2014年9月19日金曜日

『ヨハネの黙示録』に託されたメッセージ(その6)

この記事は、以前投稿した下記記事の続編となりますので、未読の方はこちらの記事より順番にご覧下さい。

【『ヨハネの黙示録』に託されたメッセージ(その1)】
『ヨハネの黙示録』第一章~第三章、アジア州にある七つの教会の天使に宛てた手紙について。

【『ヨハネの黙示録』に託されたメッセージ(その2)】
『ヨハネの黙示録』第四章~第七章、イエスが神から託された巻物の七つの封印のうち、第一~第六の封印を開いてゆく。

【『ヨハネの黙示録』に託されたメッセージ(その3)】
『ヨハネの黙示録』第八章~第十一章、イエスが巻物の第七の封印を開き、神からラッパを与えられた七人の天使のうち、第七の天使がラッパを吹くまで。

【『ヨハネの黙示録』に託されたメッセージ(その4)】
『ヨハネの黙示録』第十二章~第十三章、悪魔サタンが天から堕とされた経緯と、地上でキリスト教会に侵蝕してゆく過程について。

【『ヨハネの黙示録』に託されたメッセージ(その5)】
『ヨハネの黙示録』第十四章~第十五章、地上が悪魔サタンの支配下に置かれた頃、天で進行していた『神の裁き』の時に向けての準備の様子。





■ 神の怒りを地上に注ぐ七人の天使

黙示録の第十六章第一節には、七人の天使に対して「行って、七つの鉢に盛られた神の怒りを地上に注ぎなさい」との声があった、とあります。
ここで言う『神の怒り』とは、記事【『ヨハネの黙示録』に託されたメッセージ(その5)】でも述べた様に、ここまでの間に人間が積み重ねて来た行為の結果として、人間に取っては災いと感じられる現象が現れると言うことです。
神様の視点から見ると、人間が自ら災いを招く種を蒔いたので、災いという名の果実を自分で刈り取るのは当たり前――そういう話なので、これから解読してゆく七つの災いとは、人間が自ら招き寄せたものだという観点に立って解読した方が、より『ヨハネの黙示録』の本質に迫れるのではないかと思います。
それでは、前置きはこのくらいにして、七人の天使が神の怒りを地上に注いだ為に生じる七つの災いについて、皆様と共に解読してゆきましょう。





■ 第一の天使が鉢の中身を地上に注いだ

黙示録の第十六章第二節には、第一の天使が鉢の中身を地上に注ぐと、獣の刻印を押されている人間達や、獣の像を礼拝する者達に、悪性の腫れ物が出来たとあります。
悪性の腫れ物というと、癌等の病気が多発して肉体を蝕む様子を思い浮かべますが、これは何らかの病気が流行することを指しているのでしょうか。
霊界の住人の話によると、一般的に「良くない」と言われる習慣を止められずに、「そんな事はない」と馬鹿にしていると、案の定悪い結果が現れる――その様な状態を指すようです。
ここで思い出して頂きたいのですが、『獣の刻印を押されている者』や、『獣の像を礼拝する者』については、記事【『ヨハネの黙示録』に託されたメッセージ(その4)】でも取り上げました。
『獣の刻印を押された者』とは、神を崇め奉る対象と捉えて、またどこまでも人間であり続けることに拘って、より成熟した存在への成長を否定する価値観を持つ者を指します。
そして『獣の像を礼拝する者』とは、悪魔サタンの価値観に基づいて築かれた社会の仕組みを受け入れることを指します。
その様な社会は、悪魔サタンが人間に取っての神として君臨する為には都合が良いのですが、私たちの世界を成りたたせている仕組みとの間に齟齬が生じますので、悪魔サタンの価値観に基づいた社会は永続しません。
永続が不可能である状態を無理に続けようとして、無理が行き過ぎた為に反動が現れるのは、既に『因果律』についての理解を十分に深められた方でしたら、当然と認識されているでしょう。
そこでもう一度、上で取り上げた過去記事を思い出して頂きたいのですが、そもそも悪魔サタンとは、神になることを強く望む天使でした。
しかし、神が定めた「霊が生物に宿って成長するシステム」によって、元々はサタンより未熟であった者が、サタンよりも先に神になってしまう事態が起こりました。
そこでサタンは、神が造った「霊が生物に宿って成長するシステム」自体を逆恨みし、また自分より未熟な者の成長を妨げようとした為に、天から追放されて地上に堕とされたのです。
今回の試み以前に、管理人はキリスト教を信仰したことはありませんし、聖書について専門的に学んだ経験もありませんが、この度『ヨハネの黙示録』を解読する作業を進める中で、キリスト教会は悪魔サタンを、実態以上に強力で恐ろしい存在として描いている印象を受けました。
何故なら、黙示録の第十二章でも、悪魔サタンを「全人類を惑わす者」と述べていますが、ここまで『ヨハネの黙示録』を解読するうちに、実は聖書で描かれている悪魔サタンとは、観察力のある人間なら気づける程度の問題点や違和感・不審点にすら気づけない、意外と未熟な存在なのではないかと感じたからです。
だからこそ、察しの良い一部の人にとっては、「今までの行動を踏まえれば、そういう結果になるのは当然だ」と分かるような結末に向かって、自分から猛進してゆく様に見えるのかも知れません。
一度その構図に気づいてしまえば、そう簡単には騙されない程度の姑息な手管かも知れませんが、さすがに相手は長い時間をかけて少しずつキリスト教会を罠に嵌め、その末に世界中へと影響力を広めた大層なペテン師ですから、注意して慎重に観察し続けなくては見抜けない程度の巧妙さは備えているようです。
ともあれ、第一の天使が鉢の中身を注ぐと、悪魔的な価値観に絡め取られている人々が、神の名を掲げて今まで行ってきた悪事の数々が、最早誤魔化しようもない程明確に、白日の下に晒されます。
神の名を楯にする人程、神を冒涜する行いに忙しいと言うことでしょうか。





