2011年11月10日木曜日

松下幸之助氏と松下政経塾について

今回は、記事【思考が形となって現れている】のコメント欄にお寄せ頂いたA様の質問について、霊界の住人の皆様の回答を預かっておりますので、ご紹介したいと思います。





■ A様の質問

松下さんが作った政治塾の出身者に現実問題として
高市早苗氏以外、ろくな政治家がいなく、
そういった人間を輩出したのは松下さんの責任でも
あると思いますがその責任については松下さんはどのように考えますか?そんな塾を作ったこと自体、そもそも
おごりのような気がします。
政治家は何かやりたい事があって本来目指すべき職なのにに
政治家になるのが目的となってそれに松下政経塾がいいように利用されたのです。松下さんはその辺り読みが甘かったという反省はありませんか?





■ 霊界の住人の皆様の回答

誰かに責任を問う前に、ご自身の日常を省みては如何ですか?
あなたご自身が投稿されたコメントを、改めて読み直してみる事をお勧めいたします。
何か気付く事はございませんか?

(2011年11月10日)





今回の記事について、管理人から解説致します。
まず、A様は『松下幸之助』と名乗る霊の回答を希望していたようですが、霊界の住人の皆様からの回答となりました。
また、質問の趣旨とは異なる回答となりました。
A様はどの様な趣旨でこの様なコメントを投稿されたのかはわかりませんが、松下政経塾や松下幸之助氏に対する個人的な感情を吐き出したいのでしたら、ご自分のブログなどでご自由に意見を投稿されてはいかがでしょうか。
当BlogはA様の不満を吐き出す為の場所ではありませんので、その様な迷惑行為はご遠慮下さい。
また、松下幸之助氏に関する他の方のコメントについても、根拠のない一方的な決めつけや罵倒と思えるコメントを投稿されておりますが、賛否双方の立場からの意見交換や議論を交わすのではなく、異なる意見に耳を傾ける姿勢も感じられないのでしたら、当Blogに対する妨害行為と断定せざるをえません。
ここはA様のブログではなく、私が管理している場所ですので、利用される際のマナーを心得て下さい。

さて、上記A様のコメントについて申し上げたいと思います。
あるいは、A様と同様に『松下政経塾出身議員』に対する否定的な見解を持ち、『松下政経塾』と創設者である『松下幸之助』氏に責任があると考え、その責任を糾弾したいと考える方もおられるでしょう。
しかし、その考えは的外れであるばかりでなく、選挙における有権者自身の選択の誤りの責任を他に転嫁する愚かな行為に他ならず、その愚かさを自覚して改めなければ、この後何度でも同じ過ちを繰り返してしまうと指摘しておきたいと思います。
何故なら、『松下政経塾出身議員』がやり玉に挙がってしまうのは、そもそも政治家個人の資質を見極めた上で支持したのではなく、『松下政経塾出身である』という肩書きを支持した為に、政治家としての資質を必ずしも備えていない人物を国会に送り出してしまったからです。
要は、「政治家としての資質を持つ人物を見極める目」を持つ国民の数が少なかったのです。
仮に、『松下政経塾』の試みが次世代の国家指導者の育成に失敗していたとしても、『松下政経塾出身者』を代議士として国会や地方議会に送り出す権限を持つのは『松下政経塾』ではありません。
松下政経塾出身者が立候補した選挙区の有権者が、彼らを議会に送り出すか否かを選択するのです。
ですから、今後松下政経塾がどうなろうと、あるいは新たに類似の団体が現れようと、有権者である国民が「政治家としての資質を持つ人物を見極める目」をきちんと養っていれば、根拠のない肩書きなどに惑わされず的確な判断が下せるのです。

ちなみに私自身は、松下幸之助氏のこの様な試みには、余り共感を持っておりません。
今の日本の政治が抱える問題の根本原因は、政治に対する関心が薄かったり、関心はあっても知識が不足している一般国民の姿勢にあり、国民がもっと政治に深く関わった方が良いと考えているからです。

ご意見がありましたら、下のコメント欄にお寄せ下さい。

Silvercord管理人 





11月10日現在回答待ちの質問

ご覧の皆様からお寄せ頂いた質問のうち、以下のものについては回答待ちとさせて頂いております。
中には長期間お待たせしている質問もございますが、只今順次回答しておりますので、今しばらくお待ち下さい。


32 件のコメント:

A さんのコメント...

