2017年1月27日金曜日

霊媒Mがみた三つのイメージ(その3)

今回も前回に引き続いて、昨年末に霊媒Mがみた三つのイメージの第三弾を紹介します。

三つ目は朝鮮半島についてのイメージとのことです。





■ 朝鮮半島についてのイメージ

朝鮮半島の地面が大陸側よりも遥か地下深くに沈み込み、海側も海水面より遥か海中深くに沈み込み、朝鮮半島を覆い囲むように海の壁がそびえています。

それは井戸の底にいるようなもので、上を見上げると大陸側は断崖絶壁、海側は海の壁に取り囲まれていて、僅かにその真ん中に空が見えるような状態です。

朝鮮半島の人からは、周りを陸の壁と海の壁に囲まれていて、外の様子が分からないのですが、周辺国から見ると、朝鮮半島だけが遥か地下深くに沈み込んでいる様子が丸見えです。

そして朝鮮半島の地表は、一面が黒い消し炭に覆われています。

そんな様子でしたので、朝鮮半島と外部との接触は殆どありません。

時たま、大陸側の断崖絶壁の上から、地下の朝鮮半島に向かって人が転げ落ちてきて、その人が朝鮮半島を統治することになるのですが、それ以外に人の交流はありません。

朝鮮半島の人々は、天上に僅かにのぞく空を眺めながら、外の世界に対する憧れの気持ちを募らせて行きます。

そんなある時、大陸側の断崖絶壁から転げ落ちて朝鮮半島の指導者となった人が、黄海側の海の壁に向かって槍を打ち込みました。

その槍によって、朝鮮半島を囲うようにそびえていた海の壁に穴が空いて崩れ落ち、そのまま朝鮮半島は海の水に飲まれて、海底に沈んでしまいました。

(2016年12月30日)





今回のイメージと、先に紹介した二つのイメージは、同時に霊媒Mの元に伝えられていますので、相互に何らかの関わりを持っていると思われますが、詳細は不明です。
また、イメージの冒頭部分は朝鮮半島の現状とのことですが、最後がいつ頃を指しているのかはわかりません。
そういえば、以前投稿した記事【夢の中まで追いかけて[小ネタ]】では、日本から見た朝鮮半島が窪地になっている描写がありましたが、窪地でも一応周囲を見渡せる状態でした。
しかしこの記事のイメージでは、周囲を海水の壁で囲まれる「井の中の蛙」状態となっています。
この両者の違いは、時間の経過に伴って、朝鮮半島を取り巻く環境が変化したと見て良いのでしょうか。
それとも…。
ご覧の皆様は、どの様に解釈されますか。

Silvercord管理人 





上記記事の内容についてのご意見・ご感想・ご質問はコメント欄よりお寄せ下さい。
また、コメントを投稿される際は、記事【改めて、ご覧の皆様へのお願いと連絡事項】をご覧下さい。

28 件のコメント:

  1. 海や断崖絶壁に囲まれてるなんてまさに今現在の状況を示してますね。反日教育、マスコミによる扇動、同じ朝鮮人でありながら工作員による混乱の助長。
    混沌としているおかげで世界が見えてない。誤った教育により見えてこない。今、大統領権限が停止されているので、政治が停滞していて更に選挙を行うにしても半年はなにもできない状況。おそらく次の大統領が決まって、中国に対して何か一手を講じることで一気に破局が進むのではないかと思います。中国との通貨スワップの期限が今年10月で切れるのでその辺りなのかもしれません。ときおり人が転げ落ちてきて統治するとありますから、中国所縁の者によって傀儡にされるのかもしれないですね。最後には中国に飲み込まれるか、一面の消し炭・・・同族の争いが発生して終っていくのかもしれない。ときおり落ちてくる人に対しては、強制送還または現地に馴染めなくて追い出されて戻ってきたともみれます。こんなふうにイメージしましたがいかがでしょう。

    返信削除
    返信
    1. 匿名様

      韓国の現状については匿名様の仰る通りなのですが、『銀の紐』に登場する霊界の住人の見方としては、韓国と北朝鮮は一体であるとして「朝鮮半島」と一まとめの扱いにしています。
      昨今日韓関係に波風を立てている慰安婦問題について、主導的な役割を果たしている親北朝鮮団体の挺対協が問題を拗らせているとの見方もありますが、やはり挺対協の動きに共感して支持する韓国国民が多いからこそ、米国を間に立てた日韓慰安婦合意が遵守されないのでしょう。
      韓国と北朝鮮は長年軍事境界線を隔てて対峙してきましたが、お互いに価値観の異なる社会で数十年間別れて暮らした程度で、そう簡単に民族性の本質は変わりません。
      北と南の朝鮮民族は、かつてそうであったように、そうなるべくして元の鞘に収まるのではないでしょうか。