■ 第二の天使が鉢の中身を海に注いだ

黙示録の第十六章第三節では、第二の天使が鉢の中身の海に注ぐと、海は死人の血のようになって、その中の生き物は全て死んでしまいました。
海が死人の血のようになって、全ての海の生き物が死んでしまうのですから、何らかの大規模な海戦が行われるのか、もしくは海洋汚染の為に海の生物が大量死する様子を想像してしまいますが、果たしてその様に素直に読んで良いものなのでしょうか。
霊界の住人によると、海は死人の血のようになってしまうと言うのは、神の御業によって創造された生物が、人間の行いによって血を流してしまうという意味合いを指すようです。
ですから、人間の経済活動が環境破壊の原因となり、海洋汚染が悪化して多くの生物を死に至らしめるという意味合いも、この中に含まれます。
但し、それは海の中の出来事だけを指すわけではないようです。
海が海洋生物の暮らす世界とすれば、地上は陸上生物の暮らす世界であり、その中でもとりわけ人間の暮らす世界を人間社会と言います。
人間の経済活動の犠牲となった生物が海洋にもあり、そして陸上にもある様に、人間社会の中にも、悪魔サタン的な価値観を基準として築き上げられた歪な社会を維持する為との名目を掲げて、今も数多くの犠牲者の山を積み重ね続けております。
悪魔サタンの価値観とは、自分が地上の神として君臨し続ける為に、地上に暮らす者の成長を否定し、妨害し、ただ悪魔サタンを地上の神として崇め奉る様に求める事を指すのですから、その様な社会を作り、又維持する為にはどれ程多大な犠牲を払おうと、地上の神にとっては知ったことではありません。
むしろ、自分にとって都合のいい地上世界を築く為に、より多くの犠牲が払われる程、悪魔サタンは「自分の理想世界は、これほど大きな犠牲を払ってでも守り続ける程価値があるのだ」などと、勝手に脳内変換して自尊心を満たしているのかも知れません。
しかし、第二の天使が鉢の中身を海に注ぐことによって、誰がその様な犠牲を強いていたのか、その為に、どれ程多くの人々が日々犠牲になっているのかが明らかになります。
目的の為には容赦なく他の生命の血を流し、死体を積み上げている者の正体が暴露されます。
そうすると、今までは犠牲を強いる者の正体が分からないまま、今ある社会の仕組みに流されるままに、歪な社会を維持する為の犠牲となっていた者が、逆に犠牲を強いていた者に反旗を翻して、歪な社会を維持する為に機能していた組織や仕組みごと、今まで犠牲を強いていた者を排除する為に立ち上がるでしょう。





■ 第三の天使が鉢の中身を川に注いだ

黙示録の第十六章第四節~第七節では、第三の天使が鉢の中身を川と水の源に注ぐと、水は血になります。
その時に水を司る天使が言います。
「あなたは正しい裁きをしました。
この者どもは、聖なる者や預言者の血を流したので、彼らに血を飲ませるのは当然です。」
そして祭壇は「神の裁きは真実で正しい」と言いました。
さて、第二の天使の項目と同じように、ここでも水が血になりましたので、神の御業によって創造された生物を、人間の行いによって血を流してしまうという意味合いは共通します。
更に水を司る天使が、「聖なる者や預言者の血を流した者に血を飲ませるのは当然」と述べています。
これは、人間の経済活動の犠牲となった生物が川や水源地にも居り、川や水源地の水質汚濁によって多くの生命が犠牲になるばかりでなく、その水は人間の命をも犠牲にする事を指します。
水質汚濁の原因を作ったのは人間なので、その結果として汚れた毒水が人間の命を奪うのです。
それと同時に、聖なる者や預言者の血を流して作り上げた、悪魔サタンの価値観に基づく歪な社会を維持する為に生じた弊害は、とうとう歪な社会を維持する為に活動する組織や人々の生命をも奪い始めました。
しかし彼らは、その様な結末に至る原因を自分で作り上げてきたのですから、最早誰にも顧みられることはありません。