松下さんご本人からの回答ではないようですね。
霊界の住人という方からの意見ですが、霊界に行ったからといって誰もが神のように素晴らしい人格になるとも思えませんし、上から目線のような発言では誰も共感しません。あなたは生前そんな立派なことがいえるような何かをしてきたのでしょうか?
三島由紀夫氏のように誰もが納得するような回答ができるわけでなく、やはり、故人それぞれのレベルに合わせた回答になってしまうのだということが改めて理解できました。霊界の住人になった=正しい発言ができる というわけではないですね。例えば三島由紀夫氏は生前から素晴らしい言動をされており死後もやはりそれは変わっていません。
ここでは霊界の住人の意見が全て正しいとされていることに違和感を感じます。

baseheat さんのコメント...

A様、
はじめまして。baseheatです。
A様は何か、誤解されていらっしゃるようなので…。
霊界の住人の方々もそれぞれの考えや学びのレベルがあるものなのは、A様もご存じのとおりですが、
このサイトでは、「霊界、現世に関わらず、どんな意見であれ、それを読んだ一人一人が、自分でよく考え判断してください」ということが、大原則となっていると私は思っておりました。(違ってたらすみません>Silvercord manager様)
そういうことをしないで「うのみ」にして付和雷同すると道を誤るというのが、今に至る日本の問題点でもあるとも思います。

A様は、それぞれのコメントを読んだ「印象」で、
>ここでは霊界の住人の意見が全て正しいとされている
と感じられているのではないでしょうか。
ここをご覧の方の中には、もしかするとそのような「うのみ」をされる方もいるのかもしれませんけれど、それはサイトの趣旨とは別ではないかと。

A さんのコメント...

管理人さん、問題をすり返えないでもらえますか?
私が松下さんに何故怒っているかという理由をちゃんと理解されてますか?私は何も松下政経塾を出た政治家が悪いのは松下さんのせいだと言ってるのではなく、松下さん本人が政治塾なるものを作ったことに問題があると指摘しているのです。管理人さんは霊界には詳しいかもしれませんが、あまり世界情勢には詳しくないようですね。
今、政治を金融資本が支配している歪んだ構造が世界に不幸をもたらしている現状をどの程度認識していますか?
本来政治がお金(資本家)に左右される事はあっていけないのに、経団連の言うことを政治が聞いてる現状(TPP問題)があり、そのせいで日本という国が間違った方向に左右されようとしています。商売人(資本家)が政治に口を出す事はあってはならないのに、そのさきがけを作ったのがまさに松下さんです。商売人が政治に影響力を持つと政治が正しい国の舵取りが出来なくなるのです。

自分のブログだから自分の意に反する意見は迷惑行為とみなす?とありますが、あなたはただの霊界との通訳にすぎないはずなのに、なぜか霊界からの意見をそのまま正当化してるように感じます。霊界と通信しているから自分が偉いと勘違いして上から目線が目立ちますが、自分の知らない分野がある事も謙虚に認める姿勢も必要ですよ。

Silvercord manager さんのコメント...

A様

当Blogは貴方の怒りを放出する場ではありません。
何を勝手に勘違いされているのでしょうか。
貴方が個人的な怒りを吐き出したいのでしたら、ご自分のブログでされたらいかがですか。
貴方のコメントの内容以前に、他人が管理するブログを利用する際のマナーの問題であるとご理解下さい。

A さんのコメント...

