2011年11月2日水曜日

思考が形となって現れている

今回は、記事【原点に返ってみよう】のコメント欄にお寄せ頂いた匿名様の質問について、『松下幸之助』と名乗る霊の回答が届いておりますので、ご紹介したいと思います。





■ 匿名様の質問

こんにちは。
初めて質問させていただきます。
現在、野田総理をはじめとするたくさんの松下政経塾出身者が政界に進出していますが、彼らのことを松下幸之助氏がどのように思っておられるのかとても気になります。
もしよろしければ聞いていだたけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。





■ 『松下幸之助』と名乗る霊の回答

大変長い間お待たせして、本当に申し訳ございませんでした。
今回初めてお話をさせていただく事になりました。
どうぞよろしくお願いいたします。
それでは、お話をさせていただきたいと思います。

経歴のみで相手を判断する事は出来ませんが、彼らの現状を見れば、彼らが政経塾時代に一体何を学び取ったのかが良くわかります。
彼らの思考そのものが形となって現れていますからね。
それ以上でもそれ以下でも無く、ありのままの彼らの姿が答えです。
守るべきもの、成すべき事柄、人それぞれに目的がありますね。
己の目的を達成すべく、人は日々活動を続けます。
彼らは今現在どこで何をしていますか?
これまでに、一体何を実現してきましたか?
誰が国民の皆様の目的に適う働きをしていますか?
一体誰が国の安定を願い、日々国民の皆様のために働き続けているのでしょう。
国民の皆様の目的に適う働きをしている人物こそが、今の日本に必要な方なのではないのでしょうか。
表面だけを見て判断をすると、とても痛い思いをすることになります。
ですから、是非内容をじっくりと観察して、よく吟味してから判断するように心掛けると良いでしょう。

(2011年11月2日)





今回、初めて『松下幸之助』と名乗る霊のお話を伺う機会を得ましたが、霊界通信という意思伝達手段には不慣れなようですので、短めであっさりした回答となります。
今回の回答を踏まえて、何か追加で質問があれば答えて頂けるようですし、通信の回数を重ねてゆく事によって、より詳細な回答を得る事が出来る様になりますので、『松下幸之助』と名乗る霊宛の質問がございましたら、下のコメント欄よりお寄せ下さい。

Silvercord管理人 





11月2日現在回答待ちの質問

ご覧の皆様からお寄せ頂いた質問のうち、以下のものについては回答待ちとさせて頂いております。
中には長期間お待たせしている質問もございますが、只今順次回答しておりますので、今しばらくお待ち下さい。

18 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

質問をさせていただいた者です。
お答えをいただきありがとうございました。
お答えを読ませていただき、いろいろと考えさせられました。
私達は今正に「表面だけを見て判断し、痛い思いをしている」ところなのかもしれません。

匿名 さんのコメント...

松下さんがいらっしゃったという事で松下政経塾のサイトを少し覗いてみました。塾是、塾訓、五誓の理念は本当に素晴らしく自分もこうありたいと思います。素志貫徹、自主自立、万事研修、先駆開拓、感謝協力の五誓は人生を楽しく生きる為のエッセンスでもあると思います。
これらの理念と現実の政経界で活躍される皆さんの姿に乖離が見られるのはこういうことだと思います。
まず松下政経塾が形骸化してしまい学歴至上主義の最たるものに成ってしまった。だからこの塾からは理念を実践する者としてではなく、他人にその理念を他人に実践させようとする者だけが巣立っていくように思えます。
また塾長の言葉を見ても政経塾出身の首相を輩出する事だけが目的になっているのは明らかで理念は後付の化粧になっているようにしか見えません。
日本国の総理大臣を輩出した事で政経塾はますます権威と権力を手にする事になるでしょうが彼らは本当にその力を正しくコントロールすることは出来るのでしょうか。母体であるパナソニック自身も大きくなり過ぎて個人の働きかけではどうにもならない状態に陥ってるのではないかと思われます。
松下さんは生前従業員を家族同然に愛されてきました。今もそのようなお気持ちで従業員や政経塾出身者たちを見守り、何らかの働きかけをされているのでしょうか。

baseheat さんのコメント...