■ 第四の天使が鉢の中身を太陽に注いだ

黙示録の第十六章第八節~第九節では、第四の天使が鉢の中身を太陽に注ぐと、太陽は人間を火で焼くことを許されます。
人間は激しい熱で焼かれた為に、この災いを支配する権威を持つ神の名を冒涜しました。
そして悔い改めようとはせず、神の栄光を讃えようともしませんでした。
人間が太陽の熱で焼かれるのですから、第一~第三の天使が鉢の中身を注いだ際に、世界的な環境破壊が進んで多くの血が流れ、いよいよ自分の喉を潤す水すらも手に入らなくなった時に、大地は生命力を失って旱魃と砂漠化が進行するイメージが浮かびます。
一方、霊界の住人は、「第四の天使が鉢の中身を太陽に注ぐことによって、人間が太陽の熱で焼かれるのですから、今までに手を染めた悪事を全て暴露され、衆人環視の元で公開処刑される様な状況を指している」と言います。
今までに悪魔の手先として、率先して悪魔の価値観に基づいた社会を築いてきた者達は、その為に犯した罪の償いを迫られることになります。
きっと彼らは、『神の裁き』の時が訪れるまでは、「この社会を作り上げて維持する為に多大なる貢献をした」と評価・賞賛されているでしょうから、そうして築き上げた地位や名誉、財産を『神の裁き』によって全て失うことになるでしょう。
しかし、そうして今まで周囲に強いてきた犠牲を自分の罪とは受け止められずに、「あんなに社会に貢献したのに」と恨み言を漏らし、遂にはこの様な事態を許した――災いを携えた七人の天使に金の鉢を渡して、鉢の中身を注ぐ様に指示した者を呪い、天に唾を吐き続けます。
幾ら天に向かって唾を吐きかけても、その唾は自然の法則に従って自分にかかるだけなのですが、「天が悪い」、「天のせいだ」と、いつまでも恨み言を呟きながら、飽くことなく天に唾を吐き続けるのです。





■ 第五の天使が鉢の中身を獣の王座に注いだ

黙示録の第十六章第十節~第十一節では、第五の天使が鉢の中身を獣の王座に注ぐと、獣が支配する国は闇に覆われてしまいます。
人は苦しみ悶えて舌を噛み、苦痛と腫れ物に苛まれましたが、天の神を冒涜するばかりで、自分の行いを悔い改めようとはしませんでした。
今度は、獣が支配する国は闇に覆われてしまうのですが、第一~第四の天使が鉢の中身を注いだ際にも、様々な環境破壊が進んでいますから、いよいよその影響が太陽光をも遮る程の大気汚染として現れて、その為に病気が蔓延する様子を連想します。
しかし霊界の住人によると、第五の天使が鉢の中身を獣の王座に注ぐことによって、それまでは神の働きかけによって受けていた恩恵を、例え獣自身が意識していなくとも、自分自身で遮って損なわれることを表しているようです。
これを例えて言うと、ある工業製品を作る為には、どうしても有害物質を使用しなくてはなりません。
そこで、有害物質を使用する際に、環境への負荷を考慮した処置を施しておけば、当座の処理費用が嵩んでも、環境への負荷は自然回復が可能な範囲に抑制できます。
しかし、当座の処理費用の負担を惜しんだ為に、有害物質がそのまま屋外に放出されてしまったら、時間が経つに連れて徐々に有害物質が土壌や河川、海洋などに流出し蓄積されてゆきます。
そして有害物質が人体や生活環境に深刻な悪影響を及ぼすまで、高濃度の濃縮・蓄積が進むと、最早生命を育む活力が失われて、文字通り「死の土地(川、湖など)」になってしまうでしょう。
その様な土地で取れた作物には、大量の有毒物質が混入しているので、その様な汚染された食糧を日頃から口にしていれば、食糧を通じて継続的に摂取され、体内に蓄積・濃縮された有毒物質が肉体を蝕んでゆくのです。





