2016年1月7日木曜日

日本の安定を揺るがす者との繋がりを断ち切る

少々遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
今年の初詣は諸事情により、地元の神社で私的に済ませてしまいました。
そこで、今年最初の記事は、去年の振り返りと今年の展望から始めたいと思います。
今回は、とある『日本の神様』にお話を伺いました。





■ とある『日本の神様』との対話

管理人
それでは、年初の恒例となっている「昨年の振り返りと今年の展望」というテーマについて、お話を伺いたいと思いますが、まず、今回お話をして頂けるのはどの様な方なのでしょうか。
去年は、とある日本の女神様に登場して頂きましたが、今回もその方なのでしょうか。

日本の神様
その者は忙しいので、代理です。

管理人
そうすると代理の方は、去年話して頂いた女神様とはどの様な関係にある方なのでしょうか。

日本の神様
(女神様と)同じ活動に携わっている者です。

管理人
去年(女神様に)話して頂いた内容や、今後どの様にするという女神様の意向も熟知されているという事でしょうか。

日本の神様
それはわかっています。

管理人
了解しました。
それでは、ここから本題に入ります。
去年の今頃に女神様から伺ったのは、「今年(=2015年)、日本の今後百年間に影響を及ぼす選択を迫られる」というお話でした。(『銀の紐』掲載記事【今後百年に影響する日本の選択】
その選択とは、簡単にまとめると「日本と外国のつきあい方、日本人と外国人のつきあい方について、もっと日本がきちんとした意思表示をする必要があります」、そうしないと「今後百年間に亘って日本が苦しい道を歩む事になります」、そこで「日本の皆さんはどの様な選択をしますか」と問いかけていたと思います。
それから一年が経ちましたが、「今後百年に影響する選択」がどの様に為されたのかという点については、どの様に見ていらっしゃいますか。

日本の神様
過去からの経緯があるので、そこに縛られてしまって、思う様に動けないでいるように見えます。

管理人
まず、「今後百年に影響する選択」を迫られる機会があったと考えてよいのでしょうか。

日本の神様
何か一つの大きな出来事と言うよりは、小さな出来事の積み重ねなので、その積み重ねの部分が、過去からの経緯に足を引っ張られて、うまく行っていないように感じます。

管理人
ということは、「選択を迫られているけれども、思う様な選択が出来ていない」という事ですよね。

日本の神様
うーむ……。
まあ、そうですね。
色々なものに縛られているので、思う様な形では選択できずに、どうしても過去のものを引きずってしまっているように見えます。

管理人
過去からのしがらみ、そのしがらみに引きずられているので――昨年登場された女神様の意向としては、そのしがらみは日本にとってよいものではないので、断ち切った方がよいという意見なのだと思いますが、まだ日本にはそのしがらみを維持したい、維持した方がよいと考える人の影響力が強いと。

日本の神様
そうですね。
だから、断ち切る方向で動くのが難しくなっている。

管理人
それは、そのしがらみを断ち切ろうとしている人たちと、そのしがらみの中でうまくやりくりをしたい人たちの二者がいて、お互いの影響が交錯しているという事なのでしょうか。
それとも、日本国内全体として、「しがらみを断ち切るよりは維持した方がよい」という認識なのでしょうか。

日本の神様
そこは明確に分ける事は出来なくて、そういったしがらみを精算してきちっと断ち切って、「日本は日本としてやっていかなくては」と考えている人でも、過去のしがらみの中から生み出された価値観や文化、考え方を元にして暮らしているので、自分では気づかないうちにそういったものを前提にして、物事を考えて動いてしまっている状況であると思います。

管理人
つまり、そのしがらみを断ち切る事によって、自分たちの生活も困った事になってしまう、そういった仕組みになっているという事でしょうか。

日本の神様
そういう仕組みになっていますし、自分たちでも当たり前と考えている物事が、そういったしがらみの延長にあったりするので、かなり根が深い問題であると思います。

管理人
昨年の段階で「選択を迫られる」というお話でしたが、そもそも「何が選択肢なのかもよくわからないまま、徒に一年が経っていた」と言う事になっていないでしょうか。

日本の神様
そうですね、何となく「こうじゃないか…」というものは見えていても、はっきりと「ここだ!」と言えるものを掴んでいないように見えますね。

管理人
そこをきちっと選択するための――どうにもならなくなってしまうデッドラインは、既に過ぎてしまっているのでしょうか。
それとも、今後立て直しをするための機会は、まだ残されているのでしょうか。

