2015年10月23日金曜日

とあるコンビニ店の話[小ネタ]

前回の投稿からしばらく経ちましたが、ご覧の皆様はいかがお過ごしでしょうか。
先日、霊媒がとある夢を見たのだそうですが、なかなか興味深い内容でしたので、小ネタとして紹介します。

今回の記事は小ネタ枠ですので、霊媒から聞いた話を、管理人の記憶に基づいて再構成しました。





■ 霊媒が見た夢

先日見た夢の中で、霊媒はとある店の様子を眺めていました。
その店はコンビニエンスストアの「セブンイレブン」だったそうです。
ところがその店舗は、私たちが普段町中で見かけるセブンイレブンとは、少々様子が異なっていました。
その店舗をよく見ると、セブンイレブンの隣に別の店が繋がっています。
どうやら食堂のようなのですが、霊媒は「恐らく韓国系の店だ」と言っています。
二つの店は通路で繋がっていて、お互いの店内を自由に行き来できるようになっています。
食堂の店内は閑散としていて、一組だけ日本人の学生の客がいた以外は、全て韓国人の客だったようです。
さて、霊媒が隣り合う二つの店舗の様子を見ていると、突然、食堂がガス爆発を起こして吹き飛んでしまいました。
爆発の被害は、隣のセブンイレブンの店舗にも及び、店舗の繋ぎ目の辺りの壁が崩れてしまいましたが、隣の店舗と比べると軽微な被害に止まりました。
そこで霊媒が不思議に思ったのは、食堂は閑散としていたはずなのに、ガス爆発を起こす直前に、食堂の入り口に客が殺到していたことです。
彼らはどこから現れたのでしょうか。
元々はセブンイレブンにいた客かもしれませんが、それならばセブンイレブンの入り口から逃げれば良いものを、何故わざわざ隣の食堂の入り口から逃げようとするのか、霊媒は不思議に思ったようです。
また、食堂が爆発した時、そこにいた日本人の学生はとっさに物陰に身を潜めて、一番最後に落ち着いて避難をしたので助かりましたが、我先にと入り口に殺到した人たちの姿は見えませんでした。
多くの人が避難したはずなのに、店の外にも二~三人位しかいませんでした。
きっと最後の方に落ち着いて避難した人たちなのでしょう。
我先にと避難した人がもっとたくさんいたはずなのに、その人たちはどこへ行ってしまったのでしょうか。

(2015年10月15日)





あくまでも霊媒が見た夢の話ですので、安易に実在の「セブンイレブン」と結びつけないように注意を願います。
尤も、隣り合っている店が韓国系の店とのことですので、霊媒にとっては、日本の代表的なコンビニ店が「セブンイレブン」という認識であって、より重要なポイントは「日本のコンビニ店と韓国の店が隣り合っている」という点なのかもしれません。
その様に考えると、隣り合った二軒の店が何かの象徴ではないか――などと想像力を刺激します。
頭の体操として、ご覧の皆様も様々な想像を巡らせてはいかがでしょうか。

Silbercord管理人 





上記記事の内容についてのご意見・ご感想・ご質問はコメント欄よりお寄せ下さい。
また、コメントを投稿される際は、記事【改めて、ご覧の皆様へのお願いと連絡事項】をご覧下さい。

22 件のコメント:

  1. 老婆心ながら、安易に実在のコンビニ名は出さないほうがよろしいのではないでしょうか。
    日本を代表する某コンビニ、でも充分記事の意図は通じると思いますし、コンビニの名前を出すことで、そのコンビニへ思わぬ迷惑をかけるのは管理人さんのご本意ではないでしょうから。

    返信削除
    返信
    1. 匿名様

      ここはコンビニの名前にも何らかの意味があると思いましたので、名前を出すと共に上記のコメントを追記しました。

      削除
  2. 管理人様、新しい記事をありがとうございます。
    大変興味深く拝見しました。


    さて日系コンビニと韓国食堂が「繋がっている」
    というのは、韓国系日本人の方々の状態を表すのではないでしょうか。
    その状態とは「二重国籍」です。

    食堂にいた日本人「学生」は片親が日本人で
    日本国籍と韓国籍をもつ「22歳まで」の人々を指し、
    食堂の他の客は「食堂=韓国政府」が現在日本に帰化を
    認められているものの、韓国政府によって「韓国籍を有するとされる人々」を
    指すと思います。