■ 第六の天使が鉢の中身をユーフラテス川に注いだ

黙示録の第十六章第十二節~第十六節では、第六の天使が鉢の中身をユーフラテス川に注ぐと、川の水が涸れて、日の出る方角から来る王達の道が出来ました。
また、竜の口や、獣の口や、偽預言者の口から、蛙のような汚れた三つの霊が出て来ます。
この三つの霊はしるしを行う悪霊で、全世界の王を集める為に出ていきます。
そして汚れた霊どもは、ヘブライ語で「ハルマゲドン」と呼ばれる所に、王達を集めました。
さて、第十六節にユーフラテス川が出て来ましたが、この川は聖書にも度々登場します。
『ヨハネの黙示録』では、第九章第十四節にて、人間の三分の一を殺す為に用意されていた四人の天使が、必要とされる時まで繋がれていた場所として登場します。
また、『創世記』第十五章では、主とアブラム(アブラハム)が契約を結んで、「あなたの子孫にこの土地を与える」と述べたのが、エジプトの川からユーフラテス川に至る範囲の土地でした。
また、記事【『ヨハネの黙示録』に託されたメッセージ(その1)】の項目『スミルナにある教会の天使への手紙』にて、主とアブラハムが結んだ契約とは、アブラハムの子孫が『霊界と地上界を繋ぐエルサレムの拠点』の守人として、必要とされる時までエルサレムの拠点を「聖なる土地」として守り続けることだと述べました。
これらの関連する要素を勘案すると、以下のように解釈できるでしょう。
『エルサレムの拠点』にとってのユーフラテス川とは、拠点の内側と外側を分ける境界であり、その境界の水が涸れて、悪霊に扇動された王達が、拠点の中心に向かって進軍する為の道が開かれるのです。
そして、拠点の外側とは、第一~第五の天使による災いの深刻な影響を受けた土地であり、最早人間が日常生活を送るには適さない程の、著しい環境汚染に苛まれております。
しかし、拠点の土地に暮らす人々は、各拠点の守人を務めている方と隣り合って暮らしていますので、他の土地に暮らす人々と比べると、悪魔サタンの価値観の矛盾を見破る観察力を持ち、また神が創造した世界や生物などへの畏敬の念を抱いている方の割合が高くなります。
ですから、悪魔サタンの価値観の影響を比較的受けにくく、またある程度の影響を受けていても、他の土地に暮らす人々と比べると軽微な影響に止まる傾向がありますので、他の土地と比べると肥沃で、環境汚染の程度も人間の生活には支障が出ない程度に収まっているでしょう。
言わば、周囲一体が致死性の毒物で汚染されている“毒の砂漠”の真ん中に、狭いけれども清浄なオアシスが幾つか点在していると例えれば良いでしょうか。
悪魔サタンの価値観に共感する者達が、調子に乗って世界を自分たちの価値観に染め上げたものの、それは人間や生物の生存に適さない毒の塊を作り上げる作業でした。
しかし、悪魔サタンとそれに与する者達は、自らの誤りを認めて悔い改めるのではなく、僅かに残った清浄な土地――悪魔に扇動されずに、神の言葉の通りに努めた拠点の土地に向かって、「あいつらは清浄な土地と水と空気を自分達で独占してけしからん。みんなであの土地を奪いに行こう」と、悪魔に与する国の王達を集めて回るのです。
また、この三つの霊はしるしを行う悪霊とのことですが、では「しるしを行う悪霊」とは、どういう意味なのでしょうか。
ここで思い出して頂きたいのですが、記事【『ヨハネの黙示録』に託されたメッセージ(その4)】にも、黙示録の第十二章で「大きなしるしを行った」とあり、どちらも同じ一連の物語を表しております。
しるしとは、黙示録の第五章で、小羊イエスが父なる神から受け取った、七つの封印のある巻物の封印を開くという意味です。
封印を開くので、しるしが現れます。
では、「しるしを行う」とは、どういう事でしょうか。
黙示録の十二章では、巻物の第一の封印を開いたのですが、今回は第二の封印を開いた時に当たります。
そして既に、第二の封印とは『霊界と地上界を繋ぐバチカンの拠点』であると解説しましたし、2011年にバチカンの拠点が開いたことは、これまでにも記事【『霊界と地上界を繋ぐバチカンの拠点』が完全開放されました】などを通じて、度々お伝えしております。
そして、今解読を試みている、災いをもたらす七人の天使の働きかけと、それに伴って地上で起こる様々な事態は、封印を開いた時点からの連動した流れとして見る必要があります。
ですから、第二の封印を開いた事によって、災いをもたらす七人の天使は、神の怒りが盛られた鉢の中身を注いでゆく作業を始めたので、それに伴って地上に様々な災いが現れました。
その一連の流れ全体を捉えて、「しるしを行った」と一言でまとめております。
その中で、「しるしを行う悪霊」達がどの様な役割を果たしているのかを理解するには、第七の天使が鉢の中身を注いでからにした方が良さそうですので、ここでは一旦解説を割愛して、先を急ぎましょう。
そして第十五節には、「私は盗人のように来る。裸で歩くのを見られて恥をかかないように、目を覚まし、衣を身につけている人は幸いだ」とありますが、ここで参考にして頂きたいのは、黙示録の第三章第三節、サルディスにある教会の天使に宛てた手紙の部分と、同じく第三章第十七節~第十八節の、ラオディキアにある教会の天使に宛てた手紙の一部です。
そうすると、「盗人のように抜き足差し足でやってくる私」とはイエスであり、イエスがやってくる目的とは、目を覚まして衣をつけているのか、それとも裸のままで歩いて恥を晒しているのかを見極める為です。
イエスによって見極められる対象は、その時に地上に暮らしているすべての人が該当します。
そして、目を覚まして衣をつけている人とは、物事の道理を弁えていて、白い衣を着ている(着る資格がある)人であり、勝利を得ることが約束されている人を指します。
悪霊どもが「しるしを行う」作業の一環として、最後に残された肥沃な楽園=拠点の土地をも手に入れようと、悪魔サタンに与する諸国の王達を、「ハルマゲドン」と呼ばれる土地に集めている間にも、イエスは神の言葉に忠実な者と、そうでない者を、誰にも気づかれないように確認して回るようです。





