2010年6月19日土曜日

速報

本日は、神様のお招きに預かってとある場所を訪れているのですが、なかなか興味深いハプニングに遭遇しました。
まずは、こちらの写真をご覧ください。



ちなみに、同行した霊媒Mは以下のようなコメントを残しております。

「ありのままでいられる。
そしてその有様を許容してくれる。
すごく大きな存在なのに威圧感がなくて、周辺のエネルギーと彼自身のエネルギーの境目が感じられなかった。
その場に当たり前にいるようになじんでいる。」





話変わって、明日宮崎に降臨される神様についての続報です。
八百万の神様を束ねる神様が降臨し、世界へ向けてエネルギーを放出された後、今度は地上にいらっしゃる神様方がエネルギーの性質を地上界に馴染む様に調整されるとのこと。
調整の期間は一週間とのことですが、その一週間でかなり目立った変化が現れるようです。
具体的にどのような変化なのかはわかりませんが、とりあえず現時点でわかる限りの情報を速報としてお伝えします。

【Silvercord】管理人 

16 件のコメント:

はつゆき さんのコメント...

 来日中とは伺っていましたが、まさかまさかこちらのブログでダライ・ラマ法王の御姿を拝見する日が来るとは!
 法王が来られてる場所に管理人様たちを呼ぶとは、神様も粋な計らいをされてるなと思います。もちろん大事な理由があっての事でしょうが・・・
 ダライ・ラマ法王は毎年来日されますが、神様降臨の時期に合わせたかのような来日なのもお導きがあったからだと解釈してます。

 神様降臨が、いよいよ明日に迫りましたが、神様が降りて何が起こるのか大変興味があります。残念ながら天候が悪く、直接日の出を見ることはできなさそうですが、日の出の時間に起きて東の空に臨んで感謝の念を送るつもりです。

たらこ さんのコメント...

ダライ・ラマ法王ですね。
日程からいうと長野でしょうか?
すばらしい偶然ですね。
いや必然かもしれません。

いよいよ宮崎の地に神様が降臨されますね。
今後の変化に期待しています。

また管理人様や霊媒M様の
神様からのお招きのお話など
お聞きできたらと思っております^^

あんず さんのコメント...

管理人様こんにちは。
速報でのお知らせありがとうございます。
神様も粋なサプライズをプレゼントして下さいましたね。
神様降臨のお知らせがあってから、
今日の日を指折り数えて楽しみにしていました。
ただひたすら感謝の念を持つ一日にして
心穏やかに過ごそうと思います。
長い歴史の中で、神様降臨という、このすごいイベントに遭遇できる時期に
生まれることができたことをとても喜ばしく思います。
神様のパワーが激動の今の世に沁み渡ると、
今までの闇が明けるように、様々なものが
白日の下にさらされるようになるのでしょうか。
受け止める私たちもそれ相当の覚悟を持って、
変化を受け止めてゆく必要があるのでしょう。
以前の記事によると、今日を境に九州に張られた結界が取り払われるそうですが、
それは後々口蹄疫の終息につながるのでしょうか。
私たちの目に見えないところで動いて下さっている
神様、
たくさんの御霊にお礼を申し上げたい気持ちです。

匿名 さんのコメント...

はじめまして。
いつも興味深くブログを読ませていただいております。

今日本が混迷極まる状態ですが、日本を世界にアピールしてれた漫画界の巨匠であり医学博士であり鋭い洞察力で未来を予言した手塚治虫氏の声が聞けたら嬉しいです。

先生は漫画家でもありましたがヒューマニストでもあり、生命の尊厳や自然を畏怖する大切さをいつも代弁してくれていました。

今この閉塞感や日本の危機迫る中、手塚先生は日本国民や日本をどう思ってらっしゃるのか・・
もし可能であればお聞きしたいです。

唐突にすみません。

匿名 さんのコメント...

管理人さんこんばんは。

宮崎に降臨された神様の御心でしょうか・・
桜島や霧島の火山活動が活発になり規制が出ている様ですね。

私の父は宮崎県都城の出身です。
早く口蹄疫が終息に向かいますよう・・・。

匿名 さんのコメント...