管理人さん

分かりました。みなさんに分かりやすいようにTOPページに
『霊界の住人に対する反対意見はご遠慮ください』とでも記載しておいた方がいいのではないですか。
マナー違反も何もコメントを投稿できるようにしておきながら自分に都合が悪いコメントはマナー違反とする
管理人さんの姿勢が良く分かりました。
それから抽象的で分かりにくいので具体的に『マナー違反』なるものは何かも記載して置いたほうが言いように思います。

匿名 さんのコメント...

A様
一読者として伝えさせていただきます。
怒りが感じられるコメントを読むと、気持ちが動揺します。
国を想う気持ちは十分に伝わりました。

Silvercord manager さんのコメント...

A様

A様ご自身が11月11日19:36のコメントにて「私が松下さんに何故怒っているかという理由をちゃんと理解されてますか?」と述べておりますように、これは反対意見ではなく個人的な怒りの放出であるという事はご理解頂けますか。
管理人も、霊界の住人からのメッセージを仲介する霊媒も、もとより松下幸之助氏や松下政経塾とは何の関わりもありません。
たまたま当Blogをご覧の方から「松下政経塾出身議員について松下幸之助氏はどう思っているか?」との質問を預かり、『松下幸之助』と名乗る霊に仲介しただけです。
にもかかわらず、A様が松下政経塾と松下政経塾出身議員に対する怒りを当Blogにぶつけるのは見当違いであり、迷惑極まりないというのが率直な感想です。
本来であればA様は松下政経塾という組織そのものや松下政経塾出身議員本人にその怒りの矛先を向けるべきであり、当Blogで憂さを晴らすのは筋違いです。

またbaseheat様のコメントにありますように、当Blogとしては「何事も鵜呑みにしないで、自分自身でよく考える」様にお薦めしておりますし、「反対意見はご遠慮下さい」との意思表示をした事は一度もありませんし、これからもそのつもりはありません。
むしろA様こそが、ご自分の意見に対する反対意見に耳を傾ける度量に欠けているのではないでしょうか。
当Blogをご利用の際のマナーについては、他のブログやソーシャルサイトなどと同様に考えて頂ければ良いのですが、A様は他のブログやソーシャルサイトなどを利用された事がないのでしょうか。
いずれにせよ、色々な方が閲覧される場所でご自身の意見を述べ、他の方の共感を得たいと感じておられるのでしたら、怒りの感情を露わにしては逆効果です。

匿名 さんのコメント...

>商売人が政治に影響力を持つと政治が正しい国の舵取りが出来なくなるのです。

では、どういう力が政治に影響力をもたなければならないか。経済というのは、どうあるべきなのか。人が人として生き、国や民族がその特性を生かしながら、共存していくにはどんな資質が必要なのか。それに対して自分は何ができるのか…を考えるきっかけにはなりますね。そういった意味で、マナー違反の書き込みからでも学ぶことはありますが、悪者を見つけてつるし上げるだけでは世の中進歩しないなと、ここ数年を生きてきて感じます。

匿名 さんのコメント...

「自分自身でよく考えて」物事を判断するのが筋なら、
何もわざわざ、霊界の方々の意見や考えを聞く必要もないですね。
生身の肉体を持たぬ方々には、肉体の痛みも、生活の苦労も実感としてわからないでしょうから、聞く相手ではないように思えます。
こういう考え方、捉え方もあるという参考にはなりますが、
何となく「ガス抜き」をしている印象も否めません。
とどのつまりは「自分たちが悪い」「こういう世の中を作ったのは自分たちだから」ということに落ち着いてしまう。
それは確かにその通りだとは思いますが、そんなことは霊界の方々に教えて頂くまでもなく、ほとんどの人はわかっていると思います。それでも霊界の方々に質問するのは、もっと深い答えや、具体的な提案を聞きたいからでしょう。
そういう意味では、今を生きている「人間レベル」の話しか聞けなくてガッカリなことが多いです。
ま、本当に霊界の方であるという保証は何もない(ただそう信じるだけ)ので、はなから「鵜呑み」になどはしていませんが、それにしても、やはり「答える人」の限界みたいなものを感じてしまいます。

私が松下さんの霊なら、あんな他人事みたいな答え方はせず、「自分の意図に反してあまり良い人材が育ってないようで、残念だ」と答えるでしょうね。国の舵取りがうまく行っているとは言えない現状では、そう答えるしかないでしょうし。あるいは、あの方の意図が別のところにあったとしたら、「着々とうまく進んでいる」と答えるかもしれません。
私はあの方にお会いしたことはありませんので、本当はどういう考えの方なのかも知りませんので。

匿名 さんのコメント...