■ 第七の天使が鉢の中身を空中に注いだ

黙示録の第十六章第十七節~第二十一節では、第七の天使が鉢の中身を空中に注ぐと、天の神殿の玉座から「事は成就した」という声が聞こえます。
そして轟音の稲妻や、人間が経験したことがない程の巨大地震が起こりました。
大きな都が三つに引き裂かれて、諸国の民の方々の町も倒れてしまいます。
神は大バビロンを思い出して、自分の激しい怒りのぶどう酒の杯を、倒壊した都や町に与えます。
全ての島は逃げ去って、山々も消え失せてしまいました。
一タラントン(二十六キログラム程度)の重さの雹が、天から人々の上に降ってきます。
人々は余りに甚大な雹の被害を受けたので、神を冒涜しました。
さて、第七の天使が鉢の中身を空中に注ぐと、空前絶後の巨大地震が大地を揺るがせるようです。
多くの町が倒壊し、おそらくはサタンの王座がある場所と思われる、あの大きな都ですら三つに裂けてしまいます。
島々や山々の形状が変わってしまうことを示唆する表現もありますので、その巨大地震による被害の甚大さが伺えます。
更に巨大な雹が天から降ってきて、人々に甚大な被害をもたらします。
ここまでの流れは、一見すると地震を始めとした様々な自然災害の表現に見えるのですが、必ずしもそうとは言い切れないようです。
霊界の住人の話によると、地震を始めとした様々な災害とは、悪魔サタンの価値観に基づいた社会を築いた結果、サタンに与する者や国々の間でも利害の調整が難しくなって、世界各国の利害が対立することを表しているようです。
そして大きな都が三つに引き裂かれるというのは、グローバリズムの行き詰まりが極まって、各国の政策や価値観の違いによって対立し、幾つかの勢力圏に分裂することを意味しているそうです。
ですから、言葉通りに自然災害と読んで良いのかどうか、判断の難しい所です。
いずれにせよ、悪魔サタンに与する王達の国が、『霊界と地上界を繋ぐ拠点』を有する国に攻め込む準備を整えていた所で、何らかの想定外の事態が勃発した為に、侵攻を断念せざるを得なくなるようです。
加えてもう一つの疑問は、巨大地震を思わせる災害の為に、大きな都も町も壊滅的な被害を受け、島や山の形や位置が変わってしまう程の影響を及ぼすのですが、何故か人々は、天から降ってきた巨大な雹の被害を深刻に捉えて、天に玉座を構える神を冒涜するのだそうです。
この雹とは一体何を表すのか、最初は『ヨハネの黙示録』の文章を読んでも、霊界の住人の話を聞いても、自然災害としての雹を意味するらしいとしか読めなかったのですが、管理人にはどうしても、巨大地震よりも深刻な雹の被害がどの様なものか、全く想像がつきませんでした。
そこで再度、霊界の住人の話を伺った所、今回の記事で解読してきた、七つの災いをもたらす天使による災害の件は、前回のしるしを行った時にも、概ね同様の経緯で事態が進行していて、今後小羊イエスが巻物の封印を順番に開いてゆく度に、やはり同様の経緯で事態が展開してゆく筈なのだそうです。
それならば、小羊が巻物の第一の封印を開いた時に何が起こったのかを調べれば、何らかの手掛かりが掴めるかも知れません。
とはいえ、ここで詳細を調べるには、紙面と時間の都合により無理がありますので、取りあえず今は大雑把な確認に留めます。
まず、小羊が巻物の第一の封印を開いた時期は、既に開いていた日本の拠点で、覡が本格的な活動を開始した時期であり、明治時代に入って、明治天皇が江戸城に住まいを移された頃がその時だと推定します。
その後、日本は日清戦争や日露戦争を経て世界の強国へと頭角を現し、第一次世界大戦後には世界の五大国と目されるようになります。
当時の世界は、主権国家としての欧米と、欧米に支配された植民地とで成りたっておりました。
欧米にとって、東アジアは自分の手が届いていない最後の地域だったのですが、日本は主権国家として欧米と肩を並べるか、欧米の植民地に屈するかの瀬戸際を綱渡りした結果、何とか主権国家として認められました。
しかし、日本と欧米諸国の間には価値観の違いが大きく、また欧米の植民地経営にも問題が生じている所に、価値観の異なる日本が台頭することにより、欧米は日本に対する警戒感を強めます。
最終的に日本は米国、英国などと戦端を開いて、米国の圧倒的な物量の前に敗北します。
この経緯を七人の天使の災いに当て嵌めると、第六の天使の辺りが昭和初期に該当して、大東亜戦争の辺りは第七の天使の災いに当たるでしょうか。
その様に考えると、第六の天使の災いで、しるしを行う悪霊によって集められた全世界の王とは連合国の面々であり、彼らは日本侵略に備えて着々と準備を整えていたことになります。
しかし、日本との関係が決定的な状態に至る前に、欧州で内輪揉めとも言える戦端が開かれたので、日本侵攻の準備を整えていた欧米は、日本への対応を後回しにせざるを得ませんでした。
その様に考えると、自然災害を思わせる表現は、激しい戦闘と爆撃を思わせますし、雹の被害とは絨毯爆撃で市街地が焦土と化した表現に符合します。
でも、結局日本は敗北して、一時的にせよ占領されたじゃないか――そう仰る方がいるかも知れません。
しかし、日本は敗北したけれども植民地化を免れ、連合国による分割統治も回避しました。
明治時代以降に国土に組み入れた土地の多くは放棄せざるを得なくなりましたが、今も主権国家を維持しております。
それよりも欧米諸国の方が、日本との大戦を経て植民地の放棄に追い込まれ、また西側と東側の諸国で対立する構図が明確になったので、最早日本を侵略・蹂躙する計画(があったのかどうかは、よく分かりませんが)どころではなくなってしまいました。
その様に見てゆくと、今回取り上げたテーマ「七つの災いを携えた七人の天使による、七つの災い」とは、かつて日本が辿った明治時代から大東亜戦争の敗戦辺りまでの流れを現しており、恐らくはそれと似通った出来事が、今度は日本の立場をバチカンがひきうける形で展開するのではないでしょうか。






