2011年10月24日月曜日

今の日本はリーダーが不在

今回は、記事【日本としてのまとまりが無いので成果を得られない】のコメント欄にお寄せ頂いた匿名様の質問について、霊界の住人の皆様の回答が届いておりますので、ご紹介したいと思います。





■ 匿名様の質問

英霊の皆様、お話頂きありがとうございます。
ところで、日本国民全員が同じ意識になって纏まる、と言う事はありえないですよね。日本国民がかなり纏まったのは東日本大震災の直後だったと思いますが、この纏まりがあっても、目に見えて成果が出たのかな、と考えた時にその結果に今は疑問を持ちざるを得ません。

復興しようと言う同じ思いで纏まったとしても、その方向性までは同じではないので、ある人は脱原発の方に意識が行き、ある人は被災地の復興と言いながらそれ以上の事をやろうとして未来志向過ぎる復興を望み、復興と言う一つの事だけでも纏まる事が出来ません。

そこでご質問してもよろしいでしょうか?
今、日本は霊界の方から見てどのくらい纏まっているのでしょうか?そして、どのくらい纏まれば成果を出す事が出来るのでしょうか?






■ 霊界の住人の皆様の回答

お返事が遅くなってしまい、大変申し訳ございませんでした。
それでは、早速お返事をさせていただきたいと思います。

あなたが仰っておられるように、国民全員が全く同じ意識になるという事は出来ません。
震災直後は皆様の気持ちもかなり纏まっていたと思いますが、大規模な災害でしたし、復興を遂げるためには長い時間が必要なことでしょう。
とはいえ、復興が終わるまで生活を止めるなどという事は出来ませんから、被災者の皆様の生活を一日も早く安定させる必要があります。
どんなに力を尽くしたとしても個々人で出来る活動には限りがありますし、復興ペースも遅くなってしまいます。
人は限界が見えてきた時に気持ちが挫けそうになってしまいますから、それら個々人の力を纏め、強力にサポートできる存在が必要です。
国民の意識をある程度纏めるためには、やはり政府が具体的な政策を示す必要があるでしょう。
今の政府の様子を観察しておりますと、あまり有効に機能していないように思われます。
これでは、せっかく日本には実力があったとしても、その力を存分に発揮する事は出来ません。
今の日本はリーダーシップを存分に発揮すべき時であるにもかかわらず、肝心のリーダー自体が不在状態なのです。
国のリーダーとして相応しい人物をトップに据える必要があるでしょう。

復興に際しての方針が纏まらないのは、情報不足が一番の原因であると思われます。
情報が充分に発信されていないために、一体何が問題で、何を最優先すべきなのかが分からないのです。
やはり、より正確な情報発信は必要不可欠でしょう。
福島第一原発の事態収束に向けた取り組みは復興事業であると思いますが、脱原発は復興事業ではなくエネルギー政策の一選択肢に他なりません。
脱原発が復興に繋がると思っている方がおられるとしたら、情報の混乱から最優先すべき事柄が理解できていない証拠かもしれませんね。
より正確な情報発信がされている事が、やはり一番大切な事だと思います。
そして、国のリーダーがきちんと具体的な復興計画を国民へ示す事が大変重要です。
有権者の内の最低でも三割の方が自らの意思でリーダーを支える事で、どっちつかずの方々も関心を持ち始めることでしょう。
三割以上の人数を集めて形だけ装っても全く意味がありませんから、心から国民に支持されるリーダーが必要になります。
ですから、復興を一日も早く実現するためには、最低でも三割の有権者が支えたいと思えるリーダーに交代する事が必要かもしれませんね。
復興のために協力しようと思っている国民は少なからずおられるのですから、それら国民の思いを纏め、具体的な方向性を示せるリーダーが今一番求められていると言えるでしょう。

(2011年10月24日)





霊界の住人の皆様の回答には「今の日本はリーダー不在である」とありますが、リーダーがリーダーシップを発揮することを、必ずしも好ましく思わない日本国民が少なからず存在するという実態に目を向ける必要があります。
日本のリーダーに相応しい人物を追い落とし、リーダーにしてはならない人物に国を委ねてしまう、愚かな選択を繰り返してきた結果が日本の現状を招いております。
ですから、リーダーが求められるのはもちろんですが、日本を束ねるリーダーとしての資質を持つ人物を見極め、その人物にきちんとリーダーの役割を委ねて、彼の活動を下支えすることの出来る賢い国民こそが、今最も求められるのではないかと思います。

Silvercord管理人 





10月24日現在回答待ちの質問

ご覧の皆様からお寄せ頂いた質問のうち、以下のものについては回答待ちとさせて頂いております。
中には長期間お待たせしている質問もございますが、只今順次回答しておりますので、今しばらくお待ち下さい。

4 件のコメント:

  1. 質問者です。
    お答え頂き、ありがとうございました。
    実は昨日の朝この記事を読ませて頂いたのですが、内容が多いので考えをまとめるのに時間が掛かりそうです。
    ひとまず、お礼のコメントを残させていただき、後ほど改めてコメントさせて頂ければ、と思います。

    返信削除
  2. 今回のトピックを拝見して、質問したいことがあります。

    それは来月の大阪知事・市長W選挙のことです。
    この選挙もいわば、リーダーを決める選挙です。
    総理大臣は間接的ですが、地方選挙は直接選べて、
    主権者の意思がそのまま反映されるという点があります。
    私は大阪の人間ではありませんが、関西に住んでいる身としては気になるところです。

    でも、選挙の争点が「大阪都構想」に集中しそうで、
    他にも財政のことも争点してもいいような気がします。

    そこで、質問です。
    霊の皆さんは、今回のW選挙に関する感想を聞きたいです。

    私はあまり平松さんは役人のイエスマンというかんじで好きになれません。
    まぁ、橋下さんも強引なところはありますが…
    いい加減、2人の言い争いは飽き飽きしているのも本音です。
    実のある論戦を望みます。

    返信削除
  3. cosmisty様

    質問を承りましたが、回答をお待ち頂いている質問から順番に回答して参りますので、しばらくお待ち下さい。

    返信削除
  4. 質問者です。
    お答えを頂いてから、いろいろと考えてみました。
    日本国民3割以上が支えようと思えるリーダーが今この時にいるのかどうかが問題という事ですが、その前に、3割以上が今の時に危機感を感じ、どのようにすれば良いのかを真剣に考え、自分自身で情報を集める努力をしなければならないと感じます。
    まず、危機感を感じている国民が3割いるでしょうか?目安の一つとして、自民党の支持率が考えられるかと思います。もちろん、反民主党の割合でも良いと思いますが、積極的に国会議員を動かそう、支えよう、としている割合がどれくらいいるのか考えると、まだまだのような気がします。
    また、震災からの復興を考えた時に、私はTPPに反対ですが、TPP反対の割合も目安の一つになるかな、と思います。
    しかしTPP参加アンケート等を見ると、賛成の方が多いようで、正直がっかりしてしまいます。
    自民党支持率も相変わらず低いし、TPPもマスコミが賛成の報道をし、多くの国民がマスコミの報道をそのまま信じている現実に、いつになったら3割以上が支える事の出来るリーダーが登場するのだろうか、と落ち込みそうです。
    とにかく、正しい情報を個人からも発信するように努力をしたいと思います。
    お答え頂き、本当にありがとうございました。

    返信削除