日本の神様
私たちは、かなり早めに警告しているのですね。
ですから、まだ手の施しようがない状態、どうにもならないほど行き詰まっているわけではないのですが、やはり対応が遅れてしまうと、その分だけ大変な状態は長引いてしまうので。

管理人
昨年の時点では、「今後百年に影響する選択を迫られるのが今年(=2015年)だよ」というお話だったのですが、実は去年や今年を含めた今後数年のうちに適切な選択をしないと、その後が大変な事態になるという趣旨だったのでしょうか。

日本の神様
そうですね。
去年のうちから、皆で考えてもらって、気づいてもらう。
そこに注意を向けて欲しい。
霊媒(=霊媒M)との繋がり方の関係があって、細かい内容が伝えられずにいたという事情はありますけれども、一年でパッ、パッと変わる事はないんですね、基本的に。
人間の考えや気持ちの動きがそんなに簡単に切り替わるものではないので、徐々に浸透して変化してゆく事を想定して、予め、早め早めに情報を出すようにしています。

管理人
だからといって、「早めに警告を出してもらっているから、今急に慌てて対処しなくても大丈夫」と調子に乗っていると、後で痛い目を見るという事ですね。

日本の神様
そうですね。
兎と亀の昔話にもあるように。
今年のうちに出来る事は今年のうちに、そこで残った課題はまた来年に、という風に、一年一年を確実に進んでいく事が大事ですね。
「時間があるから大丈夫だよ」と言っているうちに、夏休みの宿題が間に合わない経験をされた方もいると思いますが、その様な事にならないように気をつけて頂きたいと思います。

管理人
それでは、基本的には「今後百年に影響する選択」をするチャンスは今年もまだ残されていて、去年一年間かけて積み重ねた結果に、今年一年でどの程度更に上積みが出来るか、という事になるのでしょうか。

日本の神様
そうですね。
その繰り返しですね。

管理人
ということで、去年の振り返りについては一通り伺ったと思いますが、ここまでの話を踏まえて、今後の展望という事で、「今年はこの様な点に気をつけた方がいい」とか、「今年はこの様な出来事が起こりますよ」といった、これからの道標になるようなお話を頂けますか。

日本の神様
私たちは日本を司る立場の者ですので、日本を中心に考えるのですが、日本の安定を揺るがす者については、霊的な側面から断ち切る方向で動いてゆきますので、あとは人間の皆様が、それを受けてどの様に動いてゆくのかが課題になると思います。

管理人
「霊的に断ち切る」とは、どの様に理解すればよろしいのでしょうか。

日本の神様
「霊的に断ち切る」と、エネルギーの交流がなくなります。
エネルギーの交流がなくなって、異物として扱われるようになります。

管理人
「霊的エネルギーを断ち切る」というと、以前『銀の紐』で、中国に対する霊的エネルギーの供給を止めるという話を取り上げました。(記事【天皇陛下と中国国家副主席会見の裏側】
それと同じエネルギーの供給を断ち切るという意味でしょうか。

日本の神様
それとは違っていて、たとえば、縁があると関係が結ばれて、縁が切れると別れる事になる。
そういった、人と人の繋がりが切られてゆく。

管理人
その「繋がりが切られてゆく」というのは、日本の神様との繋がりが切られてゆくという事でよろしいのでしょうか。

日本の神様
そうですね。
私たちが、日本全体の成長の為に、ここは交流した方がいい、と、ある程度の判断をしているのですが、今までの日本は、多くの国との交流を重ねる事によって学ぶ時期だったので、色々と人間の対応の仕方によって弊害は出ましたけれども、そういった交流を許してきました。
ですが、このままその状態を許していると、成長するどころか、日本国民が存続できるのか怪しい状態になってしまうので、それでは困るのですね。
そして今度は、自分たちが周囲と接触してきた結果、どの様な状態になったのかをしっかり見据えてもらって、それらの問題を精算する――そちらの方向に動きやすいように、私たちの活動も転換したので、今年からは、私たちとしては、(日本を)不安定にする要素を断ち切りに行くので、人間の皆様がそれにどう応えるか、そこを見ていく事になります。