    韓国政府の法改正、そして今年(2015年)夏に施行されたことにより、
    帰化した韓国系の人々の韓国籍離脱が認められないケースが多くあり、
    日本の国籍法では22歳以上の二重国籍は認められず、
    帰化を取り消されるとネットでは指摘されていました。

    食堂のガス爆発が以前「多国籍軍の兵士達」でコメントしました、
    「半島有事」を指すのか「経済危機」を指すのか分りませんが
    ガス爆発前に客が食堂側にいること、
    さらには「店の外=アメリカなどの第三国」に2~3人という状態からして
    正当な手順で他国籍に帰化していない、元韓国籍の人々の大量送還が
    今回の霊媒様の夢ではないでしょうか。

    またコンビニ=日本側の被害が軽微ということは
    「壁が崩れる=再建可能」ということで
    経済的なものに留まると考えられます。

    一連の「ヨハネの黙示録」シリーズで示唆されました「神の裁き」と
    「イゼベル」の末路がいよいよ誰の目にも明らかになっていくのでしょう。


    以上、長文失礼致しました。

    返信削除
    返信
    1. 力作様

      国籍法についてのコメントは、恐らく国籍法第14条だと思いますが、日本と外国の国籍を得たのが20歳未満の場合は22歳までに、20歳以上の場合はそれから2年以内に、国籍の選択をするようになっています。

      また、外国人の帰化については、国籍法第5条により、無国籍者か、帰化に伴って外国の国籍を失うことが、帰化を認める条件となっています。
      但し、国によっては国籍を離脱する仕組みを用意していない場合もあるようです。
      そこで、国籍法第5条2項で、外国人が帰化の際に、自分の意志によらず外国籍を失うことが出来ない場合に、事情によっては法務大臣が帰化を許可できることになっています。

      ですから、帰化した韓国系の人々の韓国籍離脱が認められなかったとしても、離脱できなかった事情によっては、国籍法第五条2項の適用があり得るかもしれません。
      帰化を希望する人が外国籍を離脱できなくても、機械的に帰化を認めないのではなく、法務大臣の裁量で認める余地を残した条文になっているようです。

      霊媒の夢の解釈については、今のところノーコメントとします。
      しばらく時間をおいて、他の方のご意見も拝見したいと思いますので。

      削除
  3. 上記の記事を読んで思ったことがそのコンビニの数字を足すと18になることです。
    韓国の男性は満18歳になると徴兵検査を受けなければいけない。
    検査を通った男性は満19歳から満29歳までに2年間の徴兵を終えないといけない。
    夢で示唆していたものは日本国内に居る在日韓国人や二重国籍の方なのかもしれません。
    2016年から在韓米軍も撤退するので、その影響で韓国軍人が足りないと言われているようです。
    食堂の爆発も韓国内で徴兵逃れしている人に対しての不満か北朝鮮との戦闘か分かりませんが日本に大きな影響はないと感じました。
    もしかしたら徴兵から逃れてる人は日本から出て行く事になるのかもしれません

    返信削除
    返信
    1. 匿名様

      2016年から在韓米軍が撤退するのですか?
      在韓米軍が撤退するならば、その段階で戦時作戦統制権を韓国軍に移管しておかないと、韓国がどこかの国と戦闘状態に入る際に問題になると思います。
      そして、2015年12月1日に戦時作戦統制権を韓国軍に移管する筈だったのですが、韓国側の要望で再交渉した結果、明確な期限を定めないまま、2020年代中頃までを目標として、韓国軍へ戦時作戦統制権の移管を目指す旨の合意がありました。
      明確な期限を定めていないのですから、米国の意向次第で、今後いつ戦時作戦統制権を韓国軍に移管しても、合意事項の違反とはならない状況にあります。
      但し、2020年代の中頃までを目標にすると、予め大まかな目安をあげている以上、それ以前に戦時作戦統制権の移管・在韓米軍の撤退となると、韓国側も簡単には受け入れないでしょう。
      それでも韓国側の意向を気にせず、米国の判断で「韓国切り」を行う気があるのか、管理人には分かりません。
      少なくとも米国は今のところ、2016年から在韓米軍を撤退させる旨の意思表示をしていないと思いますが、いかがでしょうか。