横からのコメント、失礼します。

>商売人が政治に影響力を持つと政治が正しい国の舵取りが出来なくなるのです。

これはAさん自身の見解ではありませんか?
確かに商売人がその業界に未練や執着を残した状態での政治活動では、これまで良い結果につながった感はないというのには同意致しますが、その見解自体が真理となるには根拠が薄い気がします。
例えばアメリカやEU諸国では、経済界への影響を残した方々が積極的に政治に関わり、国を統治し、維持している現状があります。その姿が正しい国の姿とは言いませんが、その国の国民らが問題無く、不満無く暮らして行ける状態であれば、統治法としては有りなのかもしれません。それが日本の選ぶべき道ではないとはおもいますけどね・・。

私個人としては、経済界出身だからというよりも、多くの政治家や政治を志す皆様には、自己と支持母体の目論みなどとは別に、政治活動を行う母体(地方、国)を第一に考えて欲しいとは思っていますが・・・そのような政治家が松下政経塾出身者に関わらず少ない現状に憂いを抱いています。

A さんのコメント...

>2011年11月11日23:29
>匿名さんのコメント

私も匿名さんの想定するコメントが松下さんから聞けたなら、これほど怒りを覚える必要もなかったと思います。
少なくとも、最初に謝罪するのが筋だと思うので、あの他人事とも言える発言しかしなかった松下さんにはがっかりと共に怒りも覚えたのです。だから死んでからも反省して欲しいと。東条英樹さんのようにね。。

匿名 さんのコメント...

>>私も匿名さんの想定するコメントが松下さんから聞けたなら、これほど怒りを覚える必要もなかったと思います

 まだご本人の回答を得ていないので何とも言えないと思うのですが、もし仮にAさんの懸念されるように松下さんが政経塾設立の目的は一企業の政治支配だったと答えたらどうされるおつもりでしょうか。パナソニック不買運動でも展開しますか?
 決してAさんを馬鹿にしてるわけではないです。みんなAさんと同じく不覚にも生んでしまった民主党政権に不安を与えられ続けてるのです。そして解決の為に何かヒントが無いものかと文字通り神にすがる思いでこのブログに辿り着いているのです。
 あの世の言質も取れない松下さんの言葉に敵対心持っても墓荒らしと同じで徒労に終わるだけだと思うのです。分からず屋の爺だと思うのならほっとけば良いじゃないですか。こちらのブログには今回の一連の口論を差し置いても余りあるメリットを得られる他の神様や霊団の皆さんのお話を読むことが出来ます。Aさんと気の合いそうな方のお話を探してみてその方に色んな問いかけをしてみればどうでしょうか。
 Aさんの文面からは政治経済や世界情勢など興味を持たれ色んなことを熱心に学ばれてる様子が伝わってきます。そしてそういった思いを持つ若者は確実に増えています。そんな後輩たちの良きリーダーとなるべくこちらのサイトを活用されてはどうでしょうか。

A さんのコメント...

匿名さんの『あるいは、あの方の意図が別のところにあったとしたら、「着々とうまく進んでいる」と答えるかもしれません』というご指摘が気になり、松下幸之助の事を調べたら、松下政経塾が作られた経緯で池田大作が出てきました。最初かから売国奴養成学校だったなら全て辻褄が合いますね。また、死んでからのあの発言をみても確信犯でしょう。そう考えるとこの世で悪事を尽くしてもあの世で特に罰を受けることもないようですし、図々しい人間はあの世に逝っても厚顔無恥のままという事になります。だったらこの世でやった者勝ちというという事になりますね。竹中小泉等売国奴もこの世で生きているうちになんとか罰を与えないといけませんね。

匿名 さんのコメント...

