2015年11月8日日曜日

夢の中まで追いかけて[小ネタ]

前回の記事に続いて、今回も霊媒が見た夢について紹介します。
霊媒の話によると、今回の夢と前回の夢には関連があるとのことですので、前回の夢についての記事【とあるコンビニ店の話[小ネタ]】と併せてご覧下さい。

今回の記事は小ネタ枠になりますので、管理人の記憶に基づいて内容を再構成しております。





■ 霊媒が見た夢

霊媒は夢の中で、どこかへ向かって走ってゆく女の人の後を追いかけていました。
霊媒は女の人に向かって「そちらへ行くと危険だよ」といって止めようとしましたが、女の人は「子供の様子が心配だから」といって、霊媒の声を無視して走っていきます。
その時、霊媒は何故か「あと五分くらいで地震が来るので、そちらへいくと危険だ」と思っていたのだそうです。
かといって、わざわざ危険な方へ走ってゆく女の人を見捨てられずに、女の人の後を追いかけました。
その時、霊媒と女の人は、どこかの通路を走っていたのですが、ふと女の人が、通路の脇にあった、路地のように小さい通路の入り口に入りました。
霊媒もその後を追って、小さい通路の入り口の所へ来ると、ちょうどそこでテレビ番組の撮影を行っていました。
司会のお笑い芸人二人組が、どこかの大学教授の様な人に話を聞いているところで、大学教授は「次に地震が来たら完全に崩れる。もう、持ちこたえられないだろう」などと言っていました。
霊媒が小さい通路のところの壁を見ると、既に大きな亀裂が入っていたのですが、壁の亀裂は拳が入りそうなくらい大きなもので、修復をした気配もありませんでした。
また、この入り口には扉が無く、人が一人やっと通れるぐらいの狭さで、地下に続く長い階段が伸びていました。
階段のある通路は、電灯も無く真っ暗でした。
まるで隠しておきたいみたいにひっそりと存在しており、とても広い開けた場所だったのに人通りもほとんど無い通路でした。
その通路のことも、通路にある出入り口も、その辺りを行き交う人はあまり気にかけていないようでした。
もし目についたとしても、何かの作業用の通用口ぐらいにしか感じていなかったのかもしれません。
しかし、その時の霊媒は、先に小さな通路を潜っていった女の人が心配だったので、思い切って小さな通路に飛び込み、そのまま通路に沿って下の方へ降りていきました。
霊媒はそのまま、前を走る女の人の後を追って、いつの間にかとある建物の脇へ辿り着いていました。
霊媒はその建物を、韓国の放送局「KBS」の社屋と感じたようです。
また、KBSの建物の裏側には高い崖が聳えていて、霊媒が追いかけてきた女の人は、その崖をよじ登っているところでした。
そこでまた霊媒が「そちらへ行くと危険だから」と叫ぶと、女の人は「子供がこの先に居るから」と答えたそうですが、内心では「帰りたくても帰ってこれない。それだけの時間が残されてなさそうだから」と感じていたようです。
そこで霊媒は、女の人を追いかけるのを諦めて、慌てて来た道を引き返します。
霊媒は「あと五分くらいで地震が来る」と思っていたので、早く安全地帯へ避難しなくてはなりませんでした。
霊媒が再び走って、KBSの建物の前を通り過ぎると、ちょうど建物から男性二人・女性一人の韓国人のグループが出てきたところでした。
韓国人グループはのろのろと歩きながら、「もうすぐ地震が来るからどうしようか?」と相談し合っていました。
そのうちの一人が「日本に飲み屋を作ってあるから、そこに行ってのんびり酒でも飲みながら様子を観察していれば良いよ」というようなことを話していました。
そして「店の名前は美保って言うんだぜ」と言っていました。
霊媒は「そんなにゆっくり歩いていて間に合うのか?」疑問でしたが、急いでその場を後にします。
更に来た道を走って戻ると、見た目は小ぎれいでしっかりした作りだけれども、全く人気の無い学校に辿り着きました。
改めてよく見ると、学校の校舎と体育館が並んで建っていて、校舎と体育館の間に細い通路が通っていました。
また、学校の先が崖のような傾斜になっていましたが、KBSの脇にあった崖よりもなだらかで、学校から崖の上に向かって細い道が延びています。
そして、崖の上には、都会の巨大な鉄道駅の様な建物が建っています。
霊媒は崖の上の建物を見て「あそこに辿り着けば大丈夫だ」と思ったので、とにかく急いで学校の中を通り抜け、通路に沿って崖を駆け上がり、何とか駅の様な建物に辿り着きました。
建物の中に入って通路を歩いていると、その通路には学生やビジネスマンなど、多くの人が行き交っているのに、その人の流れを邪魔するように、通路の真ん中に二軒の屋台が建っていました。
しかも、霊媒から見て、手前の屋台は通路の真ん中よりやや左側に建っており、奥側の屋台は真ん中よりやや右側に建っていて、いかにも人の流れを妨害する意図が感じられる配置です。
霊媒は「福岡の屋台の様な作り」だと感じたようですが、手前側の屋台は黄色の看板に「美保」と書いてあったそうです。
店の名前だと思いますが、人の名前を暗示するのではないと感じたそうですが、何を意味するかは分からなかったようです。
ちなみに、奥側の屋台は緑色の看板で、特に名前等は見当たらなかったようです。
そこで霊媒は「さっき韓国人三人組が言っていた飲み屋とは、この屋台のことだったのか」と気づいたそうです。


