2018年1月15日月曜日

[検証]夢の中まで追いかけてみた

少々遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

現在霊媒Mが活動休止中ですので、昨年末の記事で述べたように、管理人による過去記事の検証を進めて参ります。
今回は検証シリーズ第一弾として、匿名様のご希望により、記事【夢の中まで追いかけて[小ネタ]】を取り上げます。
元記事を未読の方は、先に元記事をご覧下さい。





■ 霊媒が追いかけた女性とは?

この夢の中で、霊媒はとある女性の後を追いかけています。
この時、霊媒は「あと五分くらいで地震が来る」と認識していて、わざわざ震源地と思われる方向へ走って行く女性を引き止めようとしたのですが、女性は「子供の様子が心配だから」と、霊媒の声を無視します。
女性は狭くて薄暗くて壊れかけた通路から朝鮮半島に渡り、更に断崖絶壁のように立ち塞がる国境を越えて、その先に向かいました。

この女性の行動を見ると、幾つか不可解な点があることに気がつきます。

  1. この女性は日本から朝鮮半島を通って、その向こう側の境界線を越えて行きましたが、何故その様なルートを辿ったのでしょうか。
  2. この女性が日本から朝鮮半島へ渡る際に、正規のルートと思われる整備された道を通るのではなくて、わざわざ狭くて朽ちかけた未整備の道を通ったのでしょうか。
    また、どうしてその道を知っていたのでしょうか。
  3. この女性は「子供の様子が心配だから」と話しているので、子供の元へ向かったと想像できますが、この親子が日本と朝鮮半島の向こう側に分かれて暮らしていたのは何故でしょうか。

まず、この女性は、日本から朝鮮半島を縦断して、反対側の境界線を越えてその先へ向かいました。
地図を見ると、北朝鮮の北部は中国とロシアと国境を接していますが、その大半は中国と接しています。
そして、国境の中国側には、吉林省の延辺朝鮮族自治州があるなど、一定数の朝鮮系住民が暮らしていますが、ロシア側の国境付近では、スターリンの時代に中央アジアへの強制移住が行われており、北朝鮮との国境付近に朝鮮系の住民は殆どいないようです。
ですから、この女性が向かった先、この女性の子供がいると思われる場所は、北朝鮮と中国との国境付近の朝鮮族自治区界隈である可能性が高いと思います。

次に、この女性が延辺朝鮮族自治州辺りへ向かったとしたら、何故朝鮮半島経由で向かったのでしょうか。
ご存じのように、北朝鮮の核開発・ミサイル開発とそれに伴った度重なる挑発行動に対して、国連安保理において制裁決議が為されており、日本も制裁措置を実施しています。
そして中国も、実効性はともかくとしても制裁措置を実施していると述べており、それに伴って中国国内の北朝鮮人労働者が解雇され、母国への退去を迫られている旨の報道もありました。
また昨年末頃には、中国と北朝鮮の国境付近に中国人民解放軍の部隊が動員され、緊急時にはいつでも国境を封鎖できる準備を整えている旨の報道もありましたので、それ以前と比べて中朝国境の通過は困難になっていると見ていいでしょう。

更に、日本からわざわざ朝鮮半島を経由して中国領内へ入るなら、日本から直接渡航した方が早くて安全だと思うのですが、この女性は正規の手段で日本から出国できないのでしょう。
朝鮮半島へ渡る際にも、あえて整備された正規のルートを避けて、非正規と思われる細くて薄暗く、壊れかかった裏道を通っているのですから。
そして、この女性が非正規ルートを知っていたのも、最初に日本へ入国する際にこのルートを使ったからで、密入国であるからこそ正規ルートで日本から出国するにも制限がかかると考えると、辻褄が合うのではないでしょうか。
今の日本でそれらの条件に当て嵌まる者は、特別永住者の在日朝鮮人くらいでしょうね。

では、何故この女性の親子は、日本と中国領内で離ればなれの生活を送っていたのでしょうか。
元記事から、その辺の事情を推測することはできません。
その他にも、朝鮮半島に建っていた学校から何が読み取れるか、とか、南北に分断されている朝鮮半島を一体として示しているのは何故か、など、気になるけれど現時点でははっきりしない要素が幾つかありますが、その辺はいずれ判明することを期待しつつ、観察を続けましょう。





今回は、過去記事検証シリーズの第一弾として、コメント欄にお寄せいただいたご要望に応えましたが、いかがでしたでしょうか。
『銀の紐』には、今後の行く末について述べた記事がありますが、今回の元記事も一部現状に符合する部分はあるものの、現在進行中で不確定な部分が多々含まれており、とても検証できる段階ではありませんので、ご覧のように中途半端な内容になってしまいました。
ですので、こちらの元記事については、更に事態が進行してから、改めて全体の流れを検証することになると思います。
今はまだ時期尚早ということで、ご了承願います。

同じく、ご要望にあった記事【炎に包まれた人々】【収穫の時が来た】についても、日本から退去しなくてはならない人たちが日本から立ち去る動きが目立つようになってから、ようやく検証を始める条件が整うと見ていますので、検証するには時期尚早ということで、よろしくお願いします。

引き続き、検証をご希望の過去記事がありましたら、コメント欄からお知らせください。
できるだけ皆様のご希望に沿いたいとは思いますが、検証できる段階にない記事については保留とする場合もありますので、その点はご了承ください。

Silvercord管理人 





上記記事の内容についてのご意見・ご感想・ご質問はコメント欄よりお寄せ下さい。
また、コメントを投稿される際は、記事【改めて、ご覧の皆様へのお願いと連絡事項】をご覧下さい。

7 件のコメント:

なお さんのコメント...