結界の件とも関係あるかもしれませんが、当時はとにかく大変な時期で経済で国を建て直すという時期だったんではないでしょうか。塾のことは知りませんが、松下ブランドで愛国者のイメージがあったのに、そうでなかったと気付いた人が現在は多いのではないでしょうか。

日本の大事なところほど、外国の影響下にある人から見ると攻略しなければということで、段々と外国を優先的に考えるような人で固められていったのではないでしょうか。

また、そろそろ市場や制度が公平であるという幻想は捨てないといけないと思います。全て意図があり作った人がいるからです。裏から操作できるように作るのが欧米のやり方でした。また都合のよい動きをする人間を支援するのも欧米のやり方でした。

日本人はどういう意図でどういう未来を築いていったらよいのか、実際に築いていかないといけない段階になってきているのではないでしょうか。

選挙で誰を選ぶかといった事だけではなく、実際に未来を築いて行かなくてはいけません。

国を持たない人が、いろいろな情報操作を覚えて、影響力を発揮している例があります。政治制度自体も、そういうところがあるはずです。私達には素晴らしい国があるわけですから、攻略されていた所を取り戻し、正常な状態にしていきましょう。

匿名 さんのコメント...

欧米に限らないですね。見かけ上日本人に似ている人が、日本の制度に入り込んでいますね。それを欧米の一部の人が利用してきました。

戦後教育も、全て情報操作です。正常な状態にできるはずです。

ジョアン さんのコメント...

霊界の住人の皆様の回答を読んで釈迦の無記の説法を思いだしました。
死後の世界はどうなってるのかをしきりに聞いてくる人に釈迦は答えず、
「それよりもあなたは自分の日々の生活の諸問題を解決したほうがいいですよ」
と答えた...だったかな?

死後の世界の是非を聞かれたのに釈迦は答えなかった、
だから、死後の世界はないのだ...ではなくて、
そんなことは知っても知らなくても日々の生活にはどうでもいいことであって、
必要なことは必要な時にわかるようになるものだ、
だから、今は目の前にある問題を一つ一つ順番に片付けていけばよいのだ、
みたいな話だったように思います。

この世界にはいろいろ問題があるのは重々承知、
だけど、一足飛びに世界を変えようとするのではなくて、
まずは自分のことから、でしょうか。

ジョアン さんのコメント...

もう一つ
人間の価値と云うのは歴史に残るような業績を残したとか、地位、名誉、肩書き、そんなものじゃない。
偉い人の言葉なら受け止める、無名の人の言葉なんぞ役に立つか、とか、そういう姿勢でいると、ほんとに大事なものをうっかり見過ごしてしまうかもしれません。

はつゆき さんのコメント...

A様始めまして、はつゆきと申します。
以前にこちらのブログでカーチス・ルメイやF.ルーズベルトに怒りを爆発させて多大な迷惑をかけてしまった者です。
この節は皆様に大変なご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

しばらく書き込みは控えていましたが、私の体験がもしかしたら参考になるかもしれないと思い、僭越ながら書き込みさせて頂きました。


お怒りの件は理解できます。ここで怒りを吐き出すのは迷惑になるので控えるべきですが(などと、私などが言える資格などありませんが)、怒りの思いを無理に潰す必要はないと思います。
私も上記のお二人には永らく怒りの念を持ち続けていましたが、先日ある酷い失態を犯してしまい、自分の傲慢さと愚かさを自覚させられる事件がありました。

今は反省と改善の真っ最中ですが、そんな中で「傲慢とは何か」を考えました。
傲慢とは、自分の思い、自分の意思を他人の都合や意思に合わせず押し付けること、という結論に達しました。
傲慢とは、自分自身の世界しか持たない、ということです。
他の世界を受け入れない、それどころか、他の世界など存在しないものとして扱い、自身の思いだけを押し付ける。
それが傲慢だと実感しました。
傲慢の中に、他者が入る余地はありません。それに気付かなかったのです。