      削除
  2. 朝鮮半島だけが断崖の底に沈んでいるとのことで、周りからはそれが見えているが朝鮮半島の人々にはまったく見えていないとのこと。
    現在の韓国も危機的な経済をはじめ、北朝鮮とか中国とか正面から危機を見ようとしないで、反日だけに必死で血道を上げている状態。
    そんな相手を日本がなんで助けてくれると思っているのか。
    まるで見なければそのうち無かったことになるとでも思っているかのよう。最後は日本が助けてくれると思いたい甘えと依存の塊。
    大陸側から落ちてきて統治する人とはパンギブン氏ではないかとも思っています。大統領候補でパン氏だけがサード配備を肯定しているからです。
    サード配備は中国にとって槍に相当するのではないでしょうか。半島が海底に沈んでしまったのなら北朝鮮も韓国もなくなるという事ででしょうか。
    朝鮮半島はロシアか中国に飲み込まれるということではないでしょうか。そんなことを考えました。

    返信削除
    返信
    1. 匿名様

      北朝鮮は元々国際的に孤立気味でしたが、表面的には多くの国と穏当な外交関係を続けてきたかに見えた韓国も、ここに来て鍍金が剥がれて本性が現れてきたようです。
      現在の韓国の繁栄は、主に日米の手厚い支援によって、本来の実力以上に嵩上げされた偽りの繁栄ですから、日米との関係がこじれれば、過剰な支援を打ち切られて、本来の実力に応じた状態に戻ります。
      それが現在の北朝鮮と同等程度なのかどうかは分かりませんが。

      削除
  3. 私の解釈も他に書き込まれた方々とほぼ同じです。
    朝鮮半島は国際社会から孤立し手の施しようのない井の中の蛙となって行くのでしょう。
    混乱の後、軍事政権により鎖国状態になるのかもしれません。
    大陸から落ちて来る人というのは、国を統治するやり方を知っている人材ということからイメージその2であった中国崩壊により権力闘争で敗れた政治家や軍部や政府の幹部なのかもしれませんね。
    朝鮮半島には核技術があるので、これを使って起死回生を図ろうとしますが失敗し人が住めなくなるのかもしれません。
    1~3のイメージからこれからの中国と朝鮮の崩壊とそれに伴う難民の流出を描いたイメージだと解釈しました。
    ただ、中国が崩壊するという事は経済的にかなり依存しているドイツ等の国も危機的状態になりいよいよEUも終わるという事も連想できます。
    トランプ大統領の政策を見てもこれから世界が激動の時代になるのは避けられそうになさそうです。
    これがいわゆる裁きの時というものでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. 匿名様

      大陸側の崖の上から落ちてくる人については、現時点では二つの可能性があると考えています。
      一つ目は北朝鮮との国境付近に住んでいる朝鮮系中国人の一部が、二つ目のイメージにある中国内乱と分裂に伴って追い出されるか、逃げてくる可能性。
      二つ目は、何れかのタイミングで中国が金正男氏を傀儡として朝鮮半島に送り込む可能性。

      削除
  4. 最後の3つ目にもなると、なるほど具体的なイメージになるんですね。
    今の韓国の混乱は北朝鮮を裏で操る中国の瀋陽軍区かロシアのどちらかでしょう。
    中央から切り捨てられた瀋陽軍区の元幹部かロシアから派遣された統治者が時間と共に派遣元へ核技術を用いたクーデターを企むも失敗することの暗示でしょうか?そして日本海に漂う日本に馴染む原油の様な物は難民でしょうか?6割も!!!!日本への影響も大きいんでしょうね。憂鬱です。

    返信削除
    返信
    1. 匿名様

      そう言った詳細で具体的な事柄ではなくて、もっと大雑把で長期的な傾向を示唆しているのだと見ています。
      このイメージで朝鮮半島が井の中の蛙状態に置かれているように、韓国と北朝鮮は今後「あの国とはつきあえない」と見捨てられて、外交的にも孤立し、経済的にも衰退して、対外的な影響力を失ってしまう――と言ったように。

      削除
  5. 朝鮮半島崩壊で、日本と韓国の関係が完全に断絶するとしたら、そこには難民との関係も入っていると信じたいですね。日本人は国内において韓国人の反日気質を学び、EUの移民難民に関する混乱を見て国境の大切さ学んだはずです。この上、半島から逃げてきた難民を受け入れる、なんて愚行を犯さないと信じたいところです。

