2010年12月27日月曜日

自衛隊の基地はパワースポットだ

記事【年明けと共に日本の夜が明ける】で述べたように、遠江國一宮小國神社参拝を終えた霊媒Mと私は、航空自衛隊浜松基地の敷地内にある『浜松広報館・エアパーク』へと向かいました。





さて、普段は霊的知識や霊界通信についての記事を投稿する当Blogが、なぜ航空自衛隊基地を取り上げるのかと疑問に思われた方も居られるでしょう。
しかし、日本にとって守りの要である自衛隊基地は、霊界の住人にとっても特別な場所であるようです。





■ 生前パイロットとして出征した英霊の皆様との対話

管理人
今回、航空自衛隊浜松基地の敷地内にある『浜松広報館エアパーク』を訪ねたのですが、なぜ今回ここを訪ねたのかというと、霊媒が以前から「自衛隊の基地もパワースポットだ」と述べておりましたので、是非機会があったら一度自衛隊の基地を訪ねて、その上で「自衛隊の基地もパワースポットなのだよ」という部分の話を伺いたいと考えておりました。
今回はたまたま良い機会だと思いましたので、自衛隊の基地がパワースポットであるという話を聞かせて頂けますか。

英霊の皆様
日本の守りの要になる場所だよね。
そうすると、当然私たちは支えますよ。
もう二度と、特攻隊員のように、片道分の燃料だけを積んで敵艦に突っ込むような事を、他の人にはさせたくないんだ。
ここは航空自衛隊なので、パイロットをやっていた私たちが支えているんですけど、またそういう事にはなって欲しくない。

霊媒M
僕たちと言っている、多分若い人なのだと思う。

英霊の皆様
僕たちは、いつも皆さんと一緒に活動しているんです。
見えないかも知れないけど、感じられないかも知れないけれども、いつも常に一緒なんですよ。
今自衛隊員は、立場的に大変だと思います。
でも、大変な時こそ踏ん張り時なのだと思うけれども、僕たちはいつも一緒にみんなの事を支えているし、日本が今起きている問題をちゃんと解決できるようにみんなで働きかけているから、大丈夫だから。
ちゃんと道は繋がるから、諦めないで――まあ、諦めるという事もないかな。
自衛隊がどう言う組織なのかが理解される時が来るから、それまでは大変でしょうけど、いつも一緒ですよ、支えていますよ。

霊媒M
(自衛隊への)今の理不尽な扱いをみていて、ちょっと問題だと思っているようです。

管理人
という事は、パワースポットという意味は――実際に国防の要ですよね。
だから、国を防衛するための様々な自衛隊の活動に対して、英霊の皆様が中心だと思いますが、様々な霊が働きかけていると。
そういう霊が集まって活発に活動している場所という意味で、パワースポットという事でよろしいでしょうか。

英霊の皆様
要するに霊的なエネルギー活動が活発な場所は、パワースポットという位置づけになる。
ただ、ここに来て癒されるかというと、神社やお寺とは目的が違うので、そういうものは得られないかも知れないけれども…。

管理人
そういう霊的な活動が活発に行われている場所――ということで、パワースポットの定義は分かりましたでしょうか。


(中略)


英霊の皆様
守りの要になっている地域とか、他には玄関口になっている場所もパワースポットですね。

管理人
空港、港、それから駅…。

英霊の皆様
駅…駅と言うよりは…。

管理人
パワースポットというのは、他国に対しての玄関口なのかな。

英霊の皆様
そうですね。
そういう場所はトラブルが起きやすいですから。

管理人
では、やはり港とか空港ですよね。

英霊の皆様
そういう所には、組織されてそういう場所を守るために力を注いでいる霊が沢山働いているという事ですね。

管理人
だから空港とか、港とか、自衛隊の基地関連はパワースポットという事ですね。

英霊の皆様
基本的に霊的な活動はそこら中で行われているのですけど。

管理人
特に厳重に?

英霊の皆様
そう。
だから警察署も治安を守るためにある機関だから、当然なにがしかの力が働いているし、国会にしても霞ヶ関にしても、日本という国を維持するために欠かせない場所――どの国も一緒だけれど、その国を維持するために欠かせない場所では、大勢の霊が働いていますよ。

管理人
そして首相官邸には、歴代首相の霊団の皆様が居られますね。

英霊の皆様
歴代首相で亡くなられた皆様は、日本の国が今後どうなっていくのかという事に関心が高いようなので、後押しをしたり、軌道修正をしたりと、忙しく働いておられるようです。

(2010年12月22日)





私たち人間が一般的に「パワースポット」というと、神社・仏閣などの宗教的施設や、精神的癒しを与えてくれる自然環境に覆われた場所を想像しがちですが、必ずしもその様な場所だけを示すとは言えないようです。
また、冒頭の英霊の皆様の言葉は、国防の最前線で尽力される自衛隊員の皆様へのメッセージとなっておりますので、ご覧の皆様の中に自衛隊員の方が居られましたら、『英霊の皆様の支援を得ている』事を意識して、日々の任務に取り組んで頂ければと思います。

【Silvercord】管理人 





12月27日現在回答待ちの質問

下記のご質問につきましては、回答に時間が掛かっておりますので、しばらくお待ち下さい。

2 件のコメント:

たらこ さんのコメント...

自衛隊基地がパワースポットとは!
でも、記事を読んでなるほどと思いました。

今年自衛隊の基地に行く機会があったのですが
隊員の皆様はじめ、基地の雰囲気が
国を守っているという使命感・緊張感、清清しさに満ちていたような気がします。

自衛隊の制服を着て町を歩いてると
石を投げられるとも聞いたことがあります。
命がけで国を守っておられる隊員の方達への
国民の理解がもっと深められますように。
その日が一刻も早く来ることをお祈りしています。

Silvercord manager さんのコメント...

たらこ様

一般的に「パワースポット」と呼ばれる場所と比べると違和感を感じるかも知れませんが、言葉本来の意味合いを考えればご理解頂けるのではないでしょうか。