管理人
これは去年の六月になりますが、とある女神様が新たな一手を打ちましたというお話を伺いました。(記事【神の一手】【神の一手(その2)】
そして年末には、日本や日本国民に向けられている呪詛に対して、呪詛返しを行ったとのお話がありました。(記事【榊に結わえられていたもの】
その働きかけの延長で、今後も続けてゆくという事でよろしいのでしょうか。

日本の神様
そうですね。
その呪詛返しのお話の時には、相手の働きかけを受けてこちらが対処したのですが、今度はこちらから動きます。

管理人
その「断ち切る」働きかけは、もう始めているのでしょうか。

日本の神様
それは今年から始める事が決定しているので、既に動いています。

管理人
もう動いているのですね。
では、神様のその様な働きかけを受けて、私たち日本国民はどうするのかが問われてくるのですが、去年の話を踏まえて、何かアドバイスはありますでしょうか。

日本の神様
断ち切る際に注意して頂きたいのですが、周囲の者が発する憎悪に飲み込まれないように、その気持ちに巻き込まれないようにして、自分の考え・思いをしっかり自分の心の中に持って、大事に持って、周りに惑わされないようにして下さい。

管理人
今断ち切るのは、「日本の安定を脅かす者との関係を断ち切る」という事だと思いますが、その関係を断ち切る時に、関係を断ち切られると困る人もいて、断ち切ろうとすると邪魔をする場合がありますよね。
その時に、日本の安定を保つ事が本来の目的であるにもかかわらず、断ち切る行為を邪魔する者にどの様な対処をするかに拘ってしまう、そこの目的を混同しないように気をつけましょうという事なのでしょうか。

日本の神様
まあ、そういう事になりますかね。
「自分たちの邪魔をする者を排除する事」が目的となってしまうと、本来の「日本の秩序の安定」が目的だった場合であれば、条件が達成されている状況であっても、排除する方が目的となると行き過ぎてしまう可能性がある。
そうすると結果が大きく変わってしまいます。
そして今年は、全世界的に憎悪――自分とは考えが異なる者に対する憎悪を抱いて、敵対しやすい傾向になるのですね。
ですので、日本の皆様には、自分の考えをしっかり持って、周囲に惑わされないで、着実に目的の達成の為に動いて頂きたいと思います。

管理人
分かりやすいたとえを一つあげると、日本の中で犯罪を犯した外国人、これは日本の秩序を乱していますので、国外に退去してもらうのは日本の安定に繋がります。
ところが、外国人犯罪が目立つので、きちんと日本のルールを守っている外国人も一緒くたにして、「外国人はみんな日本から出て行け!」とやってしまうのは行き過ぎですよ、と言うお話でしょうか。
秩序を維持する事が主目的なので。

日本の神様
それで問題は、確かに外国人も問題なのですが、日本国内の制度が一番の問題だと思うのですね、そういうトラブルが発生するのは。
ですから、そこに目を向けて、きちっと秩序を維持できるように変えてゆく。
そちらを主に……日本自体が変わってゆく事が重要になってきますね。

管理人
今日本にある、秩序を維持する仕組み。
法律などの仕組み自体が問題という事ですね。

日本の神様
仕組みの場合もありますし、その仕組みがうまく機能していない場合もありますが。

管理人
去年のお話では「日本がいかに自己主張をするか」というテーマですので、ただ単に「外国人は出て行け」といって済む話ではないと。

日本の神様
日本自体の問題を解決しないと何も変わらないので、一度外国人を追い出しても、また別の者が入ってくれば同じ問題が発生します。

管理人
仮に外部から人が入ってこなくても、既に日本国内に秩序を乱す原因があるという事ですよね。

日本の神様
そうですね。

管理人
では、今年特に気をつけたいのは、秩序を維持する仕組みをどの様に変えると、日本の安定に寄与できるか、という事になりますか。

日本の神様
そうですね。
そこがいい加減だと、かえって外国とのトラブルを多く抱える事になってしまいますので、きちっと整えておいた方がいいと思います。

(2016年1月5日)