A様にはA様の理念があるように、松下氏には松下氏の理念があり、それを実行した一つが政経塾だったと推測します。
ルメイ氏にはルメイ氏の思いがあり、ルーズベルト氏も自国を守るという思いがあったのは間違いありません。
だから何だと言われると答えようがないですが、自分に思いや願い、目的や夢があるように、相手にも思いがあり理念があり、目的がありました。
それが私たちにとって悪い作用に働いているのが残念ですが、一歩引いて(今は迷惑を被っているが、相手にも相応の思いがある)と想像すると、少しは余裕が生まれるかもしれません。


この言葉をいきなり受け入れろとはとても言えません。
今回の問題は、自分で判断せず松下政経塾ブランドを妄信する有権者が多かった、という管理人様のご意見には私も賛同します。
理解できないことを罵倒するのではなく、何故そのようなことを言うのかと想像を働かせることは、決して悪いことではないと思います。
もっとも、その思いになるまでが大変ですが、やがてはそうならざるを得ない事が起こると思います。何かの折に参考になれば幸いです。

匿名 さんのコメント...

2011年11月11日23:49 のA さんのコメントを読んで。

>少なくとも、最初に謝罪するのが筋だと思うので、あの他人>事とも言える発言しかしなかった松下さんにはがっかりと共>に怒りも覚えたのです。だから死んでからも反省して欲しい>と。東条英樹さんのようにね。。

松下幸之助と名乗る霊さんからの回答のすぐ後に、このAさんの思いを話してくれたら、わかりやすかったのになと思いました。Aさんは松下さんに期待もしていたのですね、だからがっかり度も高かったのでしょう。

匿名 さんのコメント...

一通り読んでいて思ったのは
いくら松下氏が政経塾を作り、たくさんの塾生を育てようとも
国民が塾生に投票しなければ、塾出身者が議員になることはあり得ない。
その人達を選んでしまったのは、育てた松下氏ではなく
投票した私たち国民なんですけど・・・。
そうなると、謝罪するのは私たち国民という事になってしまうのでは?
私自身、松下政経塾出身者に投票したことはないのですけど
自民党に投票しようとも民主党が勝った責任は
国民それぞれの責任であるというのなら
選んだ覚えがなくても、政経塾出身者が国会議員になっていることを受け止めるべきじゃないんでしょうかね。

匿名 さんのコメント...

A様へ、もしよろしければ、私が以前質問した「日月神示の
信憑性」を読んで頂けないでしょうか?
日本の神様もこのブログの管理人様も決して、自分の考えに
合わない意見を排除したいとか、ここに書いてある事を
無条件に信じろなんて、言ってないと思いますよ?
寧ろ、「与えられた情報を鵜呑みにせず、自分の頭で考え、
真相を突き止める事の重要性」を説いているように感じます。

あと、最初から、「松下さんが悪い、誤らなければならない」
と、決め付けて相手の意見を聞く姿勢が感じられなかったので、霊界の皆様からの回答もあのような感じになったのでは、
ないのでしょうか?

在日やマスメディア、民主党の横暴な振る舞いを今まで許してしまったのは、私達自身の落ち度でもあるはずです。
でも、その事に「気づいた」だけでも、大きな前進で、明るい兆しでもあると思います。
私達が地道にマスコミに操作されないよう情報をきちんと広めて健全な在日、韓国、朝鮮との関係に引き戻さないといけないんだと思います。
良い意味で韓国、在日と離別するよう促す事を私達は今後やっていくべきかもしれません。

匿名 さんのコメント...

まあ、現在の「松下政経塾」出身の重要閣僚の様子を見ても「日本を良い方向に導いてくれるメンバーなのか?」と問われれば首を傾げたくなるのは事実ですね。
あと、Aさんの小泉・竹中への評価には賛同いたします。

匿名 さんのコメント...