(2015年11月6日)





今回霊媒が見た夢は、大まかには以上の内容なのですが、いかがでしたでしょうか。
なお、上記の夢についての霊媒の所見として、以下のように述べています。

・夢の最初の時点で、霊媒は「あと五分くらいで地震が来る」と認識していたのですが、夢の終わりの時点では、まだ地震は来ていません。
・夢の最初で走っていた場所は、最後に帰ってきた駅の様な建物の中なのだそうです。
・駅の様な建物が建っている、崖の上の場所が日本で、崖の下が朝鮮半島ではないかとのことです。
・KBSの建物の脇にあった崖の上は中国のようです。
・朝鮮半島(二つの崖に挟まれた窪地)には、学校とKBSの建物しかないのですが、それ以外の土地はカサカサに乾燥していて、人の気配が感じられなかったようです。
・日本側の崖下に建っていた学校は、霊媒の話では小学校とのことで、「建物の作りは日本の学校のようにしっかりしているのに、なぜ朝鮮半島の側にあるのか?」と疑問に思ったようです。
・学校にも人の気配はなかったようです。
・女の人を追いかける時に通った小さな通路(入り口の壁に亀裂がある)は、恐らく学校の敷地のどこかに繋がっているらしいのですが、追いかけている時には学校に気づかず、帰りも避難する途中で慌てていたので、小さな通路が何処に繋がっているのか、詳しくは分からなかったようです。
・夢の最後に出てくる二軒の屋台のうち、手前の「美保」の店が韓国民団で、奥側は朝鮮総連ではないかと感じたようです。
・この夢のキーワードは「地震」で、夢の登場人物は皆地震の発生を予感していましたが、文字通りの地震ではなく、「地震で大地が揺れるように、物事が大きく動く」意味だと感じたようです。
・特に朝鮮半島に関わる問題と思われるのですが、日本に住んでいる人たちは事態を深刻に捉えており、逆に韓国の人たちは「いざとなれば日本に逃げれば良い」と、事態を甘く見ている印象だったようです。

前回に引き続いて、今回も霊媒が見た夢を肴に、頭の体操として解釈に挑戦してみてはいかがでしょうか。

Silvercord管理人 





上記記事の内容についてのご意見・ご感想・ご質問はコメント欄よりお寄せ下さい。
また、コメントを投稿される際は、記事【改めて、ご覧の皆様へのお願いと連絡事項】をご覧下さい。

29 件のコメント:

  1. 「美保」という店名と韓国というキーワードでピンときましたが
    「美保」というお店は、実は美保基地のことではないでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. 匿名様