■ 第一~第七の天使が鉢の中身を注ぐまでのまとめ

今回は、バチカンの拠点を開いた事が発端となって、今後『神の怒り』がどの様に進行して行くのか、そして最終的にどの様な結末を迎えるのかについて、『ヨハネの黙示録』を頼りに推測してみました。
前の項目でも、七人の天使が鉢の中身を注ぐ件は、小羊イエスが神から受け取った巻物の封印を開く度に、同じ様な経緯を繰り返すと述べました。
ところが、封印を一つずつ開いて行く度に変化する条件はありますし、その時代、開かれる拠点の場所によっても、条件は異なってきます。
ですから、今回取り上げた部分は、『ヨハネの黙示録』の他の部分と比べても、曖昧で難しいのではないかと思います。
しかし逆に、既に同じサイクルを一度経験しているとのことなのですから、既に経験したサイクルを、歴史を繙いて詳細に分析することによって、更に理解を深める助けとなることでしょう。
管理人が今後、その作業に時間を割けるかどうかは分かりませんが、もしご覧の皆様の中に興味のある方がいらっしゃれば、上記記事なども参考に、解読に挑んでみてはいかがでしょうか。

さて、この記事ではあと一つだけ、最後に確認しておかなくてはなりません。
それは、第六の天使の項で先送りにしていた、「しるしを行う悪霊達」の役割についてです。
実は、第六の天使の項で、既に答えは出ていたのですが、これだけは一番最後に述べる方が良いと考えましたので、ここで改めて解説します。
「しるしが現れるのは、小羊イエスが巻物の封印を開いたからだ」と、既に説明しましたが、では、その中で悪霊は、どの様な役割を負っているのでしょうか。
第六の天使の項で、イエスは「神の言葉に忠実な者と、そうでない者を、誰にも気づかれないように確認して回っている」と述べましたが、何故その様なことをするのでしょうか。
記事【『ヨハネの黙示録』に託されたメッセージ(その1)】の最初に、神様が人間に働きかける目的について説明しましたが、人間が神の玉座に引き上げられる為には、理解を深めておかなくてはならないことが沢山あります。
しかも、たとえどの様な過酷な境遇に置かれようとも、揺るぎない確信を得ていなくては、とても理解を深めたとは言えません。
そこで神様は、悪魔サタンの価値観が霊の成長を妨げるものであると予め理解し、しかも悪魔サタンは主体的に人間の成長を阻害して回ることを承知の上で、サタンが地上で活動することを許可しました。
そうすると、人間が地上で生活している間に、神様の働きかけと、悪魔サタンの働きかけを、同時に見比べることが可能な環境が出来ます。
人間が実際に、神様の働きかけと、サタンの働きかけを体感することによって、神様の働きかけとサタンの働きかけは、何がどの様に異なるか、そして何故サタンの働きかけではダメなのかを、自分自身で見極めて欲しい――以上が、悪魔サタンが地上で活動することを、神様が許可した理由の一つです。
一見すると、悪魔サタンは神様の働きかけを邪魔しているようでも、実はきちんと私たちが理解を深める助けになっているのです。
それこそが、ここで述べている「しるしを行う悪霊達」の意味です。
悪魔サタンの唆しに引っかかるようでは、まだまだ修行が足りないということです。
なお、神様が悪魔サタンの活動を許可している理由は他にもありますが、それは今後投稿予定の記事で述べた方が良いと思いますので、その時までお待ち下さい。