今回のお話を読んで思ったことです。
真心から生まれる行動、学びというものと、形だけ真似ることを学び、権威を笠に着た行動をするものは、一見では見分けがつかないこともありますが、結果に過程が反映されるように思います。
松下さんが行ったことその根本にある信条等は、本当に受け継げる器を持った人でなければ、それらを真に理解することはできず、もしその器がある人ならば、どのような行動からでも、同様の結果を導き出す学びをするのではないでしょうか。

A さんのコメント...

松下さんが作った政治塾の出身者に現実問題として
高市早苗氏以外、ろくな政治家がいなく、
そういった人間を輩出したのは松下さんの責任でも
あると思いますがその責任については松下さんはどのように考えますか?そんな塾を作ったこと自体、そもそも
おごりのような気がします。
政治家は何かやりたい事があって本来目指すべき職なのにに
政治家になるのが目的となってそれに松下政経塾がいいように利用されたのです。松下さんはその辺り読みが甘かったという反省はありませんか?

匿名 さんのコメント...

今回の松下幸之助さんのお話ですが、その人の言葉や行動(形)にその人自身(思考=心)が現れていると言う事だと思います。言葉がその人の心と同じであるなら、その人の言葉には真実があります。しかし、言葉だけは立派でつくろったとしても、その人の心と同じでなかったなら、上辺だけの言葉となります。野田総理や前原氏を代表とする民主党の議員の多くは、その言葉と心が一つとなっていないために、説得力が無く言い逃ればかり、その場しのぎの一貫性の無い言葉ばかりで、大風呂敷を広げるのは得意でも、広げた大風呂敷に責任を持つ人は誰もいません。しかし、名誉欲だけは人一倍あり、議員と言う立場に立っただけではなく政権与党という立場に胡坐を書いて傲慢になった結果、その傲慢な思いが形となって言葉に出て失言をするのだと思います。
これは、松下さんの政経塾がどうのと言うよりも、その人自身の問題であり、また、そういう人を選んでしまった日本国民の問題ではないか、と思います。どんなに優れた学びの場があったとしても、学ぶ人自身が自己中心の思いで学んでいたら、その学びは全く正しく使われないどころか、かえって悪いように利用されてしまいます。
今の日本の政治は、自己中心の国民が自己中心の国会議員を選んだ結果であり、民主政権3代の首相は日本国民の心が生み出した結果であると、そう言っても過言ではないと思います。
国会議員だけではなく、自分自身も自分の心と言葉の関係を知って、正しい言葉や行動の前に、まず正しい心を持つように気を付け、また他人の言葉がその人の真実を語っているのか、上辺だけの言葉なのかをきちんと吟味できるようにしなければならないと思いました。

匿名 さんのコメント...

こちらの記事には直接関係ないのですが…。今朝、西岡参議院議長が肺炎で亡くなられたとのニュースがありました。帯状疱疹に罹っていたそうですが、肺炎で亡くなられるなんてあまりにも急に思えます。年を取られているといえば、それまでですが…。参議院は野党優勢でTPPが懸案事項となっているこのタイミングで亡くなられるなんて、何か良くない力が働いているのではと心配です。気にしすぎでしょうか?

A さんのコメント...

>>匿名さんのコメント...
2011年11月5日9:46

国民は正しい情報を知らされてなかったので、国民が悪いと国民のせいにするのはおかしい。
あたなは松下さんのファンらしいですが、故人だからって
その人の責任が免れるわけではない。
現実問題として、その塾が政治家としての登竜門として機能してきたのが問題です。権力欲のある人間がその塾に入れば政治家になる道が開かれます。
団塊世代に多いのが、尊敬する人が「松下幸之助」「坂本竜馬」「司馬遼太郎」とかなんか共通してますよね。あなたもそのうちの一人のような気がします。
TPPもその世代の開国憧れ被洗脳グループが支持しています。松下政経塾が売国奴生産工場となっているのは国民が悪いはずもなく、そんなくだらないもの作っ張本人が一番悪い。松下さん、「負の遺産」を残した事に関し何か反論ありますか?