      調べてみないと何とも言えませんが、調べる価値はありそうですね。

      削除
    2. 管理人様、ご返答有難うございます。
      「美保基地」の近くに「美保通信所」という所があります。日本海側に面していることもあり、中国・韓国・北朝鮮の監視拠点の一つでもありますので、何か関係性があるのかもしれませんね。

      削除
    3. 匿名様

      霊媒の夢では、「美保」という看板の屋台が民団らしいとのことですので、自衛隊の美保基地、もしくはその辺りの土地と民団との関わりを示す根拠が見つかれば、匿名様の推測への信憑性は増しますね。

      削除
  2. 管理人様、霊媒様。いつもありがとうございます。

    前回の夢の記事と関連するとのことで、やはり半島絡みなのですね。
    私見として近いうちに半島で何らかの「国家の存亡」レベルの事態が
    起こることを予感させる内容と解釈しました。

    さて私なりの解釈ですが、韓国の隣の崖が北朝鮮ではなく
    中国であることが目を引きました。
    その地震が起こる前の時点で、北朝鮮は消滅、又は統治能力を失い
    中国軍が進駐している可能性を示唆すると考えました。

    そこへ子供を案じ、命を顧みず崖をよじ登っていく女性とは
    「拉致被害者家族」なのではないか_、そう考えてしまうと
    何とも遣る瀬無い心情になります。

    次にKBSは韓国の公共放送局であり、韓国政府のプロパガンダ機関と
    とらえればそこから呑気に出てくる韓国人グループの3人とは、
    朴槿恵大統領、李明博前大統領、潘基文国連事務総長という3人が
    国民には危機感を与えないような情報を流しつつ、
    亡命の相談をしているように感じました。

    つまり地震とは「中国軍による朝鮮半島侵略」という解釈です。
    窪地というのもこの事態への世界の認識と韓国での認識との差であり、
    人が見当たらないのも統治者が国を捨て逃げ出す算段をしているようでは
    もはや国家の体は無く「国民」も存在しないと見えたのかも知れません。

    学校に関しては見かけは立派でも中身がボロボロ=韓国の「歴史教育」であり、
    日本か韓国かはわかりませんが、お笑い芸人のTV番組で扱われる程度の
    認識になっているのでしょう。

    そして駅にある屋台ですが、霊媒様の所見にあるように民団と総連としますと
    「地震」の折には亡命窓口として機能し、民団側にのみある「美保」の看板は
    あちらでは米国は「美国」表記なので「美国の保障」と考えました。
    ちょっと無理があるかもしれませんが…。

    いつもながら長文失礼致しました。

    返信削除
    返信
    1. 力作様

      最初に、一点だけ指摘があるのですが、霊媒は学校の敷地内を通り抜けただけですので、中身がボロボロなのかは確認していません。

      また、ここは力作様と管理人とで解釈の異なる部分なのですが、力作様は、「韓国の隣の崖が北朝鮮ではなく中国である」と認識され、「中国が北朝鮮を併呑していた」と解釈されたようです。
      一方管理人は、「中国と日本に挟まれた窪地を朝鮮半島(韓国+北朝鮮)」と理解していて、一時的に分裂していても本来は一体のものと捉えています。
      ですから、窪地である朝鮮半島のうち、KBSと学校を除くと、カサカサに乾燥した大地以外に目立ったものは何もなかったとの認識です。

      韓国人三人組については、特定の人物を想定していませんでしたので、力作様のご意見を拝見して「今の韓国ならあり得るメンバーだし、彼らなら本当にやりかねない」と思いました。

      削除
    2. 管理人様、返信ありがとうございます。

      なるほど、確かに海を隔てあるはずの日本が地続きになっている
      訳ですから、夢の世界を現実の位置関係で見たのは、飛躍していた
      かもしれません。「地震」はもっと他の可能性も考慮すべきですね。