    返信削除
    返信
    1. 匿名様

      朝鮮半島情勢とは別に、日本国内で独自に「国内の秩序を乱す者は日本から出て行ってもらいましょう」という神様の働きかけが行われております。
      今国会で成立を目指すと言われる共謀罪――テロ等準備法も、神様の働きかけを受けた反応の一つと見ています。
      移民難民の扱いも同様で、国内の秩序を乱さない範囲では受け容れもあるでしょうが、秩序を乱す者は皆国外への退去を迫られる境遇に追い込まれてゆくのではないでしょうか。

      削除
  6. イメージというよりそのものといった方がいいような表現で、しばらく絶句(半日ばかり)
    まあ、自業自得という言葉しかないですね、朝鮮人に対しては。
    日本人をこれほどまでに支配する(今までは)能力があるのだから、いい方向に使えばいいのにと思ってしまいますが、自ら働いたり創造したりする能力が決定的に欠けているんでしょう。DNAのせいだと言ってしまえばそれまでですが・・・
    このサイトで日本人が明治時代に朝鮮を助けすぎたことも一因だというような神様からの助言があったように記憶してるのですが、探せません。
    世の中の意見でも(主にネットですが)もう朝鮮人にはかかわるなという意見が大多数を占めるようになってきて、うれしい限りです。
    ぜひ、このイメージ通りになっていただきたいと思います。
    日本や日本人は朝鮮ごときにかかわっている暇はないと思います。
    これから世界を背負っていかなければならないのに・・・
    これからが日本人のやっとの出番ですよね?

    返信削除
    返信
    1. 匿名様

      このイメージが朝鮮半島の現状を簡潔かつ的確に表現しているのでしたら、行く末もその通りになるのでしょうか。
      管理人は、朝鮮人が日本人を支配しているとは思いません。
      特定の役割を負わされた使い走りが精々でしょうし、しかもそろそろお役御免で切り捨てられそうです。
      それよりも、民族的な気質の違い、物の考え方の違いに因り、日本人にとって朝鮮人は足手まといであり、朝鮮人にとって日本人は成長の妨げとなっていますので、これ以上の関わりはお互いのためにならないと言うことだと思います。

      削除
  7. はじめまして。毎回興味深く拝読しております。

    今回の記事を読ませて頂いて直感的に思ったことは、「大陸側の断崖絶壁から
    転げ落ちて朝鮮半島の指導者となった人」は北朝鮮の指導者で、今後
    韓国は北朝鮮に取り込まれる形で朝鮮半島が統一されるのではという
    ことです。

    「大陸側の断崖絶壁から転げ落ちて朝鮮半島の指導者となった人が、黄海側の海の壁に向かって槍を打ち込みました。

    その槍によって、朝鮮半島を囲うようにそびえていた海の壁に穴が空いて
    崩れ落ち、そのまま朝鮮半島は海の水に飲まれて、海底に沈んでしまい
    ました。」というくだりは朝鮮半島の指導者が中国にケンカを売って
    (戦争を仕掛けて)、その結果中国に呑み込まれるというイメージで捉え
    ました。

    さて、北東アジアの行く末はどうなりますか…。

    返信削除
    返信
    1. ハゲおやじ様

      前回投稿した中国についてのイメージでは、現在中華人民共和国の支配下にある、他の民族の土地が独立を回復する可能性と、中国の内部分裂と地域対立と思われる描写がありました。
      もし、朝鮮半島が中国に戦争を仕掛けて、その結果中国に呑みこまれるのでしたら、中国についてのイメージと整合するには、どの様なシナリオが想定できるでしょうか。

      削除
  8. やるせないきもします。。。消し炭が一面に覆っている国土とは、勘違いした言動や行動が火種となって燃え、火消しに必死になった挙げ句、燃えるものもないほど荒廃してしまったのでしょうか。何故火事になったのか自らを振り返り、次の火を出さないだけではなく、燃えてしまった所の再生を精一杯に行わなければ、国土は実りを結べませんね。それなのに、空の向こうに憧れるんですか。。。大地と海の壁は、半島の神様達の配慮、自分の足元、国と対峙し、そこから生き直すことがしやすいようにかもしれないのに。

    返信削除
    返信
    1. 匿名様

      朝鮮戦争の休戦時点で、一旦消し炭状態に置かれていますので、再びその頃に戻ると言うことでしょうか。
      朝鮮戦争休戦後の韓国は、日米などの支援を原資に、世界でも屈指の経済大国(G20構成国ですので、こう呼んで差し支えないでしょう)に成り上がりましたが、今度の消し炭では恐らく日米などの支援は見込めません。
      再度内戦を経て消し炭となるのか、もっと別の理由に因るのかは分かりませんが、今度は自らの力で復興を為し遂げなくてはなりません。
      自ら復興に尽力できれば、時間はかかってもかつての繁栄を取り戻せるでしょう。
      自分の手で復興しなかったら、そのままいつまでも消し炭の上で日々の暮らしにも難渋する日々を送るのではないでしょうか。
      結果としてどの様な姿になってしまうにせよ、それは朝鮮半島の住人自身が求めた結果なのですから。

