2010年11月23日火曜日

改めまして、霊媒から皆様へご説明とお願い

今回は、霊媒Mから当Blogをご覧の皆様へのご説明とお願いがあるとの事ですので、ご紹介したいと思います。





■ 霊媒Mからご覧の皆様へ

以前にも何度もご説明させていただいておりますが、私が霊界の通信を受ける方法は身体に霊を憑依させるのとは異なっており、私の精神に直接霊が働かけて意思を伝えてくるというものです。
それら霊からの意思を言葉に置き換える作業は私自身がしていることなので、私が知らない事柄に関してはいくら霊が働きかけていても言葉に置き換える事ができません。
ですから、証明の為に科学的な知識や数学的な知識、あるいは語学力などの専門知識を示せと言われても、到底言葉に置き換えることなどできませんし、その様な無理難題を突きつけられても困り果てるばかりです。
それを可能にするためには、私自身が超人的な記憶力を持ち合わせ、あらゆる分野においての専門知識を有し、尚且つそれらの知識について理解している必要があるので、それこそ人間の枠を超える作業を要求されている事になるのです。
私が個人として持つ能力以上の事を要求されても、発揮する事は出来ません。
私は超人でもなければ、神様でもありません。
私が持つ知識を越える何かを受け止め、この世界の言葉に置き換えるのは至難のわざと言えるのです。
未知の知識に関しては、この世界の事象に代替して例える事ができるもので、私がある程度その代替知識を有している事柄などに関しては伝わってくるという具合に、とても限定されたものとなってしまうのです。
霊から伝わってくるご意思を一言一句違わず表現する事など到底不可能な事なのです。
だからこそ、常に表現は曖昧で不明瞭なものになりますし、どちらかと言えば人間の精神に訴えかけるような内容のものが中心となってしまいます。
私が通信霊本人に成り代わる事は出来ませんし、通信霊が有している知識をそのまま共有する事もできません。
通信霊が私の持つ知識を考慮して通信内容を考えて伝えてくるので、私が持つ知識を通信霊が共有しているのはごく自然な事なのですが、その逆はとてもできるものではありません。
霊界通信はとても不安定で複雑なものなので、いくら完璧を求められても不可能なのです。
上手くチューニングされていないノイズ交じりのラジオの音声を想像していただくと、霊界通信の不安定さをイメージし易いかもしれません。
その様な状態だとノイズが邪魔をして所々音が聞こえなかったり、時には途切れてしまったりと、とても不安定で何を話しているのか聞き取りにくいですよね。
霊界通信はかなりノイズが酷いラジオの音声を聴いているようなものです。
途切れ途切れに伝わってくる単語を拾い集め、繋ぎ合わせて意味のある言葉として理解する作業は少々骨が折れます。
性能があまりよくないラジオである未熟な私が、不安定で微弱な電波である霊界通信を受けて音を発しているのですから、明瞭な音を発することができなくても、そこのところはご容赦願いたいのです。
私はごく普通の人間であり、完成された完璧な存在ではありません。
当然、失敗も間違えることもあります。
だからこそ、皆様には常々「鵜呑みにしないでご自分で考えて判断をしていただきたい」とお願いしているのです。
私にできるのは精々「誰某と名乗る霊が~と語っている」といった程度のものであり、これは間違いなく誰某からの言葉であり、語られる言葉には何一つ間違いは無いとは断言出来ませんし、その言葉を証明する材料を何一つ提示することは出来ません。
扱うテーマや通信霊によっても通信の安定性が変化してしまいますし、私自身の体調などにも影響されますから、通信の確実性を求められても困ってしまいます。
胡散臭いし怪しいと思われるのであれば、それはそれで構わないと思いますし、聞くに値しないと思えば捨て置いていただいても皆様が困るような事は何一つ無いような知識です。
それこそ、通信に対してどのように判断されるのかは皆様のご自由ですから、例えどのような判断を下されたとしても私が異を唱えるような性質のものではございません。
私の役目は一つの知識として霊のご意思を紹介するというものでありますから、疑わしいと思うのであれば無理に気にかける必要のないものだと思います。
皆様が日々生活される中で何かの参考になることもあればとの思いから、様々な霊の思いを言葉に置き換えてお伝えさせていただいております。
この世界で客観性や信憑性を示すものは何も無く、その存在自体が曖昧で不明瞭な者達からの言葉である上に、私自身とても未熟で不完全な存在であるために、必然的に通信内容も曖昧かつ不明瞭なものとなってしまいますので、そこのところを良くご理解いただいた上で霊界通信をお読みいただけるととても助かります。
それから、これは私個人の考えなのですが、霊界通信というのは数値や物証のような間違える事の無い確かな答えを求めるのという目的での利用には不向きであると思います。
どちらかと言うと、気持ちを整理したり、複数の選択肢の中で迷って決断できない時に方向性を決める参考にするといったような利用の仕方が向いていると思います。
中には明確な答を示す事を得意としておられる霊能力者の方もおられるかもしれませんので一概には言えないのですが、霊界通信には主に心の安定や気力の充実などに役立つ知識や知恵が多く含まれていると思います。
誰の目にも明らかなものが提示できるのであればそれに越した事は無いのかもしれませんが、どのようなものにも得手不得手があると思いますので、少なくとも私が発揮している霊媒能力ではある特定の対象について明確な答えを求めるのは難しいことのように思います。
以上のような事情がございまして、出来る限りお応えしたいと思いつつも、必ずしも皆様のご希望に添う事ができませんので、大変申し訳ございませんが場合によってはご質問にお答えする事ができずにお断りする事もあると思いますし、これまでも実際にお断りした事があります。
勝手を言うようで大変申し訳ないのですが、これらの事情を踏まえた上でご質問いただけると助かります。
どうぞよろしくお願いいたします。

