無視して過大なエネルギーを注いだ場合、地上世界では注がれた神のエネルギー量に適応可能な者のみが生存可能になり、適応できないものは死亡するなどして、その世界よりも未熟な者が活動可能な世界へ転生することになる。
    ・霊界で過大なエネルギーを注ぐように意図したものや、地上世界からもっと過大なエネルギーを注ぐように要請して地上世界を混乱させた者は、罰を受けることになる。

    この推測が正しいとすると、カンブリア紀やデボン紀などで生物の大量絶滅が発生した原因も、神のエネルギー量の過大な注ぎ込みにあったのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. 匿名様

      上記『霊界の住人の方のメッセージ』と、それを管理人が再構成した物語では、霊界と地上界に暮らす人間の関係を分かりやすく表現する為に、その他の要素を省いて単純化しております。
      しかし、匿名様のコメントにある様な、生物の大量絶滅が発生した原因を理解するには、上記の説明では省かれていた要素に着目しなくてはなりません。
      それは、私たち人間を初めとした生物が成長するのと同じように、私たちが暮らす地球そのものも成長の過程にあるという点です。
      現在の地球上では、私たち人類が最も繁栄を謳歌していると言って差し支えないと思いますが、それは現在の地球の成長段階が人類の生存に適しているからで、いつまでも現状を維持し続けるわけではありません。
      やがて地球自体の成長段階がステップアップする時期は来ますので、それ以後は人類の生存に適さない環境へと変化してしまうでしょう。
      過去に生物の大量絶滅があったのは、かつての未熟な成長段階にあった地球環境に適応して繁栄した生物が、その後の地球自体の成長に伴う環境変化に適応できずに絶滅してしまったという環境要因が第一に挙げられます。
      また、生物とは霊が物質界での経験を積む為の乗り物のようなものですから、霊の成長段階によって宿る生物の種類が限定されます。
      ですから特定の生物種が絶滅するのは、その生物に宿る経験を必要とする霊がいなくなったとも考えられます。
      人間を初めとした生物の側にも、その生物を育む地球の側にも、特定の生物種が永遠に生息することを許さない事情があり、神様はそれらの様々な要因を全て考慮した全体のバランスを見て、供給するエネルギーの種類や量をコントロールします。

      この辺りの話は、今後投稿予定の『ヨハネの黙示録』についての記事にも関わってくると思いますので、そちらの方でもう少し詳しい内容を取り上げられるかも知れません。

      削除
  2.  過去の投稿で現在は六ヵ所の内の二カ所、日本とバチカンの道が開かれておりこれからも順番に開いていくとの事、そして人類はこの先数万年は滅びる事はないと仰っていたよう記憶します。今回のお話と合わせると新しい試みを行う者の計画も数万年単位であると察せられます。
     聖書では神の意志(正義)とは違った正義を持つ者を悪魔や堕天使と呼びます。彼らの住む世界を神は地獄と呼びます。霊界通信で有名なワード氏の「死後の世界」においても悪魔や地獄の概念は登場しますし、我々の住むこの地上にも悪魔としか思えないような非道を働く者がいますし、そういった者が集う場所は地獄さながらです。
     新しい試みを行おうとする神の使いが悪魔や堕天使と呼ばれるものと同じであれば、神は彼らを滅ぼすのではなく数万年単位で救おうとされているのですね。そして予言によれば彼は最も未熟な段階から霊的成熟への歩みを始めることになるので既に救済の道を歩んでいると言ってもいい。何というか神の懐の深さ、究極にまで洗練された親の目線に感服するしかありません。

    返信削除
    返信
    1. 匿名様

      コメントを拝見する限りでは、この記事を投稿した意図をよくご理解下さっていると思います。
      管理人は今、今後投稿予定の記事の準備として、新約聖書の『ヨハネの黙示録』を読んでおりますが、匿名様がコメントで指摘されている点(悪魔や堕天使を数万年単位で救おうとしている)に加えて、私たちにも関わりのある驚きの仕掛けが施されていることが、『ヨハネの黙示録』から読み取れます。
      とにかく、知れば知る程「神様って、本当に抜かりがないな」と感心してしまいます。