      学校の中身についてですが、TV番組を撮影していた通路が
      学校へ繋がっている、若しくは学校自体であると判断していました。
      霊媒様の所見で、通路はどこに繋がっているのか分らなかったとの
      ことですので、早計だったようです。

      改めて通路自体を日本‐半島間の「人的、物的なパイプ」と捉えると、
      TV番組で大学教授が言うように、「地震」発生後は「通路」は崩壊し
      断交状態になると考えられます。

      現代に於いて断交というのは相当な事態の発生がなければ
      起こらないと思いますので(戦争も外交の一形態です)、
      地震とは「疫病」の類なのかも知れません。

      それでも医師の派遣や医薬品を支援はあり得ますし、
      半島内での危機感の薄さも気になります。

      「地震」から逃げるだけの時間は僅かとは言えあるのですから
      予兆があるものでしょうし、やはり「北朝鮮軍の南下」でしょうか。
      韓国民が北朝鮮軍が国境に集結しても、いつものことと
      思い込んでいても不思議ではありません。

      正式な国交の無い北朝鮮が武力により半島を統一すれば
      断交もあり得ますね。

      しかし、なぜ子供を心配する女性の行き先が中国側の崖なのかを
      考えますと、中国の動きも気になる所ではありますが…。

      以上、長文失礼致しました。

      削除
    3. 力作様

      あくまでも管理人の個人的な意見なのですが、霊媒が女の人を追いかける際に通った狭い通路(入り口の壁に亀裂が入っている)とは、朝鮮半島と日本の間を不正入出国するルートではないかと感じました。
      通路が狭くて暗く、目立たない場所に配置しており、メンテナンスも不十分だったからです。
      その入り口で取材をしていたTV局・芸人・大学教授も、どちらかというと韓国にシンパシーを持つ人が多い印象ですので、日本国内の親韓派は現状を危惧しているのでしょう。
      そうすると、霊媒が朝鮮半島からの帰りに通った通路は、正規の入出国ルートとなりますが、いかがでしょうか。

      削除
    4. 管理人様、返信ありがとうございます。

      不正ルートと正規ルートとのご意見、なるほどと拝見しました。

      管理人様のご意見に則って考えてみますと、
      女性が非正規なルートを使用しているということは、
      「地震」発生前にすでに半島・大陸への渡航規制が
      掛けられているのかも知れませんね。
      邦人の帰国は出来ている様ですが。

      又、「地震」後は不正な入出国が不可能になる訳ですから、
      日本側の入出国の管理が強化されるのは勿論でしょうが
      半島の人々が政治難民として逃げ出すことができないような
      事態なのかもしれません。

      例えば韓国で選挙によって親北政権が誕生し、
      北朝鮮主導の統一が「平和的」になされた場合などでしょうか。
      その時韓国は外交的に孤立し、経済が崩壊しているような状態で
      さらに関係国(日米中露)同士の同意がない限りはなさそうですが。

      現韓国大統領の任期は残り2年余りですが、
      任期が全う出来るかも含めて、日本にも大きな影響が及ぶ
      事態が進捗している様ですので注目していきたいです。

      削除
  3. 前回、今回と、読んでいて、しみじみ半島は民族の根を削がれてしまったんだなぁと思いました。日本が統治していた時代、確かに一部乗取ることこそ正義と思っていた方もいたようですが、民族の歴史文化を捨ててはいけないと、朝鮮民族の独立を夢見た日本人もいました。それが、いいか悪いかは時代が決めることかもしれません。
    日本流にするということではなく、自分たちのルーツ、足元を確かに見極めて生きることを、その昔、半島で学校を開いた時には教えていたこともあったようです。今はそれをも逆手に捉えられてしまいましたが…。

    返信削除
    返信
    1. 追記です。 もし、現在までに韓国朝鮮系の人々が日本で生きてきたことに、霊的な意味があるとするるなら、半島に残った自立できない政府の率いる国がいずれ陸続きの隣国に吸収される運命であったとしても、その後、しかるべき時を経て、再び民族の根を半島に下せる可能性を残すといったことなのかもしれないと思います。