      削除
  9. 半島は余りにも穢れ過ぎました。彼らが人類として再生するには塗炭の苦しみを味わい、地球に愛されている事に感謝しなければなりません。誰のセイでもないのです。全ては自分の行い。地獄の三段目は裏返せば天への近道。日本は不動明王の慈悲を持って朝鮮人を突き放さねばなりません。これは、中国大陸も同じです。

    返信削除
    返信
    1. 琵琶鯉様

      ちょっと仰ることの意味がよく分かりませんので、私たち人間が目で見て確認できる様に、お話の趣旨をかみ砕いて解説して頂けますか。

      削除
  10. 管理人様、いつも興味深く拝見させて頂いております。最近、韓国が盗んだ仏像を、日本に返さない判決をしたり、福島の仏像を破壊したり、靖国神社を放火しようとしたり、日本の神仏を攻撃する事件が多い気がします。何故彼らは、そんな罰当たりな事をするのでしょうか?黒魔術でもして、日本を呪ってるのでしょうか?逮捕された朴大統領のブレーンがシャーマンだったみたいですが、何か関係はありますか? 

    返信削除
    返信
    1. Unknown様

      韓国が日本の神仏を毀損する動機は、当の本人に聞かないと分かりませんが、『銀の紐』では概ねこの様に理解しています。
      記事【霊的な視点から見た神社の役割について】で述べているように、神社は人間社会の繁栄と安定に欠かせないエネルギーバランスの維持を担う重要な施設です。
      とは言え、実際にその様な作業を行うのは神様ご自身であって、神社自体は「ここに神様がいらっしゃいます」という目印の役割となります。
      そして神様には肉体がありませんので、神社の施設を毀損しても神様は傷つきませんし、神様が神社を通じて行う働きかけに些かの変化もありません。
      毀損された神社をきちんと修復すれば、その分だけ神様との繋がりを深める機会にも出来ます。
      ところが、毀損された神社の設備を修復しなかったり、風雨に曝されて傷んだ設備がそのまま放置され続けていると、神様がその神社を不要のものと見なして引き上げてしまう場合もあります。

      仏像については、記事【なぜ仏像は盗まれるのか?[小ネタ]】で述べているように、盗人の手で他の土地へ運ばれることに意味がある場合があります。
      日本で盗まれた仏像が韓国へ渡ったのでしたら、その仏像が韓国へ移動することに意味があるのかも知れませんし、その仏像が未だに日本に戻ってこないのでしたら、今のところ韓国に渡った目的が果たされていないのかも知れません。

      削除
  11. 反日韓国人に壊された仏像やお地蔵様やお狐さま、焼かれたり破損されてしまった神社仏閣などは、総じて日本人の身代わりであり、人に危害が及ぶ前に対処せよという警告なのではないかと感じます。
    どんな時代も卑怯者の犯人は、まず人以外の抵抗できない弱いもので試し切りをし、次第にそれでは満足できずに人に手を出します。酒鬼薔薇事件を思い出します。
    なぜ反日の人はそういうことをするのかと問われている方がいらっしゃいますが、在日の反日実態、日本人の血税に対する蚕食などが日本人にバレて、日本国内でいろいろ追い詰められ、なんとか彼らにとって住みよい国に戻そうとあがいているからではないでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. 匿名様

      神社仏閣の毀損が相次いでいますが、そう言った破壊行為に手を染める者の思惑はどうあれ、一連の報道を通じて「日本の神社仏閣は、地元の人々を初めとした日本国民に親しまれている」事が確認できます。
      一旦は毀損しても程なく修復されたり、類似の犯罪が繰り返されないように対策を施す様子が伺えるからです。
      そして、犯罪者が幾ら日本の神社仏閣を毀損しようと、神社仏閣の本来の役割は些かも傷つけることが出来ませんし、神社仏閣の安全が保たれるように注意を払うことによって、神仏との繋がりをより強くする機会となるのですから、きっと犯罪者の思惑とは正反対の結果に結びついていることでしょう。