今回のお話を伺う際に、当初予定した交霊会の日程を延期するというトラブルに見舞われました。
管理人は、交霊会の模様を収録するためのICレコーダーを二台所有しているのですが、直前に動作テストを済ませていたにもかかわらず、二台とも収録の際に動作不良を起こしてしまいました。
その際に霊媒Mが「何らかの霊的な存在に妨害されている」と述べていましたので、その日の交霊会を取りやめて後日に延期し、その間に妨害対策を施す事になりました。
結局、ICレコーダーは二台とも故障していなかったのですが、きっと、今回の記事が社会に周知されると都合が悪いと考える霊的存在がいるのでしょう。

さて、去年打たれた神の一手は、今年に入ると更に一手先へ進めているように見えますが、今はまだ神様の働きかけに人間の対応が追いついていない様です。
しかも、人間が抱えている問題に根深いものがあって、そう簡単に解決できるわけでもなさそうです。
とはいえ、この様な形で問題提起と解決のヒントを提供して頂いているのですから、私たち人間に解決できないわけではないのでしょう。
特に今年気をつけたいのは「日本の安定に繋がる仕組み作り」ということですので、国会議員や政府に働きかける事によって、新たな法律を整えたり、法律の運用を見直す作業を通じて、日本の秩序を改善してゆく必要がありそうです。

Silvercord管理人 





上記記事の内容についてのご意見・ご感想・ご質問はコメント欄よりお寄せ下さい。
また、コメントを投稿される際は、記事【改めて、ご覧の皆様へのお願いと連絡事項】をご覧下さい。

9 件のコメント:

  1. 明けましておめでとうございます。
    昨年の〝榊に結わえられていたもの”に初めて投稿した者です。
    昨年から日本人として目覚めたのですが、身近には夫以外は無理解です。
    子供に至ってはネトウヨ呼ばわりです・・・いつかその内に私の言うことも理解してくれるものと期待していますが、かく言う私自身も父の言っていた意味を最近解るようになったので、気長に待つつもりです。
    そういう意味でも日本の神様がおっしゃる「色々なものに縛られて、思うように動けない」というのを実感しています。しかし、神様からのバトンは渡されています。今後の選択を誤らぬよう、今年の選挙は日本人としての意思を表明するものになると信じています。

    返信削除
    返信
    1. とんちゃん様

      あけましておめでとうございます。
      「色々なものに縛られて、思うように動けない」のですが、思い切ってバッサリ断ち切らないと、縛られているものによる悪影響が酷くなります。
      かといって、断ち切るポイントを誤ってしまうと、かえって自分の足場を傷つけてしまいます。
      なかなか難しい選択となりますが、まずは断ち切るポイントを慎重に見極めたいですね。

      削除
  2. 初めてコメントします。
    管理人様は「余命3年時事日記」の名をお聞きになった事はないですか?
    法律の不備などに対する要望を、集団で官邸メールすると言う事をやっています。
    国籍条項や在日特権、日弁連など多岐に渡ってです。
    幅広い国民の後押しで、悪しきものを断ち切りやすくなるかと思います。

    ミラーサイトの官邸メールはこちら
    https://quasi-stellar.appspot.com/kanteiForm.html

    「余命3年時事日記」はこちらです。
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/

    建て替えなおしに間に合うように、もっと多くの日本人が気付いてくれる事を願っています。

    返信削除
    返信
    1. 微子様

      ご紹介のサイトは、以前投稿した記事【『ヨハネの黙示録』に託されたメッセージ(その1)】のコメント欄にて、読者の方が言及しています。
      法律の不備や社会問題の改善を政府に要望する試みは大変結構なのですが、表面化した問題にその都度対応していても、その対応が新たな問題の原因になる場合もあります。
      以前投稿した記事【国民や政府はこれからの日本をどの様にしたいのか?[小ネタ]】で述べているように、今後の日本が目指す目標を明確にした上で、個別の様々な問題に対処する際にも、最終目標に集束する方向で解決策を模索する事によって、新たな問題が発生する可能性を抑止できますので、参考にされてはいかがでしょうか。

      官邸メールのサイトも拝見しましたが、これはちょっと…どうでしょうか。
      首相官邸に意見を自動送信する仕組みを作る事によって、より多くの人が手軽により多くの意見を送った方がよいと考えたのでしょう。
      ところがこの仕組みでは、官邸に意見を送る人が、必ずしもその意見について十分な知識がなく、自分でその意見が適切であるか否かを十分に検討していなくても、ワンクリックで意見が送れてしまいます。
      実は、その様な意見を送る以前に、より多くの人が問題意識を共有する必要があって、それが問題であるか否かを判断する為に必要な知識を蓄える必要があるのですが、ワンクリックで意見を送信できる手軽さが、その様な過程を省略してしまいかねません。
      やはり『銀の紐』では以前より、「何事も鵜呑みにしないで、自分で考えて判断しましょう」と述べてきましたので、手軽に意見を送信できる仕組みが、「鵜呑みにしないで考える」作業を軽視してしまう懸念を重く見ます。