管理人さん、はじめまして。
神様降臨のエントリを拝見してから、この日を心待ちにしていた宮崎県民の一人です。
宮崎は昨日深夜より、ずっと雨が降っています。
激しく降ったかと思うと、小雨になり。雷が鳴り響き…。
まるで神様が何か迷われているかのような天気です。

県西部のえびの市で終息宣言が出され、これで一息つくかと思いきや
まだまだ終わりにする気がない誰かがいるのか、県央で飛び石的に感染が確認されています。
車両や人の行き来によって感染が拡大しているというのが一般的な認識ですが
土地勘のある者の正直な感想としては、意図的にウイルスを拡散している何者かの存在を感じなくもありません。
神様に頼り、すがるばかりになることが正しいありようではないことは十分に理解しているつもりですが
もはや神の力によってしか解決できない何かが、起こっているような気もします。
私たちもできる限り努力します。
そのうえで神様のご尽力をいただけることを祈っています。

私個人的には、昨日夕方神の降臨が近いと感じるような出来事がありました。
あくまで私一人が感じた感傷的な出来事ですから正しい認識ではないかもしれませんが…。
神は常に寄り添ってくれているのだと、私は感じています。
私自身は、何らかの信仰をもっているわけではありません。です、日本人に生まれ日本で育った私の心の中には、正確な言葉にできませんが、神を敬い、信じる心があるのだと思います。
長文、申し訳ありません。
今回の神様降臨のエントリをうれしく心強く思ったため、思わず書き込みしてしまいました。
今後も、神様と私たちをつなげるエントリの投稿を楽しみにしております。
ありがとうございました。

匿名 さんのコメント...

神様降臨の日に合わせたかのようなダライラマ14世の来日。何か必然性を感じます。

Silvercord manager さんのコメント...

6月20日21:52投稿の匿名様

あなたは日本や日本国民をどの様に思っておられますか。
また、閉塞感や危機感を感じておられるようですが、それを解消するにはどの様にすればよいと考えますか。

匿名 さんのコメント...

こんばんは、tomcat(仮)と申します
いつも興味深く拝読させていただいてます

管理人様、霊媒M様、アドルフ・ヒトラー霊様への質問はまだ受け付けていただけますか?
僭越ながら、もしヒトラー霊様との対話のチャンスがおありでしたらヒトラー霊様への質問を何卒よろしくおねがい致します!


・ヒトラー様、グローバル化が成功しつつある21世紀の世界ですが、NSDAPの理想であった国家主義あるいは人種主義について今はどのようにお考えですか?

・ヒトラー様の部下であったダンチヒのヘルマン・ラウシュニング氏が、亡命後に著した、HITLER SPEAKSの中身は本当に
ヒトラー様がラウシュニング氏に語られたものですか?

学者たちはこれは作り話だと考えているようですが、
絶対にこれはヒトラー様が語ったものだと確信させるものがありますが・・・

・芸術家としてのヒトラー様への質問です
芸術家としての、また霊界の見地からいって、人間と人間精神において、芸術は、いったい何を表現し、何を理想とし、何を意味するべきだとお考えですか?ご教授ください。

よろしくおねがいします!

Silvercord manager さんのコメント...

匿名のtomcat様

ヒトラー霊の意見を伺う場合は、私が直接霊媒を通じて対話する事になりますので、その為の日程を調整する関係上、回答までにある程度の時間を頂くことになります。
また、手塚治虫氏への質問を頂いた上のコメントの方と同様に、ただ「教えて下さい」ではなくて、tomcat様なりのご意見を添えて頂けると、ヒトラー霊も参考になる意見を述べて頂けると思います。
質問の内容も具体的に指定して頂けると、意図した回答を導き出しやすいと思います。

baseheat さんのコメント...

日本の(というよりは世界の一部での)閉塞感・・・のようなものについて>>> 読者の感想みたいなものです、悪しからず。

不景気、公害や、災害、事件、事故、政府をはじめ、人間の起こす諸問題・・・と嫌なニュースは探さなくても目にしますし、仕事をやっていても、どことなく物憂い雰囲気があるような「気」はします。

けれど我が身を振り返って、そうなの?って考えてみると、別段なにがどう変わったわけではなく、今までと同様に問題が起きたり、解決したり・・・というのがかなり顕著になったくらいです。むしろ今までは周囲に合わせて行動していて、みえなくなっていた自分自身の生きる目的などに注意が行くようになり、それと現在の自分の生きる世界の状況とのズレ、ギャップがあって、そこをどうするか・・・ということに思考が向くようになったのは、人としてはいいことのように思います。
自分で考え、自分で行動する・・・というのは、大変だぁと思いますが、その方が自由ですし、自在でもあると感じるようになりました。軋轢があってもそれを分からずに飲み込まれて生きるよりは、せっかくだからやれることをやれるだけやってみるのもいいかなと。。。
気を付けなければいけないのは、なんとなく巷に流れる「かったるい雰囲気」、「めんどうなことはやりたくない」等、後ろ向き、もしくは現状保持に終始し、変化を厭う空気ですね。巻き込まれるのは簡単で、抜けるのは難しいです。わざとそういう雰囲気を作る人もいれば、知らず知らずにそれを助長している人もいるように思います。 元気は命の本質ですから、同じことならそれに従って前向きに行動しようと思います。

KNJ さんのコメント...

