2011年10月28日金曜日

国民と天皇の心の繋がりは深い

今回は、記事【日本の偏りと中国の偏り】のコメント欄にお寄せ頂いたたらこ様の質問について、霊界の住人の皆様の回答が届いておりますので、ご紹介したいと思います。





■ たらこ様の質問

NHKが来年の大河ドラマ『平清盛』のサイトにて、皇室を王家と記載しています。
NHKの言い分は、花園上皇の日記に「王家」と書いてあったため平安時代後期までは皇室=王家だと主張する研究家の意見を取り上げたということだそうです。
当時の王家と現代の王家とは意味合いが違うし、NHKお得意のすり替えで皇室を貶める意図があるような気がしてなりません。
NHKが反日なのは今に始まったことではないですが、それに対する国民の意識も低いのではないかと感じています。ほとんどの日本人は皇室が王家と書いてあろうが気にしないし、皇室があってもなくても自分には関係ないと考えているのではないでしょうか?結局、それがマスコミの堕落に拍車をかけているように思えるのです。
戦後の日本人にとって、皇室という存在は、それ以前の日本人ほどに敬う対象でも、心に占める割合が大きいものではなくなってしまったのではないでしょうか?
天皇陛下が祭祀をつかさどるというこを知らない人も多いです。
このサイトでは、天皇の役割について述べておられますが、ほとんどの日本人が、皇室への敬意と愛情を失ってしまった現状でも、それは機能するものなのでしょうか?
それとも、日本人の心の奥底には、皇室との繋がりが今でもきちんとあるのでしょうか。
霊界の皆様は、その点についてどうお考えでしょうか?
もし宜しければ、コメントをいただけたら嬉しいです。
どうぞ宣しくお願い致します。





■ 霊界の住人の皆様の回答

天皇の役割では、国民との心の繋がりだけでは推し量れない部分にも作用するものを取り扱っているので、人間達を取り巻く環境が大きな変化でもしない限り、きちんと機能し続けることでしょう。
災害時などに被災地へご訪問しておられる様子を観察していると良く分かると思いますが、国民と天皇の心の繋がりはとても深いものであるように思います。
あなたが仰っておられるように、普段は無関心な方もおられるでしょう。
それでも皇室への敬意と愛情は完全には失われておらず、心の奥底ではきちんと繋がりがあると思われます。
いつでも変わらず存在しておられるから、「自分が心配しなくても何も変わることは無いだろう」という、無意識下での安心感が人々を無関心にさせているものと思われます。
手の内にあるうちは関心を寄せる事も無く、いざ失われそうになると急に心配になり、現状を維持しようと努める姿は、日常生活の中でも観察する事が出来ると思います。
「いつもと変わることは無いだろう」という、根拠の曖昧な思いに囚われている場合に人は無関心になるものです。
自らの手で守らなければ失われる可能性もあるのだという事を自覚すれば、何時までも無関心ではいられなくなると思われます。
今現在きちんと自覚できていない方が大勢おられると思うのでしたら、今後は自覚して大切に守れる方が増えるようにすれば良いのです。
中には、ご自身の生活に追われ、それどころでは無いという方もおられると思いますが、日本が安定する事で国民の暮らしも安定してくれば、自然に周囲へ気を配れるようになり、様々な事柄に関心を持ち始めると思います。
ですから、日本が一日も早く安定できるよう、各々できる事に努めるのも大変重要な事だと思います。
それと同時に、生活がある程度安定して、無関心であった方々が周囲へ関心を持ち始めたときに、きちんと正しい情報がそれらの人々に届けられるように環境を整えておく事も大切な作業であると思われます。
そのために今できる事を考え、未来へ繋げる方法を模索してみましょう。
日本という国を語るとき、天皇の存在は決してはずす事のできない、本当に日本にとって重要な存在(霊的な役割を考えれば、世界にとっても重要な存在であるといえます)なのです。
ですから、日本において天皇とは一体どのような存在であるのかという事を、きちんと教育できる環境を整えた方が良いと思います。
いつの時代でも必ず一定数は否定派が存在しているものですが、それらの方々の意識を変える事は難しいので、天皇を大切に思える仲間を増やす事で守ってゆきましょう。

(2011年10月27日)





マスメディアについては、これまでにも記事【メディアをコントロールしたい心理】や、記事【日本のマスコミは自らの首を絞めている】、それから【鄧小平霊がマスメディアの問題について語る(その1)】【鄧小平霊がマスメディアの問題について語る(その2)】【鄧小平霊がマスメディアの問題について語る(その3)】など度々取り上げておりますので、未見の方は併せて参考にして頂ければと思います。

Silvercord管理人 





10月28日現在回答待ちの質問

ご覧の皆様からお寄せ頂いた質問のうち、以下のものについては回答待ちとさせて頂いております。
中には長期間お待たせしている質問もございますが、只今順次回答しておりますので、今しばらくお待ち下さい。

1 件のコメント:

  1. 連投でお答えくださってありがとうございました。
    心の奥底では繋がりがあるとお聞きして少し安心しました。
    周囲にNHKのことを訴えても無関心な人たちが多く、悔しく情けない思いをしていました。
    無関心の人たちにいかに伝えていくかが課題ですね。
    なかなか、それが一番難しいです。

    返信削除