過去にご質問をいただいた方でまだお返事がないという場合もあるかと思われますが、通信霊の都合ではなく私たちの手落ちでお返事をしていない場合もありますので、もし忘れられていると思われましたら、再度ご質問をいただくか、もしくはお返事をいただきたい旨をお伝えいただけると助かります。
通信霊の都合でお時間をいただく場合はその様にお返事いたしますし、お答えできる事柄に関してはできるだけ早くお返事をしたいと思います。
お返事できないものである場合は、きちんとその様にお伝えさせていただきます。
こちらでも注意して抜けが無いように確認するようにしているのですが、見逃してしまう場合もございます。
皆様にお手間を取らせてしまう事になり大変申し訳ないのですが、もしもまだお返事をいただきたいとの思いがおありでしたら、お知らせいただけると助かります。

(2010年11月22日)





霊媒Mがこちらで述べている点については、以前投稿した記事【霊媒から皆様へ】【霊媒より皆様へ(その2)】にて既に述べておりますが、説明が足りていないと感じる部分があるようです。
また、最近になって当Blogの読者となられた方も居られるようですので、改めてご説明したいとの意図があるのでしょう。
既に『霊界通信との付き合い方』を十分にご理解されている方にとっては、改めて度々述べるまでもない事柄であるとは思いますが、霊界通信を私たちの日常生活で活かすためには欠かせませんので、おつきあい頂ければと思います。

さて、霊媒が述べておりますが、これまでに皆様からお寄せ頂いた質問やご要望について、回答できるものについては全て回答し、また対応できないものについては理由を添えてお断りして参りました。
しかし、中にはお寄せ頂いた質問を見落としてしまっている場合もあると思いますので、ご覧の皆様の中で「以前投稿した記事のコメント欄から質問したが回答がない」方が居られましたら、下のコメント欄からお知らせ下さい。

【Silverocord】管理人 





11月23日現在回答待ちの質問

下記のご質問につきましては、回答に時間が掛かっておりますので、しばらくお待ち下さい。

6 件のコメント:

eva さんのコメント...