匿名 さんのコメント...

私自身は拝見していないのですが、ずいぶん前にソニーの盛田氏との対談の中で、進行役の方が「(製造コストなどのために)海外に拠点を移すことは考えないのか」と質問なさったところ、お二人とも「そんな売国奴みたいなことができるか!」とお答えになっていたと聞きました。

その後のグローバル化の中で、結果的に両社とも海外拠点を作る事にはなりましたが、松下さんご自身が「国益」を軽んじるようになられたとは思いませんし、開塾に際してもその理念をお持ちだったのではと考えます。

しかしながら、現在活躍している松下政経塾出身者の多くはその点を一切学んで来なかったように見受けられます。
入塾者は小さな子供ではないのですし、何を学ぶか学ばないかは本人の責任であることは承知しているのですが、現在の松下政経塾の理念は、開塾当初ご自身が抱いておられたものと同じでしょうか。あるいは変わってしまったのでしょうか。

同じであるならば、日本が国旗国歌法を制定して自国の国旗と国歌に敬意を払う事を義務付けなければならなくなってしまったように、「国益を最大限重視する」のが当然だと、手取り足取り教えられなければわからない人ばかりになってしまったからなのでしょうか。
変わったのだとすれば、どこが変わったとお感じになるか、松下さんのお考えをお聞かせ頂けましたら幸いです。

Silvercord manager さんのコメント...

A様

11月4日21:00に投稿された質問を承りました。
回答までしばらくお待ちください。

Silvercord manager さんのコメント...

11月5日13:55投稿の匿名様

お寄せ頂いた質問について、今は回答を頂けるかどうかがはっきりしませんので、当面は保留とさせて下さい。

匿名 さんのコメント...

いつも銀の紐のブログを楽しく読ませて頂いておりますが、今回初めてコメントします。

Aさんのコメント
>松下政経塾が売国奴生産工場となっているのは国民が悪いはずもなく、
>そんなくだらないもの作っ張本人が一番悪い。松下さん、「負の遺産」を
>残した事に関し何か反論ありますか?

には、すごく違和感を覚えます。
そもそも看板として「松下政経塾」そのものを利用した輩が居たとしたら、利用した輩を責めるなり、見極めればいいのであって、創設者を責めるのはお門違いな気がするのです。

そのろくでもない政治家たちを選んだのは、紛れも無く国民であるはずで、情報が少なかったからと「言い訳」するのはまぁ仕方ないとしても、「松下政経塾」なんてものがあるから悪いんだ!という結論は個人的には賛同できないというのが本音です。

人を選び、評価を下す場合、どうしても経歴や肩書きなどに目が行くのもわかります。
その人の持つ雰囲気や面構えなどで判断する方もいるでしょう。
しかし、本来は人を選び、支持するということは、それだけではいかないことを、我々は学ばなければならないということを、この民主政権期間中に学んだのではないでしょうか。(学べてない方もいるかもしれませんが・・)

安易な選択や選定が自らの首を絞めることを、根拠のない甘言を発する相手やその経歴、見た目など、なんとなくの直感のみで選定したことを、選ぶ段階で想像出来なかった(調べなかった)私たちも悪いのではないでしょうか。

また個人的にお聞きしたいのですが、民主党政権が誕生しなかったら、「松下政経塾」に関して、ここまで悪い印象を持たなかったのでは?と思うのですが、この点に関してはいかがでしょうか。

A さんのコメント...

>匿名さんのコメント...
>2011年11月7日1:33

お門違いでもなんでもないですよ。PL法(製造物責任法)ってご存知ですか?松下さんが甘い見通しで作った政治塾が政治家の登竜門として悪用されてる現実がある以上、松下さんの責任は免れないという事です。少なくとも松下さんは政治の世界に足を突っ込んでる時点で今の政治に責任がある。
それにくだらない人間に投票した国民が悪いという議論ですが、政党が推す人物が議員秘書上がりだったり、二世議員だったりする選挙区の住民は選択の余地がないという現実があることを考えれば国民が悪いという主張は通りません。今のこのような状況は過去の人が作ってきたのです。
松下さんもそれに加担しているといっても過言ではない。
松下さんをヨイショしたい気持ちは分かりますが、問題を摩り替えるような幼稚な反論はみっともないですよ。

匿名 さんのコメント...