      削除
    2. 匿名様

      現在、古事記を解読する為の下準備を行っています。
      その主な目的は、人間と神様の関係を改めて見直すところにあるのですが、それ以外にもう一つの目的があります。
      霊的な側面から見て、日本と朝鮮半島が現在の様な関わりを持つ理由があるのですが、古事記の解読を通じてその点が明らかになると考えています。
      今のところは予定が立たないのですが、準備を進めていますので、古事記解読記事の投稿をお待ち下さい。

      削除
  4. 過去の記事で安倍さんを霊界の中川さん達が応援してるって内容がありましたが
    最近の安倍さんの政策は中川さんが戦っていた新自由主義そのものを
    推し進めることばかりしてるので、それについて霊界の人はどう見てるのか
    教えてほしいです。

    安倍さんがやった新自由主義的な政策

    ・消費税増税(法人税減税)
    ・TPP(選挙前はやらないと公約)
    ・中国ODA復活
    ・消費者金融のグレーゾーン金利撤廃
    ・移民政策
    ・安保法案(成立後の最初の仕事が中国のスーダン石油利権の後方支援)
    ・マイナンバー法案の改正案(個人情報を利活用の為に外国で管理)

    返信削除
    返信
    1. 匿名様

      以前投稿した記事【日本を覆う穢れ】で述べているように、今は政治的なテーマに適した霊団との関わりを持っておりません。
      個別の政策課題について、霊界の住人からの適切なコメントを受け取れる状態にありませんので、残念ながら匿名様のご要望にはお応えできません。

      今は『古事記』の解読を行う準備を進めていますので、そこから外れるテーマについては、大雑把な内容の言及に止まってしまいます。
      とても個別の政策課題を取り扱う精度を維持できませんので、こちらのテーマについてはご容赦願います。

      削除
  5. セウォル号事件を振り返りますと、半島の方々は目先の危機に関して我々とは相当違った意識を持たれているようです。
    その危機意識の差が窪地に現れているように思います。

    この意識の低さが被害(戦争や災害)を大きくする可能性があり、周辺国である日本もその備えをするようにと言われたような気がしました。

    返信削除
    返信
    1. 匿名様

      日本から見ると、朝鮮半島の反対側に隣接している中国も高台にあるのですが、中国も日本と同様に高い危機意識を持っているとのご意見でしょうか。

      削除
  6. 大阪の方には、「美保」という韓国料理屋さんがあるようですね。

    返信削除
    返信
    1. 匿名様

      同じ名前の韓国料理店というだけでは、たまたま同じ名前という場合もあるでしょう。
      霊媒の夢では、「美保」という看板の屋台は民団とのことですので、民団との間に特別な関係があるか否かがポイントになると思います。

      削除
    2. 管理人様、コメントありがとうございます。それでは、鳥取県の美保地区辺りですかね。韓国との文化交流が活発で、食事会などもやってるそうですし。

      削除
    3. 匿名様

      上でも述べましたが、鳥取県の美保地区が、民団にとって特別な意味をもつ土地なのかどうか、でしょうね。

      削除
  7. 管理人さん、霊媒さん、こんばんは。
    崖の下の小学校ですが、かつて日本の統治下にあった時に、日本と同じに基礎教育を受けられるようにということで初等教育が行われていたかと思います。人としての在り方の基礎、今はまるでなかったかのようになっているのかもしれませんが、実は根底にその資質が根付いているのかも・・・。

    返信削除
    返信
    1. もうひとつ、思い出しました。
      古事記に関係することで、都怒我阿羅斯(ツヌガアラシト)- アメノヒボコ(天之日矛、天日槍)の名前取り替えというのがありますが、このあたり、古代にすでに何かしらの事情があったと思われる文献ですね。敦賀近辺には、伝承も残っています。

      削除
    2. baseheat様

      日本の統治下における基礎教育によって、朝鮮半島の人々の識字率が大幅に向上したとの話も聞きますので、なかなか興味深いご意見だと思います。
      確か京城帝国大学まで作った筈ですが、最終的に身についたのは初等教育程度…という暗示でしょうか。