Silvercord管理人 





なお、上記記事は、以下のサイト掲載の新約聖書『ヨハネの黙示録(新共同訳)』を閲覧しながら解読を行いました。
原文の引用という形はとりませんでしたが、解読する原文の場所は可能な限り指定しておりますので、必要な方は記事に指定のある章・節を参照のうえ、ご覧下さい。

閲覧サイト:一般財団法人日本聖書教会
URL:http://www.bible.or.jp/


上記記事の内容についてのご意見・ご感想・ご質問はコメント欄よりお寄せ下さい。
また、コメントを投稿される際は、記事【改めて、ご覧の皆様へのお願いと連絡事項】をご覧下さい。

9 件のコメント:

  1. 今回の記事、拝読させていただきました。
    卑近ではありますが、支那ウォッチャーとしては、どうしても現在から近未来の支那の状況を思い浮かべないわけにはいきませんでした。まさか特定の国のことを指しているわけでもないのでしょうが……
    少なくとも、今の支那ほど、分かりやすく端的に黙示録の描く状況が顕れている国はないとはいえると思います。

    返信削除
    返信
    1. 匿名様

      上記記事では、悪魔サタンの価値観に惑わされることによって、「七人の天使による災い」と言う結末を迎えると述べています。
      もちろん、特定の国や場所について述べているわけではありませんが、裏を返すと、悪魔の価値観に惑わされる人の数が多い場所程、記事で述べた様な災いを招きやすいと言えます。

      削除
  2. 神様とサタンそれぞれの思惑と働きかけは自分の生活というごく身近な部分においてもごく当たり前のように経験するものだと思います。反面教師や他山の石という言葉があるように他人の振りと自分の良心を照らし合わせ教訓とし成長の糧とすることはよくある事です。しかしながら絶対的な良心や善というのが人間社会だけでは定義できないところに人生のもどかしさや面白味があるのかなとも思います。それゆえサタンにこれ程の活動の余地があるのでしょうね。
    個人的に究極の良心や善というのは法則や因果律などの理と同義なのではないかなと考えています。例えば太陽の活動などは低レベルの私情を挟むことなく粛々と理に則っているので人間などより余程善性に溢れていると言ってもいいのではないかなと思うのです。この仮説が正しいとしても人間社会において太陽の正義を訴えたところでステージが違いすぎるので何の役にも立たないのでしょうが、神様は太陽の正義も人間が向かうべき正義も理解し、そこに何らかの共通点がある事も知っているのですよね。その境涯に立つにはやはり経験と学習以外になさそうですね。

    返信削除
    返信
    1. 匿名様

      これは管理人の個人的な見解なのですが、コメントにある「良心」や「善」とは、人間のみに通用する限定的な概念であると同時に、その人の置かれた立場や霊的成熟度によって判断が変わる、相対的な価値基準だと考えております。
      コメントに例示されている太陽の場合は、善性に溢れているのではなくて、私たちが知る「太陽の活動」という性質を、元々併せ持って誕生した存在であるとの理解です。
      人間は、太陽が放つ熱や光などを受けて生命活動に役立てていますが、別に「太陽が善性に溢れていて、人間が生活しやすい様に活動を調整してくれている」訳ではありません。
      例えば、太陽の寿命が尽きてくると、太陽自体が膨張して、地球を飲み込んでしまう可能性があるとの研究もされているようですが、それでは太陽が地球を飲み込んだら、「善性が衰えた」と言えるのでしょうか。
      また、私達日本人は、朝鮮半島との関わりを通じて、日本側の「良かれと思って」が、後の世まで尾を引く厄介な問題の原因となっている事について、過去に投稿した記事でも度々述べて参りました。
      この様に、「良心」や「善」とは、価値観を共有する人々の間でのみ通用する限定的な価値基準であって、時代の変化や生活環境の違いから発生した、異なる価値観を持つ者の間には通用しないと考えております。