      削除
  3. 謎かけ編を読んだときに、昔友人から、「神の業を掠め取るな」という言葉を聞いたことを思い出しました。神が行うものごとを、神の視点に居ないものがわかった気になって采配をふるうのは出過ぎたことであり、それ以前に本来の自分の勤め(業)もおろそかになっているのではないでしょうか。 とはいえ、そういう行動をしてしまうことは、一つの進化の過程ともいえるわけで、そこで何を学ぶかでその先は変わってきます。今の世の中、特に日本の情勢では、反対・賛成や良い・悪いといった対立構造が描かれることが多いですが、どうしてその対立構造が成り立っているのか、対立がない場合はどういう事象が現れる可能性があるのか等を考えてみる、そういう視点を持つという方が対立構造に巻き込まれるよりも建設的な気がしました。

    返信削除
    返信
    1. baseheat様

      こちらの記事では、神様の働きかけと、神様の使いの働きかけが相反する方向になってしまいましたが、神様はそのチャレンジを容認して、自分の考えるままに取り組むという経験に学ぶ機会を与えました。
      一見すると、神様の使いの働きかけは、神様の働きかけを妨害するようにも見えますが、何故神様は、神様の使いのチャレンジを認めたのでしょうか。
      そこには、単に神様の使いの成長を考えただけではなく、神様の働きかけを受ける私たちへの影響も考慮した判断があるのですが、恐らく『ヨハネの黙示録』を解読してゆく中から、その辺りの詳しい事情が明かされてゆくのではないかと、今から密かに期待しております。

      削除
    2. よくよく考えてみれば神様の使いのチャレンジの真っただ中に私たちが存在してるのですよね。つまり私たちの成長にとっても必要な挑戦や経験であるという事なのでしょうか。あまりにスケールが大きすぎて実感できませんが遠い未来私たちの誰かが神様のお役目を担う時にこの経験が活きてくるのでしょうかね。

      削除
    3. 匿名様

      上のコメントでも述べたように、恐らく『ヨハネの黙示録』を解読してゆくと、詳しい事情が明かされると想定しておりますが、先に一つだけヒントを出しましょう。
      聖書の『創世記』第三章で、アダムとエバが、主なる神から禁じられた木の実を食べた為に、楽園を追い出されたエピソードがあります。
      神の使いのチャレンジの概要は、このエピソードに凝縮されておりますので、次の記事を投稿するまでの間に、頭の体操として考えてみてはいかがでしょうか。

      削除
  4. 銀の紐様

    おはようございます。貴ホームページに初めて拝見してから数年後、このような時を迎えること何か感慨深いものがあります。
    昨晩ヨハネの黙示録を見直し、いよいよその時が来たのかと覚悟を決める段階に入ったなと少し緊張しました。
    噛み砕いて頂いた記事のお陰で、ネィティブインディアンやスーダンでの悲劇、そして日本と諸外国との交錯、今回の記事を拝見するにつれより理解が深まりました。感謝いたします。
    今後の生き方に是非生かしていきたいと思います。
    続編も楽しみにいたしております。
    暑い夏ですが、ご健康に留意頂きますようお願いいたします。

    返信削除
    返信
    1. wasabi様

      コメントにある『ヨハネの黙示録』の解読記事は、【ヨハネの黙示録に託されたメッセージ(その1)】でしょうか。
      今回は『ヨハネの黙示録』を解読する特集の第一弾ですので、管理人としては部分的に手を加えたい箇所も散見されるのですが、当面は一通り黙示録の解読記事を投稿することに専念して、修正等はその後に考えたいと思います。
      今回投稿した記事でも、ご覧の皆様から様々な感想を寄せて頂きましたが、今後も興味深い記事が続くと思います。
      お楽しみに。

      削除