ダライ・ラマさん、私が一番尊敬する人の1人です!
見ていてジーンと来る写真です。

ところで、いよいよ神様の力が及びつつあるのか、こんなうれしいニュースが。

口蹄疫:副農相「終息に向かっている」 作業進展を評価
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100623k0000e040039000c.html

「18日以降、新たな発症や感染疑いの確認がない」ようで。

匿名 さんのコメント...

Silvercord manager様

いつもありがとうございます。
>その一週間でかなり目立った変化が現れるようです。

口蹄疫も改善されることを本当に待ち望んでおります。2006年に宮崎県を旅して、高千穂や神話街道などが素晴らしい自然と人間とが調和した土地のように感じられました。
そして今回の事件でこの土地から素晴らしい子牛が生産されていたことを知りました。

私見で恐縮ですが、マスコミの初期の緘口令や宮崎県知事への責任のなすりつけなど、今回の事件の悪徳な首謀者や協力者は、事前に指示されたシナリオで動いていたように見えます。
しかしながら、彼ら(特亜+民主党+マスコミ)も足元は磐石ではなく、本来実力以上の事柄に手を出しているような感もあり、いろいろボロがやがて出始めることでしょう。

状況はまだまだ厳しいですが、永遠に夜明けが来ないことはないわけで、苦しい日々の後に必ず夜明けはやって来ると思います。
まずは今の各人の現実に向き合う日々でありますが、日常で自暴自棄になったり現実から目を逸らしてしまうと折角の学びのチャンスを逃すかもしれません。
また日本人が意気消沈して無気力化してしまうことは結局彼らを背後で操る総元締めを喜ばせるだけなので、大変悔しいから絶対諦める訳には参りませんね。

魂には決して諦めるという言葉は無かったと思います。
どんな形であれ、自分で良く観察しよく考えた上で出した答えは価値がありますし、例え間違ったとしても考え方の筋道を自分でしっかり抑えていれば、修正も比較的早いものと考えております。

宮崎県では初めて写真の撮り方を教わりました。
高千穂峡で学ばされて頂いたことが今の私を支えてくれております。

Silvercord manager さんのコメント...

6月20日21:52投稿の匿名様

質問内容について、匿名様のご意見を伺いたいとお待ちしておりましたが、ご意見をお寄せ頂けなっかったのは残念に思います。
記事【未来を考えてみる】を投稿しましたので、ご覧下さい。

Silvercord manager さんのコメント...

はつゆき様
たらこ様
あんず様
6月21日1:20投稿の匿名様
6月21日11:43投稿の匿名様
KNJ様
6月23日21:19投稿の匿名様

ダライラマ法王と神様降臨に関連するコメントありがとうございます。
この度の長野・新潟巡り関連の記事をまとめたり、皆様から頂いている霊界の住人宛の質問の対応を優先しておりましたので、コメントが遅くなってしまいました。
ダライラマ法王については、記事【ダライラマ法王を拝見して】に替えさせて頂きたいと思います。
また、今回は善光寺とは別に二箇所の目的地を訪ねたのですが、そのうち新潟県の弥彦神社については、記事【弥彦山を訪ねて】を投稿しました。
もう一箇所の目的地についても現在作業中ですので、投稿までしばらくお待ち下さい。
今回の神様降臨についても言及しておりますので、お楽しみに。

Silvercord manager さんのコメント...

baseheat様

>気を付けなければいけないのは、なんとなく巷に流れる「かったるい雰囲気」、「めんどうなことはやりたくない」等、後ろ向き、もしくは現状保持に終始し、変化を厭う空気ですね。


こういった雰囲気や空気は、自分自身の怠惰な側面から目を背ける言い訳を探したり、又周囲の積極的で前向きな方に対する妬みであったりします。
自分が取り組まないだけならまだしも、周囲の人間を巻き込もうとしますから厄介です。
そういう行動の結果が明らかになるまでには、五年・十年と時間がかかる場合もありますから、観察力の未熟な方には想定できなくとも仕方がないのです。
しかし、様々な試行錯誤を重ねた末に、ある程度先を読むことが出来るbaseheat様を始め、当Blogをご覧の皆様には、そういった周囲の干渉を余り気にかける事無く、日々ご自身がされるべき事を粛々とこなして頂ければと思います。
皆様の地道な行動の結果が現われることによって、怠惰な彼らもいずれは自らの行いを悔い改めなくてはならなくなるのですから。