今日和。
過去記事検証ありがとうございます。


もしかすると、
五輪を契機として北主導の南北統一……となるのでしょうか。
最近、半島旗なるものを使った北朝鮮側の五輪PR動画をみて、
これはもしかして、時が近いのかな?……と思いました。
https://twitter.com/kohyu1952/status/954066391857967104

統一後なら、朝鮮半島内は南から北まで素通りできそうです……。


正規ルートでないルートを使う女性……
正規ルートが使えないからとすると、
密入国で日本に来ていた人か、
観光ビザできたのに帰国せずに日本に違法滞在・就労してた人、
かな?と思います。

闇組織の仲介によって日本に来ていた可能性も……?


組織、ということで気になってちょっとググってみましたが、
北朝鮮と中国の国境あたりでは、朝鮮幇という
http://www.news-postseven.com/archives/20170928_610685.html
武器や物資の密輸を行うマフィアがあるそうです。

北朝鮮がらみなので、
もしかしたら麻薬や買春・人身売買なども扱っているとすれば、
件の女性は、そういう経緯で日本に来ていた可能性もあるでしょうか……。

匿名 さんのコメント...

こんばんは。
地震の震源地の方へ走って行くというのは、半島で地震があるのですね。
北朝鮮の地下核実験由来かもしれない地震が中国との国境付近で、昨年あったようですが、もっと大規模な地震があるのかもしれませんね。
女の人は工作員として日本入国して居る人で、子供が人質のようになっているとも考えられるのでは?

匿名 さんのコメント...

検証記事、待ってました。
遅れましたが管理人様、あけましておめでとうございます。
今年は半島がいよいよ五輪と驚天動地の始まりの年だと思いますので曇りなき眼で現実を見つめたいものです。


結局「夢の中まで追いかけて」は朝鮮半島が消し炭に還る入り口なのでしょう。
しかし追いかける事は解りますがなぜ「夢の中」なのでしょうか。
日本と米国の過剰ともいえる援助や配慮で嵩上げされている現状を「夢」と表現したのでしょうか?
霊媒Mさんがみた三つのイメージ(その3)の様に半島が朝鮮戦争時の消し炭に戻る事は確定しているのでしょうが、
どれくらいの時間がかかるのかが解りませんね。これから100年近くんも時間をかけて行われる出来事なのかな。
私個人の意見は半島が北主導でも支那主導でも何でもいいので在日朝鮮人もまとめて送り返したいものです。
ただの移民が嘘の歴史で権利を居丈高に要求するなんてもってのほかです。
そして対馬と玄界灘が共産勢力との最前線になった方が日本は芯を取り戻すのでは?
好い加減平和ボケの時期は終わったと信じたいのですが・・・。

Silvercord管理人 さんのコメント...

なお様

朝鮮半島の南北統一にむけた動きは、韓国の金大中・盧武鉉大統領の時代に行われた「太陽政策」で既に表面化しておりました。
金大中大統領は、北朝鮮の金正日総書記と首脳会談を実現し、それによりノーベル平和賞を受賞しています。
次の盧武鉉大統領は、韓国軍の戦時作戦統制権を米韓連合司令部(司令官は米軍)から、韓国軍に移管する為の手続きを開始し、一旦は2015年12月1日付けで戦時作戦統制権を移管する事になりました。
しかし、朴槿恵政権の2014年10月に、戦時作戦統制権の移管時期を延期する旨の再交渉が行われ、今は2020年代中頃を目処として戦時作戦統制権を移管する事となっています。

この様に、金大中・盧武鉉大統領は、南北統一とそれに伴う離米を推進しており、朴槿恵大統領の時にその動きを抑えようと時間稼ぎをしたけれども、次の文在寅大統領が再び南北統一とそれに伴う離米に舵を切ろうとしているというのが、管理人の現状認識です。

さて、この度の韓国五輪を契機に南北統一となるか、というと、五輪はあくまで国際的なスポーツイベントですので、南北統一に直結はしないでしょう。
ただし、韓国国内で南北統一の機運を高める道具の一つとして利用されて、その後もっと決定的な事態へと繋がるきっかけの一つになる可能性はあるでしょうが、そうなるかどうかは文在寅大統領の手腕にかかってくるのではないでしょうか。

Silvercord管理人 さんのコメント...

匿名様

地震については元記事に書いてあるのですが、「文字通りの地震ではなく、「地震で大地が揺れるように、物事が大きく動く」意味」と見ています。

Silvercord管理人 さんのコメント...

匿名様

何故夢なのかというと、元記事が「霊媒Mが見た夢」について述べているからです。
その夢の物語を「辻褄の合わない妄想の類い」と切って捨ててしまうか、その物語に現在の社会情勢との相関を見て、その物語に隠された何らかの意味合いを見いだそうとするのかは、ご覧の皆様の受け取り方次第です。
この元記事についての検証を希望された方は、この夢の物語の中に、現在進行中の出来事との相関を見いだしたので、より詳しく内容を検証する事に意味があると考えたのではないでしょうか。

なお さんのコメント...

管理人様、丁寧なお返事をありがとうございます。

>南北統一にむけた動きは、韓国の金大中・盧武鉉大統領の時代に行われた「太陽政策」で既に表面化しておりました。

あっ……!
そんなに昔から、すでに”その流れ”と、いう事だったのですね?

金大中・盧武鉉大統領の時代というと、
1998年~ 2008年はじめあたりですね……
ものごとのなりゆきは、とても長期スパンでみるべきものなのですね……
勉強になります。

銀の紐サイト内の、盧武鉉氏関連の記事も改めて見直しますね。ありがとうございます。