      削除
  3. 管理人様。
    お返事有難うございます。
    余命記事についての説明をどこかで読んだ気はしていたのですが、思い出せませんでした。教えていただいて感謝します。

    官邸メールについては大体一通り読んでわかったつもりで送ってましたが、有志によっていつの間にか増えていたものについてはあまり内容について深く考えていませんでした。
    日本はこれから海外の在留邦人を自分で助けに行けるようになり、侵入者は排除出来るようになり、世界に対して日本なりの価値観をスタンダードとして示して行けるようになればいいなと思います。
    個々の事象については正直難しい内容が多く、管理人さんのおっしゃる通り「自分の頭で考え、知識を蓄える」過程を省略しがちでした。
    関心を持って知る過程を、もっと大切にせよと言う事でしょうか。
    日本の置かれている現状に気付いてようやく2年程です。急激に変化する世界情勢に少し焦りもあったかも知れません。
    今は歴史を中心に少しずつ知識を得ているところです。
    霊界の方がおっしゃる「最終目標に収束する方向で考える」とは、自分にとってまだ雲をつかむような感じですが、考えてみたいと思います。
    今の自分なりに出来る事をと思ってはいるのですが、難しいですね。

    返信削除
    返信
    1. 微子様

      >関心を持って知る過程を、もっと大切にせよと言う事でしょうか。

      仰る通りです。
      他人の意見を参考にするのは良いのですが、その意見に同意するか否かの判断は、自分自身の責任で行うという事です。

      また、「世界に対して日本なりの価値観をスタンダードとして示して」行くのはいかがでしょうか。
      かつての日本は価値観の無理強いを行って失敗しましたし、今は逆に日本が価値観の無理強いを受けていて、こちらも失敗が明らかになっていますので、そういった過去の歴史と現在の経験に学ぶ賢明さを身につけましょう。
      価値観を共有する相手と協力すると、単独では為し得ない大きな成果が得られますし、価値観の異なる者とは距離を置く事によって、双方の間に生じる摩擦を最小限に抑えられます。
      世界を一つの価値観で染め上げるよりも、幾つもの異なる価値観が共存できる道を探りましょう。

      削除
    2. 管理人様

      結果を性急に求めないように気を付けないといけないですね。

      >また、「世界に対して日本なりの価値観をスタンダードとして示して」行くのはいかがでしょうか。

      価値観の無理強いは自覚のないままにやってしまう事があるんですね。気を付けます。
      確かに考え方は色々なものがあった方が健全です。
      日本もこれから価値観の異なる国とは距離を置いて、共通点の多い国と協力して行けるようになるといいですね。

      有難うございました。

      削除
  4. 日本の安定を揺るがす者との繋がりを断ち切る、とあります。
    霊的な働きかけとして、そのような者達との縁を日本から断ち切るのですね。
    日本の安定を揺るがす者とは、主に外国人を指しているようですね。
    外国人というと在日外国人の割合からして近隣国の外国人に目が行きがちです。
    しがらみという言葉と重視して考えるなら、そのような理解で差し支えなさそうです。
    ですが、割合の差こそあれ、今の日本へは多様な国から外国人が来日して在住しております。
    常識の異なる国々から来た彼らは、意識的であれ無意識的であれ、日本社会の秩序を乱す大小の行為を犯してしまっています。
    「日本の安定を揺るがす者」とは、特定国に向けられたもののみを指すのではなく、日本社会を乱す不逞外国人一般に向けられたものなのでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. 匿名様

      日本の安定を揺るがす者とは、外国人だけではなく、日本国民であっても混乱の原因となったり、反社会的活動を行う者が当て嵌まると考えています。
      『銀の紐』掲載記事【神の一手(その2)】で、今後日本で生活することを許されない人が対象になります。
      そして、実際に彼らを日本から退去させるために、記事【収穫の時が来た】の様な働きかけが始まっています。

      削除