      削除
    2. いずれ膨張して地球を飲み込む太陽の活動もまた理を歪めることなく粛々と活動を続ける事の結果なので善なのではないかなと想像してみました。少なくとも人間が相対的な価値観で神様と悪魔の働きかけに右往左往しているのと違い、神様の働きかけに素直に従っている太陽は善なのかなと考えてみました。
      善と良心を一致させる考え方は管理人さんの仰るよう人間や個人の相対的価値観でしかないわけなので仮に太陽が善であると言えても太陽が良心で満たされているかどうかは我々に判断できることではないのは事実ですね。
      太陽は多くの神話などでも神として奉られ、キリストも時として太陽の子と呼ばれるくらいなので悪意の存在ではないだろうなという、これもまた個人的価値観の顛末でした。長々と失礼しました。

      削除
    3. 匿名様、管理人様
      お二人のやりとりを読んで思ったことなのですが、地球が太陽に飲み込まれてしまう時があったとして、その時には地球が太陽に飲み込まれるための条件が整うわけで、理というものがあるのならば、地球全体も又飲み込まれる準備ができた状態になる・・・ということなのではないかと。人間などの顕在意識の世界では、天変地異で右往左往することがあったとしても。
      理というのものは、善も悪という分け方を含んだものですので。
      本論の、サタンにしても地球の人間をはじめとする存在の世界に於いては魂の進化を妨げるベクトルに働くことが多いようですが、それが世界に於いて必要ではなくなる条件が整えば、サタンもその存在に幕を引くことになるし、その時点で必要性があれば、別の存在があらたな展開として現れる可能性なんてもあるのでは。

      削除
    4. 匿名2様

      人間は、いずれ死ぬ宿命を帯びて生まれるのと同じように、地球は、老化して膨張する太陽に飲み込まれる宿命を帯びて誕生したのでしょう。
      サタンについては、自由に活動できる時間が予め決められていて、その限られた時間の中で、どの程度サタンの思う様に事が運べるのかを、神に見られているのだと思います。
      詳しくは、今後投稿予定の記事で解説しますので、お楽しみに。

      削除
  3. 第5の天使の所で獣にも神の恩恵があるとあります。
    この獣やサタンとその類の者たち(以下、サタン達とします)は滅ぶために生まれてきたのだろうかと常々思っていました。皆さんのお考えはいかがでしょうか。
    その通りだとすると、神はいずれ滅ぼす予定でサタン達を生み出したことになり、わが子を滅ぼすのですから愛を説いている神とは矛盾してしまいます。
    矛盾がないように考えると、神はサタン達を消し去ることはないようですので、なんらかの救いはあるのではないかと思えます。
    すると、聖書では人が最終的にどう裁かれるかが書かれているので、そもそもサタン達は人間とは別物として生み出されたのだろうか?それとも天地創造の前の世界では、この世のあらゆる生物もサタン達も種の別がなかったのだろうか?などなど想像が膨らみます。
    何かサタン達を哀れむような事を書きましたが勿論、争いを撒き散らす者には関わりたくないのでサタン達には同情できません。

    長文失礼しました。

    返信削除
    返信
    1. 442様

      神の恩恵という表現が誤解を招くかも知れませんが、要は「日の光が地上に注ぐ時には、人間に対しても獣に対しても分け隔てなく注ぐ」という意味とご理解下さい。
      日の光を浴びることによって、様々な生命を育む仕組みは、神の働きかけにより成り立っていますので、獣がこの世界で存在を認められている時点で「神の恩恵にあずかっている」ことになります。

      サタンが存在するのは、大まかに以下のような理由によります。
      1.サタンも人間に宿る霊と同様に成長途上の霊ですので、人間がそうであるように、サタンも自分の考えに基づいて試行錯誤する自由が許されています。
      2.サタンは神の境涯へ向けて成長するルートから大きく逸れてしまった、元は神の使いであった者のなれの果てですが、サタンは人間にとっての反面教師(サタンの行いを真似ると成長路線から逸脱してしまう)としての意味があります。

      サタンが成長路線から逸脱したのは自分自身の選択の結果ですので、基本的には自らの行いが誤っていたと自覚して行動を改めない限り、何度でも同様の失敗を繰り返すでしょう。
      黙示録の記述によると、将来地上から一旦人類が滅亡してしまう時点で、サタンが自分の行動の結果を振り返る機会が訪れます。

      確かにサタンは争い事を唆しますが、実際に争うのはサタンに唆された人間ですので、未熟者のサタンに唆されること自体が人間の未熟さの表れです。
      そして、神の働きかけとサタンの唆しの違いを見分け、サタンの考え方がいかに無意味であるかを気づくことが、聖書において人間が目指す当面の目標となります。

      削除