      霊媒の夢の解釈については、しばらく時間をおいてから、他の方のご意見も拝見した上で、改めてコメントするかもしれません。

      削除
  4. はじめまして
    稚拙ながら自分の感じたのは
    セブンイレブンは日本人の日常生活そのものだと感じました
    韓国の食堂とつながってるというのが
    在日韓国人やハーフの人や韓国に洗脳・買収されてる人達が
    普通に日本人の生活に紛れ込んでいて
    爆発は韓国の経済危機か南北戦争の再開か
    見方を変えれば日本国内でなにかしらの韓国系による暴動が起きる?
    でも日本には甚大な被害はなかったのでは
    食堂の入り口に人が殺到するのは
    紛れてた隠れてた韓国系の人が逃げようとしていると感じました
    まとまりがない文章で済みません

    返信削除
    返信
    1. 匿名様

      ふむふむ…と、コメントを拝見しました。
      霊媒の夢の解釈については、他の方のご意見も拝見してから、改めてコメントします。

      削除
  5. 返信あるがとうございました
    管理人様の言うとおり戦時作戦統帥権は2015年10月に延長されたのですね。
    こちらの確認が足りず大変失礼致しました。


    返信削除
  6. こんにちは。
    いなかった人々がどこからあらわれたのか、食堂出口に殺到した理由を考えてみました。
    マンナンバー制度によって、住民票と通名がひも付けされ、今まで余人に貸し出されていた通名が使えなくなり、炙りだされた人々がそうなのではないかと思います。
    もちろんそれだけではなく、最近特ア系の多額の脱税の不正が次々に発覚していますが、その流れがもっと加速するのではないでしょうか。
    資金が尽きれば悪巧みに金を割けなくなり、そうなれば諦めて祖国へ帰るか、隠れるか、自暴自棄で暴発するかでしょう。
    食堂の爆発は、自暴自棄の形ではないでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. しろくま様

      他の方のコメントでも述べていますが、霊媒の夢の解釈については、他の方のコメントを拝見してから、改めてコメントします。
      次の週末頃まで待ちたいと思います。

      削除
  7. こんにちは、いつも拝見しております。

    私も他の方と同じような感想を持ちました。
    コンビニが示すものは、国内において在日朝鮮人が通名を以って営むありとあらゆるもの:官民問わず、小さな店舗から大企業、非営利団体などで
    食堂は、表に出せない活動や、表面上はそうではないが反日的、或いは呪詛的な活動を行う裏の顔を表しているように感じました。新聞やテレビは、枚挙に暇がありませんし、飲料水メーカーが日本海を東海と表記した事例もあります、彼らがやったという明確な証拠はありませんが。
    爆発は他の方も述べているように、彼らのルーツに何らかの事件が起こって、日本で生活できなくなるという意味ではないでしょうか。これも1次ソースを示せず、妄想時事日記と謳うサイトが情報源ですが、近く在韓米軍が撤退し、朝鮮戦争が再発する可能性が高まるため、韓国が人的、金銭的に在日朝鮮人を利用しようとしているそうです。
    結局、まともな日本人に対する被害は軽く済み、日本に寄生していた人達は姿を消す。前回の記事『神の一手』にあった、日本で生活することを許されない人々がいよいよ出て行くことになったのではないでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. 匿名様

      他の方のコメントにもありましたが、一部で「近く在韓米軍が撤退する」という言説が広まっているのでしょうか。
      米国も韓国も、公式には在韓米軍が撤退すると表明していませんし、その様な報道があったとは管理人は知りません。
      また、今年の12月にも韓国軍に移管するはずだった軍事作戦統制権を、2020年代の中頃までを目安として移管することを目指す旨の合意があったばかりです。
      もし、本当に「近く在韓米軍が撤退する」なら、韓国軍への軍事作戦統制権の移管時期を延期する必要はなかったはずですが、なぜ米国は延期を受け入れたのでしょうか。
      米国の場合は、韓国の他にも安全保障協定を結んでいる国がありますので、幾ら韓国の「離米従中」が目に余る状態でも、一度合意した案件を反故にしたと取られる行動をとると、韓国以外の同盟国が米国に不審を抱く元ともなりかねません。
      その様な事情を勘案すると、現時点で「近く在韓米軍が撤退する」なら、韓国が米韓同盟の破棄を求めるのでもなければ、なかなか難しいのではないかと思います。