はじめまして。

何故か、今日急にこのブログに出会いました(出会わされました 笑)。
霊媒Mさんのおっしゃっていることは、まさにその通りだと思います。正しく通信を受けることができるよう、日々心の曇りを取り払い、学びを深め努力精進されていらっしゃるんですね。これは大変なことです。

国難の兆しが見えてきたので、昨年より日本霊界も準備体制に入り、今年に入ってからは霊界の門も広く開かれ始めたようでいろいろな形で通信を受け取る方も増えてきたのではないでしょうか。中国と朝鮮半島と危うい関係にある昨今ですが、日本と大陸を交互に転生している人も多いので単に相手を責めるだけではなく、双方の未来にとってより良い結果がもたらされる様、厳しさの中にも愛を忘れない(憎悪を持たない)という視点で臨みたいものです。

匿名 さんのコメント...

今日大和神社に行ってきました。奈良に住みながら管理人さんに教えてもらうまでこちらの事を知りませんでした。
神様にこれからも管理人さんと霊媒さんが面白い記事が書けるようにサポートお願いしてきましたよ。いつもありがとうございます。

ゆー さんのコメント...

いつもお疲れ様です。
神仏のッセージを受けようにも、受ける側の制約によって限度がある、というのは他の何かしら力を持つ方にも聞く話です。
わざわざこの世ではない場所におられる方とコンタクトを取るチャンスがあるのに、この世の知恵で何とかできることを聞くのは少し筋が違うのではないかとも思います。

以前、こちらのブログで知った神武天皇陵に行ってまいりましたが凄い場所でしたね。
傍を歩いているだけでも「冷気?」のようなものが森から吹きつけてくるのを感じました。力のある寺社でも同じような感覚がありますが、他と比べても相当な強さでした。
良いご縁が持ててありがたいことです。

近所の鎮守の神社も、氏子の方々が掃除をされているときは他の時間に比べてえらく輝いているように見えたことがあります。

これからも、神仏との御縁と自らの努力を大事にしていきたいと思います。

Silvercord manager さんのコメント...

eva様

どの様にコメントしようか迷いましたが、一点だけ述べたいと思います。
中国や朝鮮半島にお住まいの方は、これまでにご自身が蒔いた種を刈り取る時期にさしかかったと認識しております。
世の中に存在するのは自分一人ではないのですから、いつまでも身勝手な我が侭を周囲に強要し続ける事はできないのです。
さて、彼らが自ら蒔いた種を刈り取る際には、日本の姿勢も問われて参ります。
物事の流れをきちんと見極めずに、感情的に「可哀想だから」と手をさしのべても、彼らのためにはなりません。
むしろ彼らの霊的成長を阻害し、日本に対する精神的な依存心を助長させてしまいます。
ですから、彼ら中国や朝鮮半島にお住まいの方が自らの考え方や行動の意味を理解し、自ら率先して行動を改めるまでは、日本から積極的に関わるべきではないのです。
今の彼らに必要なのは、日本から精神的に自立する事です。

Silvercord manager さんのコメント...

11月23日23:14投稿の匿名様

大和神社の神様のお招きに預かったようですね。
当Blog掲載の記事を気に入って頂きまして、光栄に思います。
今後とも皆様の日常生活に生かせるヒントや、霊的知識への理解を深める際に参考となるメッセージをご紹介したいと思いますので、よろしくお願いいたします。

Silvercord manager さんのコメント...

ゆー様

霊界の住人が私たち人間との意思疎通を図るのは、明確な意図と目的があっての事です。
特にコメントで述べておられる『神武天皇』と名乗る霊は「私たち人間にとって道標となるような知識を伝えたい」と述べております。
(記事【『神武天皇』と名乗る霊の目的(その1)】
ですから、この世界について分からない事、疑問に思う事を尋ねても構わないと思います。
ただし、ただ興味本位で尋ねるだけではなく、そこで得たヒントや知識をその後のご自身の生活に活かし、役立てて行こうという姿勢が重要なのではないでしょうか。