すみません、横からコメントなのですが、さしつかえなければ教えてください。
Aさんは、松下政経塾になみなみならぬ思いをお持ちのようですが、すでに故人となられている方に、現世の人間としてどのような責任をとってもらいたいとおかんがえでしょうか。
松下さんが意図したとしないとに関わらず、自らのなしたことには責任があり、それは因果応報として松下さん自身に帰っていくものだと私は考えていますが、それが現在に至るまでの間で、ご本人に及んでいるかを知りたいということなのでしょうか。

A さんのコメント...

>匿名さんのコメント...
>2011年11月7日17:42

私はただ、松下さんが何の謝罪もなしに、のこのこと、美辞麗句を並べてもっともらしい事だけ言って去っていったのが許せなかっただけです。それだけで、本人の人間性がわかりました。政治塾を作ったのは自分のエゴとおごりだったと一言謝ればいい。今のそのくだらない塾を出た者にろくな人間がいないのは、それを証明しています。
製造者責任として一言最初に謝るのが筋でしょう。
その事実をスルーして偉そうな事だけ述べて去っていくとは。。
他の故人の政治家等は反省すべき点があれば素直に反省の弁を述べているのに対し
松下さんは素直さ謙虚さがありません。色気を出して政治塾なんか作らず、本田宗一郎氏みたいに書籍等を残すだけに留めておけば良かったんです。松下さんって今で言う経団連の米倉さんみたいなものですよね。商売人が政治に口出すと碌なことがない。そういう意味でも胡散臭さを感じます。資本家が政治に影響力を持つ為に政治家を育てる?なんておごりもいいとこ。ワタミ社長が都知事選に出るのと変わりない。松下さんは特段、中川さんとか松岡さんみたいに命かけて国を守ろうとしてないし、そんな人間が作った政治塾なんて根本的にまともな人間は入りたいとは思わないので必然的に碌な人間しか輩出されない結果になったのでしょう。反論の余地はないと思いますが。
今、日本だけでなく、世界でも資本が政治まで支配してる歪んだ構造に市民は怒っているので、いずれ日本も松下さんをヨイショするアホな日本人も減っていく事でしょう。

Silvercord manager さんのコメント...

A様
コメントを投稿される皆様

11月7日20:22および21:25に同じ内容のコメントを投稿されておりますが、20:22投稿のコメントにスパムフィルタが反応しておりました。
管理人が確認次第解除しておりますので、同一内容のコメントの連投はご遠慮下さい。

なお、11月7日20:22投稿のA様のコメントは、内容が重複する為削除させていただきますので、ご了承下さい。

Silvercord manager さんのコメント...

11月6日2:06投稿の匿名様

質問を承りました。
しばらくお待ち下さい。

A さんのコメント...

先日投函したコメントがスパム扱いされたので、改めて短めに書きます。
松下さんは今で言う経団連の米倉さんみたいなものですよね。商売人が政治に口を出すと碌なことにならないことが今の世界情勢を見れば分かります。政治に影響力を持つ為に政治家を育てる塾を作ったことは驕りであって、本田宗一郎さんみたいに言いたい事があれば著書に残すに留めておけば良かったのです。色気づいた不純な動機で作った塾なんかにまともな人間は入りたいと思わないでしょうし、結果、松下政経塾(笑)を出た人に碌な人間がいない事からもそれは証明されています。資本家が政治までを支配している現状を作った一人である、松下さんを褒め称えヨイショするような日本人は今後減っていくでしょう。

Silvercord manager さんのコメント...

11月5日13:55投稿の匿名様

亡くなられた西岡参議院議長についてお寄せ頂いた質問の回答を保留させて頂いておりましたが、この件についての回答は頂けませんでした。
ご了承下さい。