      霊媒の夢の解釈については、他の方のご意見と併せて、この週末に改めてコメントします。

      削除
    2. こちらで話題になっている在韓米軍の作戦統制権移管に関して、朝鮮日報というニュースサイトで記事になっていました。

      記事入力 2015/11/02 17:26
      ●作戦統制権移管は韓国軍が能力を備えた時に=韓米安保協議
       
       韓国国防部の韓民求(ハン・ミング)長官と米国のカーター国防長官は2日、ソウルで韓米定例安保協議(SCM)を開催し、協議結果を反映した共同声明を発表した。
       両氏は北朝鮮の弾道ミサイルを探知・かく乱・破壊・防衛するための「4D作戦」の履行指針を承認した。有事作戦統制権の韓国軍への移管計画に関する署名も行った。
       カーター長官は会談後の共同記者会見で「(戦作統制権の移管は)米国が単独で行っていた任務を韓国が代わりにしなければならないため時間がかかる」とした上で、「われわれは時間をかけ、韓国軍が完全にこのような能力を持った時、移管する」と説明した。

       詳しくは下記URLで
      ttp://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/11/02/2015110202650.html

      要するにアメリカがもういいだろうとおもったら移管完了撤退OKってことなんでしょうか。でも他の同盟国の事を考えると、軽はずみなことも出来ないとも思いますし。

      削除
    3. 匿名様

      仰るように米国の判断次第なのでしょうが、韓国軍が作戦統制権移管の準備を進めるにせよ、米国が韓国切りを行うにせよ、他の同盟国に悪影響を及ぼさないシナリオが必要なのだと思います。
      先般の合意に基づいて、韓国軍が作戦統制権移管の準備を進めたので、その合意の通りに円満に統制権移管、在韓米軍撤退となれば良し。
      そうならない場合でも、「米国の韓国切りはやむなし(原因は韓国にある)」と、他の同盟国が納得できるイベントを幾つか重ねながら、徐々に韓国切りを進めて行く必要があるでしょう。
      既にTHAADや南シナ海の人工島案件などで、米国は韓国に踏み絵を迫っていますが、今後は韓国に対して厳しい判断を迫る踏み絵を頻発することにより、韓国が米国の同盟国として相応しいのか否か、また米国の同盟国にとっても韓国を集団安全保障の同志として受け入れられるか否かを判断する材料として、米国の要請に対する韓国の反応が観察されてゆくのではないでしょうか。
      また、米国が韓国切りを行った場合、安全保障上の最も大きな影響を受ける国は日本ですので、仮に米国が既に韓国切りを決断していたとしても、韓国切りによる日本への悪影響を緩和する対策を取った上で行動しなくては、日本が安全保障上の脅威に晒されてしまいます。
      そういった、韓国切り後を見据えた日本の対策に費やす時間をも考慮に入れると、ある程度時間の猶予を持ちたいというカーター長官のコメントは、様々な可能性を考慮に入れた慎重かつ冷静な判断に基づいていると思います。