      そう言った神社仏閣の毀損は、日本人の身代わりであって警告であるという匿名様のご意見は一理あると思います。
      同時に、この犯罪者は神仏という日本人の信仰対象を攻撃する意図を持ち、神社仏閣を毀損することによって、信仰対象である神仏を傷つけ、信徒である日本人への攻撃になると考えているのではないでしょうか。
      しかし、幾ら神社仏閣を毀損しても、神仏の活動には些かの障害ともなりませんし、信徒の信仰心が衰えるわけでもありません。
      何故なら、神仏は物質の肉体を持っているわけではなく、神仏と人間を繋ぐ絆は物質ではないからです。
      それでも、神社仏閣を毀損することに意味があると考える者は、恐らく偶像崇拝の徒ではないかと思います。

      削除
  12. 地下の朝鮮半島とは、まさしくヘル朝鮮ですね。
    黒い大地は恨・カルマに覆われているようです。
    戦争の跡地ともとれますし、先のイメージの黒い原油のようなものともイメージが重なります。
    空の向こうの外の世界に憧れる。しかし壁がそそり立っている様子は、諸外国から相手にされなくなったように思われます。
    大陸側から落ちてくる人というのが、北朝鮮・中国側の人。半島は北のもとで統一されるのでしょうか。
    黄海=中国に向けて槍=ミサイルを発射することは国際社会から非難されることになり、朝鮮半島を海洋勢力が支配下に置くのでしょう。
    個人的に願わくば、海洋勢力が日本ではありませんように。

    これで、第一のイメージの黒い帯、第二のイメージの炎の壁を生み出すとなると、三つのイメージが繋がりますね。

    返信削除
    返信
    1. Unknown様

      朝鮮半島の消し炭は「燃えかす」ですが、黒い原油のようなものは「燃料」です(米大陸で盛大に炎上していますので…)ので、似て非なるものという気もしますが、どうでしょうか。
      朝鮮半島の行く末についても、海底に沈んでしまうという表現が気になります。
      海底に沈んだものは、地上から目視できなくなりますので、その言葉通り物理的に沈むのか、もしくは朝鮮民族としての一体性が失われて、歴史の表舞台から姿を消してしまうのか――いずれにせよ周囲から認識されないようになる可能性があると考えています。
      さすがに物理的消滅では、日本への影響も大きすぎるので避けたいのですが、こればかりは朝鮮人の選択による要素が大きいので、日本にはどうにも出来ません。

      削除
  13. あまりに恐ろしいイメージなので、読んだ瞬間絶句してしまいました。半島全体のイメージとのことですが、北のことは正直よくわかりません。しかし、今の韓国を見ているとさもありなん、先日盗まれた仏像の所有権を主張する寺に、引き渡してはならないとする執行停止命令が下されましたが、彼の国では怒りをもって受け止められたようです。最早、日本に対しては韓国が絶対的に正しく、自らの行動は完全に正しいのだという意識が広がっており、かくいう日本はここまで非道い状況になってようやく、
    今までの韓国への態度は間違っていたと気付きました。日本が毅然とした態度で臨むことで、韓国は一層頭に血を登らせるでしょうが、それこそが韓国の未来のためなのだと韓国自身が悟るのは、現状絶望的だと思います。半島が深い底へ沈むのは、そもそも気づくことすらできない状態が長く続くことを表しているのではないでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. 匿名様

      朝鮮半島が底に沈むという意味では、イメージの最初の時点で、陸の断崖絶壁と海の壁に囲まれた穴の底にいますので、最初から最後まで底に沈んだままです。
      ただ、最初は穴の底から空が見えていたのに、最後は海の水に呑みこまれます。
      もし朝鮮人が底にいるまま気づかないなら、いつまでも穴の底で騒いでいるだけなのではないでしょうか。
      むしろ、陸の断崖絶壁から転落した人によって、やっと彼らは穴の底にあることを自覚するのではないでしょうか。
      ところが、穴から抜け出す方法を誤ったために、却って槍で空けた穴から海の水が流れ込んで、そのまま海の水に呑みこまれてしまったとしたら、いかがでしょうか。

      削除
  14. 第二次朝鮮戦争は勃発しますか?

    返信削除
    返信
    1. agnetyy様

      この記事から読み取れるのは、朝鮮半島が周囲から孤立して対外的な影響力を失ってゆくこと、考え無く周辺地域に干渉したために朝鮮民族としての命脈を絶たれる可能性があることです。
      そうなってしまうきっかけとして第二次朝鮮戦争が勃発する可能性は否定しませんが、少なくともこの記事からはYesともNoとも読み取れません。
      管理人の個人的な見立てでは、朝鮮戦争よりもむしろ、韓国と日米の関係が修復不可能なくらいにこじれる方が、この記事のイメージに近づくのではないでしょうか。

      削除