      古事記については、最近霊媒が霊界の住人からの情報を受け取りはじめましたので、ようやく解読作業に取りかかれそうです。
      霊媒の話によると、古事記の文面からは読み取れない程に詳細な情報がもたらされているようですので、従来の古事記の印象を覆す内容となるかも知れません。
      皆様に紹介できる時期はしばらく先になりますが、今は少しずつ作業を進めております。
      簡単ながらご報告まで。

      削除
    3. 教育というのは、知識や技術の習得に目が向きがちですが、何代にも渡って培われるものも教育です。定着し、共通の認識、常識といった、日常気にも止めないような行動や言葉の使い方も、元は教わっていますよね?親や先人達、時には先生や憧れの誰かからとか。 古事記も一種の教科書かもしれませんね。 どのような展開になるのか楽しみです。

      削除
  8. この記事をご覧の皆様

    霊媒に聞いたのですが、上記記事の夢の続きを見たとのことです。
    上の夢では、朝鮮半島と日本の境目にあった学校は無人だったのですが、夢の続きでは校舎の中に生徒が密集していたようです。
    ぱっと見で身動きがとれないほどの数でしたので、とにかく多くの生徒がいました。
    その中でも霊媒の印象に残ったのは、多くの女子生徒と女性の先生が一人なのですが、男子生徒もいたのではないかとのことでした。
    生徒の年齢は小学生くらいで、多くの生徒に混ざって、正体不明の何者かが疎らにいたのだそうです。
    その正体不明の者は、どうやら朝鮮半島から日本へ逃げだそうとしていたらしいのですが、逃げ出せないように生徒たちに捕まっていたようです。
    すると今度は、学校と周囲との境目のあたりに亀裂が生じて、亀裂が広がった穴の中に校舎ごと落下してしまいました。
    霊媒がその穴をのぞき込むと、落下してゆく校舎の窓から、霊媒に向かってお辞儀をする先生と生徒の姿が見えました。
    そのまま校舎は深い穴の奥に見えなくなりましたが、その後多くの光の玉が穴の中から現れて、そのまま天に昇っていきました。
    その後には、日本と朝鮮半島の間を隔てる、深くて大きな穴が残り、その穴が障害となって、日本と朝鮮半島の往来が不可能になったようです。

    ちなみに、学校にいた生徒と教師の様子を見た霊媒は、1950~60年代頃の日本人ではないかと感じたそうです。

    返信削除
  9. 終戦時に、半島から何らかの理由で引き揚げることができずに亡くなられた方々でしょうか?帰るべき所へと向かわれたのだと良いですね。

    返信削除
    返信
    1. baseheat様


      霊媒は「どの様な方々なのかわからない」といっていました。

      削除
  10. 昨日鳥取の方で大きな地震があり、被害も出てるようで何となく久しぶりにここを覗いてみてまた何となくこの記事までたどり着いておりました。
    随分とご無沙汰してましたのでこの記事は今日初めて読み、色々と驚きました。時代が変わってきているなあとの感想が(実社会のほうでも東京都知事が代わり以前の酷い事がどんどん明るみに出てきたり、二重国籍でうそつき蓮舫ももはや風前の灯火?)あるのですが、「地震」「美保」などのキーワードに霊媒様が見られた夢が重なってきてるような感覚があります。2016年6月8日の「収穫の時が来た」の鎌で切られていくという衝撃的なイメージの方もびっくりだったのですが(こちらの方はあるところで紹介されてたので既読でした)この夢の方は更に輪をかけたような、平たく言うと日本を貶めてる外国人及び売国人たちの浄化がどんどん進んでいくのかという感じがしております。

    返信削除
    返信
    1. 匿名様

      記事で述べているように、「韓国の国内情勢の変化」と「日本と韓国の関係の変化」が急激に起こる事を「地震」と表現しています。
      実際に地震が発生することを示唆したわけではありませんので、その点は誤解のないようにお願いします。

      削除