      削除
  8. 管理人様、霊媒様、お久しぶりです。
    古事記では苦労されているようですが、慣れるまでの辛抱かと・・・成果を楽しみにしております。

    今回の夢ですが、日本国内でのことと受け止めて読みました。先に書き込まれているみなさまの意見で大筋のところは読みとれているのかなと思います。
    日本に残る人、残らない人。。。。そんなことも念頭にあります。
    セブンイレブンは日本の現代の気にもとめないような日常の社会。そこにぴたりと張り付いてある日本に住み続けてきた韓国・朝鮮の方々の社会を表すのが食堂というのは、交流の場であり生活の糧となる食べ物の店ということで、生活基盤、経済といったものでしょう。
    そこで食事をしている日本人学生は、自ら稼ぐ立場ではなく、日本人の親元で扶養されている立場の人々でしょうか。日本の事情、韓国の事情がどちらも自分に深く根ざしている人々といえるかもしれません。だからこそ、慎重に身の振り方を見極め、有事後も食堂からちゃんと日本の社会へとでて行けたのだと思います。セブン-イレブンに居た人々、食堂にいたそれ以外の人々は、日本人を演じながらそうではなかった人、そもそも日本に暮らしながらも馴染まず、民族的対立の片棒を担いで生きてきた人々などは、有事の際には、セブン-イレブンには立場上居られないので、食堂へ行くわけですが、そちらで起きた有事な故にそこから日本の社会へはでていくことはできずに、店と運命を共にすることになった・・・のだろうと思いました。

    返信削除
    返信
    1. baseheat様

      古事記の解読の方は、霊界の住人と霊媒の間で、古事記に関する情報をやりとりする為の事前調整が必要なのだそうですが、その調整に手間取っているようです。

      霊媒の夢の解釈については、他の方のご意見+αのまとめ的なご意見と伺いました。
      管理人もコメントを準備していたのですが、思ったよりも長くなりそうですので、明日~明後日くらいには投稿できると思います。

      削除
  9. 霊媒の夢についてコメントをお寄せ下さった皆様

    上記の夢について、改めて霊媒に話を聞いたところ、新たに以下のことが分かりました。

    ○コンビニ店の名前が「セブンイレブン」と指定してある理由は、セブンイレブンが現在の様に日本を代表するコンビニ店となるまでの経緯に関係があるようです。

    ○食堂がガス爆発を起こした原因は、食堂の店主の火の不始末だったようです。

    途中で新たな条件が加わってしまいましたので、上記夢の解釈について皆様から頂いたご意見について、管理人からのコメントは一旦取りやめとさせていただきます。

    返信削除
  10. セブンイレブンは、コンビニエンスストアの草分けで、フランチャイズ方式の先駆けである。あらかたのコンビニは、中央で販売するものをコンピュータで分析し、売れているものしか置かないという原則で、仕入れを一元化して全国どこでも同じ品ぞろえ、統一価格の販売というように、企業都合で成り立っている。そもそもはセブンイレブンが始めたことだったが、セブンイレブンは、分析の仕方に違いがあり、あくまで顧客のニーズに合わせることにより、店舗ごとに販売品目や陳列方法に違いがある。地域が違えば売れるものも違う、同じ町内でも、あちらとこちらでは客層が誓う・・・といったことをそれぞれ店ごとに判断する裁量があるらしい。セブンイレブンが日本の小売販売業界に入った目的は、大型店舗に負けない小売店づくりだったともきく。

    食堂の店主の火の不始末。つまりは不注意か、そもそもズボラで、他者に依存した経営ゆえに、危機管理のポイントもわからず、漏れていたガスに気付かなかったということか。

    返信削除
    返信
    1. 匿名様

      隣接した二店舗の管理手法の違いという観点は興味深いですね。

      なお、上記記事の関連として、霊媒が別の夢を見たと述べていて、現在投稿の準備を進めています。
      そちらの記事の内容を加味して解釈すると、更に色々と想像力がかき立てられそうです。

      削除
  11. ブログ興味深く拝見させて頂きました。
    セブンイレブンと言えば最近はセブン&アイと称してイトーヨーカドーと合併しましたよね。
    イトーヨーカドーは在日企業と噂されているようで韓国フェアなどを良くやっているようです。
    また社員食堂も有名みたいです。
    ここから創造すると在日企業と合併した企業は在日企業の方に大きな被害が出て日本企業は助かるという事かな?と創造してしまいました。

    返信削除
    返信
    1. 匿名様

      >イトーヨーカドーは在日企業と噂されている

      管理人はその様な噂を知りませんので、セブン&アイグループについて簡単に調べてみたのですが、その様な噂の根拠となるものが見つかりませんでした。
      もし、何か根拠となるものをご存じでしたら、教えて頂けますか。

      削除