こんにちは。
質問があるのですが、よろしいでしょうか?
スピリチュアル系、アセンション系のブログなどでは、生まれ変わりのサイクルがこの終末で終わる、等と書かれています。つまり、今まではこの世で学びきれなかった事があっても、また生まれ変わって学ぶ機会が与えられたのに、その輪廻転生システムが終わるので、今生きている間にアセンション?しなくてはいけない、と言う内容です。
最近、特に霊界とかスピリチュアルに気が付く人が多いように感じますし、それと今回のサイクル終了と言う情報が関係するのか、とも思います。
そこで、神様方や霊界の住人の方に、こういう可能性があるのかお伺いできれば、と思います。
お忙しいと思いますが、よろしくお願いします。

NK さんのコメント...

2011年11月14日19:53の匿名様

>在日やマスメディア、民主党の横暴な振る舞いを今まで許してしまったのは、私達自身の落ち度でもあるはずです。
こういうの止めませんか?
結界が張られ情報が操作されていた、一部の人を除き知りえなかったことを落ち度と言うのは止めましょう。
今やっと結界がとかれ皆が気づき始めました。
そして気付いてみれば、日本の余りにもひどい状態に愕然とし、
戸惑いながら正すべく歩み始めたところです。
間に合えばよいですね。
でも、結界を張られた神様はそれを必要と考えられ、今は解く事が必要と考えられた。
ならば、助けがあろうが無かろうが霊界の意思もそうであると思うしかない。

感想文 さんのコメント...

感想
Aさんは反原発の人達に共感するのかなぁ。
原発を作った、建設して稼働して、その恩恵を蒙って来たのに
事故が起こった途端、ほらみろやっぱりあんな悪魔の装置なんて
作らなきゃ良かったんだ、反省して即刻廃止しろ!って言ってる人に
共感できるのかなぁ。
だから菅直人を輩出した東工大の創設者のことは何も言わないのかな。

匿名 さんのコメント...

結局、自分はどう生きるかだよね。

匿名 さんのコメント...

犯人探しや自己反省に時間を費やすよりも、
この先どうすればもう少しマシな社会を
後の世代に手渡す事ができるかを考え、
行動する事に時間を使うべき時ですね。

しかしケーススタディとして、
反省とともに過去の失敗から学んだり、
過去に生きた方々のご意見を伺うことも
今後に必ず生かされるのだと思います。

匿名 さんのコメント...

結界を張られた、というのがよく理解できないのですが、
結界を張ったのは神様なのですか?それとも人間ですか?
いくら戦後の日本や日本人が弱り切っていたとはいえ、
真実を見えなくして、反日の国家や人間の欲しいがままにさせてきたとすれば、危険極まりないことだと思うのですが。
結界を解くのも遅過ぎると言えます。ガンが全身に転移した段階で発見されても、完治の可能性はありません。
本当に結界が張られていたのでしょうか?何か言い訳めいてると感じるのですが。
どなたか詳しい方、説明していただけないでしょうか?
よろしくお願い致します。

Silvercord manager さんのコメント...

11月15日8:58投稿の匿名様

質問を承りました。
順次回答して参りますので、しばらくお待ち下さい。

匿名 さんのコメント...

どうでもいいけどこの松下って人、某有名教団の代表と親交があったとかいう話があるな……

匿名 さんのコメント...

2011年11月19日19:42の匿名様

結界については過去記事で何度も詳しい説明がされてますので、まずそれを全部読まれたほうがいいですよ。
管理人様が二度手間になります。

Silvercord manager さんのコメント...

11月19日19:42投稿の匿名様

質問を承りましたが、この質問については回答までにお時間を頂く事になりそうです。
また、11月22日22:36投稿の匿名様のコメントにあります様に【こちら】から結界関連の記事を閲覧して頂く事も出来ますので、併せて参考にされてはいかがでしょうか。