2010年9月29日水曜日

大和神社の神様から皆様へ

先週、京都・奈良の霊的スポットを訪ねた折、奈良県天理市の『大和神社』を参拝しました。





その際、霊媒が引いた御神籤がこちらです。



霜いくたび おけど かれざる
松が枝の ときわの 色の
うつくしき かな

(なにごとにも心動かず常業を守ってゆくときは 思いがけぬ幸をうることあり
いろいろと迷うときは人にたぶらかされて身のおき所にも苦しみます)


読んでいると、こちら(記事【『明治天皇』と名乗る霊から皆様へ】で紹介した御神籤)と似通った印象を受けましたので、早速大和神社の神様のご意見を伺うこととしました。





■ 大和神社の神様との対話

管理人
大和神社で霊媒が引いた御神籤に和歌が綴られておりましたが、これは大和神社の神様からのメッセージと受け取ってよろしいのでしょうか。

大和神社の神様
はい。

管理人
それは霊媒に向けてのメッセージでしょうか。

大和神社の神様
そうではない。

管理人
では、誰に向けてのメッセージでしょうか。

大和神社の神様
これは皆様へ向けて…。
霊媒M:これは私たちを通しているので、【銀の紐】の読者の皆様へのメッセージですね)

管理人
では、私たちを通して、神様の言葉に耳を傾ける皆様へのメッセージと言うことですね。

大和神社の神様
そうですね。

管理人
それでは、今のこの時期にこのメッセージを伝えようとした意図を教えて頂けますか。
なぜ、今このメッセージなのか。

大和神社の神様
何かと心が弱くなる傾向が見られるので…。

管理人
心が弱くなる傾向が見られるので、心がけについてのアドバイスと言うことでしょうか。

大和神社の神様
そうですね。

管理人
えっと、それで終わってしまうのですか…。
これまでに霊媒が他の神社で引いた御神籤にも、ほぼ似たような意味合いのメッセージが綴られているのですが、神様を始めとした霊界の住人の皆様から見て、私たち地上界の住人の様子についての共通見解なのでしょうか。
だから類似した内容のメッセージなのでしょうか。

大和神社の神様
皆様が道を歩いていたとしたら、今の皆様は結局、一見整備されていて通り易そうな道が破壊されてゆく様を見て憂えているのですが、実は道は他に幾つもあって、細くて険しい道であっても、その道は先へ通じている。
そしてその険しさも、登り始める前に準備を整えることで、軽減される。
そういう部分に目を向けられないでいる方が、どうやら苦しみの思いを抱いているようです。
道は他にもある。
道は何本も通じていて、たどり着くのは同じ場所。
ただ、たどり着くまでの道程にそれぞれ特徴があって、それぞれに良さと苦労する部分がある。
だけど皆様は整備されて楽に進める道ばかりを見て、その道が破壊されてしまったと嘆いています。
だからもう少し他の道に目を向けることが出来れば、今の自分が何をすればよいのかが見えてきますよ。
大切なのは目的地にたどり着くことで、最終的には同じ場所にたどり着ける。
それぞれの道によって色々とあるのですが、準備を万端に整えておけば命が脅かされるほど険しいという訳ではないので、今見ているものだけではない、別のものにも目を向けられるようになるとよいですね。

管理人
皆様、同じような話をしていますね。
視野を広げましょう、色々な方向から観察しましょうとか。

大和神社の神様
主要道と脇道があって、主要道が工事中だったら脇道を迂回して目的地を目指しますね。

管理人
これは霊媒の受け取り方の問題もあるのかも知れませんが、これは自分の経験に基づいて揺るぎなき確信を得ていれば恐れるものはないけれども、何か足りていないものがあれば迷いもあり恐れることもありますよ――ということだと受け取りましたが、いかがでしょうか。
ただ、ここでは経験云々については触れていません。
「なぜこうなってしまうのか」をもう少し考えてみると、経験の違いが大きい。
――経験の違いと言うよりも、経験に学ぶことを知っているかどうか。
要は同じことをしていても、人によって注目する箇所が違うから、その経験から得るものは人によって違いますよね。

大和神社の神様
要するに「最終的にこうなりたい」という目的がある場合、目的を達成する為にはどうするかを考えるタイプの人と、一度道が閉ざされていると思うと目的が見えなくなってしまって、道が阻まれてしまったという部分にばかり気持ちが行ってしまって、「最終的に目的地にたどり着けばいいんだ」という部分が抜けてしまう(人がいる)。

管理人
そこを見極められるかどうかは経験に因りますよね。

大和神社の神様
そう、そういうこと。

管理人
自分が目的としていたものが、今自分が取り組んでいる方法では達成の見込みが無くなってしまいました。
そこで諦めずに、他の方法はないかと試行錯誤して、別の方法を見つけて、何とか目的を達成することが出来ました。
一度そういう経験を積んだ人は、その後、別の問題についても同様の取り組みをしようと…。

大和神社の神様
別の方法を考える。
その人にとっては「目的を達成する」ことが大切であるから、何もやり方、その目的地にたどり着く手段が一つの方法である必要はない。

管理人
この迷ってしまうと言うのは何なのかというと、目的を達成する為に試行錯誤するという経験が足りない。
とにかく「こうすればうまくいく」、いわばマニュアル通りにやればうまくいくよ、今までそうやってきたでしょう。
そういう人がマニュアル通りではうまくいかなくなった時に、どうすればよいのかがわからないのですよね。
では、マニュアルがないけれどもどうやって解決しようか、そこは過去に積んだ経験の影響が大きくて、その経験をどうやって積むのかというと、一言では言えなくて、自分の過去を振り返ってみるのは重要だと思います。
そこから何か掴めるものがあるのかなと。
――ちょっと脇道に逸れてしまいましたが、何か付け加えることはありますか。

大和神社の神様
大丈夫です。

(後略)

(2010年9月24日)





霊媒によると、今回の旅で訪れた他の場所と比べても、大和神社からは強い力を感じると述べておりました。
地元の方からとても大切にされているのではないか、とのことでした。
一度に多くの参拝者が訪れることは想定していないようでしたので、駐車場もこぢんまりとしたものでしたが、同地を訪ねるならば是非立ち寄りたい、おすすめの場所の一つです。

【Silvercord】管理人 

0 件のコメント:

コメントを投稿