2010年9月1日水曜日

50年先・100年先の未来を考えた時に

今回は、記事【戸隠神社の役どころと神様が降り注いだエネルギー】のコメント欄からお寄せ頂いた匿名様の質問について、『吉田茂』と名乗る霊からの回答を預かっております。





■ 匿名様の質問

吉田茂氏にお伺いしたいのは
中国、韓国が大事なビジネス相手、隣国であるというのは理解していますが
現在の日本の外交は、ほぼ中国、韓国へ偏っての力の入れ様を感じ
その分その他諸外国とは疎遠になりつつあるような気がします。

これはいずれ米国の影響から脱却し、日、中、韓共同体として
やっていくための準備だという説もあれば、
ただ単に金儲けのため、中共内通者による日本中国化の陰謀説、
様々な説があります。

限られた国への依存が高くなると資源の少ない日本はその国の影響をもろに受け、
その国の顔色をうかがいながら接していくことも増えるでしょうから
後々に外交上不利になることが増えるのではと私は考えています。
リスク分散として普段から遠近関係なく様々な国と交流を盛んにすべきだと思うのですが
現在ビジネスとしては中国との間で大きな金額が動いていますので
今の日本にとっては前記のように中、韓に絞るのが理想的な外交状態なのでしょうか?
吉田茂氏はどのようにお考えでしょうか?

それと大磯邸の全焼火事はただの事故でしょうか?
これはもし支障があるならば無回答でもかまいません。





■ 『吉田茂』と名乗る霊の回答

「50年先、あるいは100年先の未来の姿を考えたときに、本当に今の状態はバランスが取れているのか考えてみる必要があると思います。
表面的な印象や一時の感情だけで物事を推し量ると、手痛い竹箆(しっぺ)返しをくらう結果となります。
あなたが仰っておられるように、リスクを考えるならば極端な偏りは避けたいところです。
折角米国とバランスの取れた関係を築くことが出来たとしても、中国や韓国の影響を強く受けてしまうのではあまり意味が無いように思います。
そもそも、何の根拠を持って中国や韓国との関係強化が必要であると判断しているのでしょうか?
現状を見る限り、今の体制下での中国や韓国と必要以上に強い関係を結ぶことにはあまりメリットは無いように思います。
適切な距離を保ってこそ安定した関係を維持出来るのだと思いますが、それを自らの手で壊すことに何の意味があるのか私には理解出来ません。
外交戦略としてもビジネスとしても、今現在の関係が本当に日本と相手国の将来の為になるのか、改めて考えてみる必要があるのではないのでしょうか?
目先の関心事に振り回されて見誤ると、多くを失う結果になります。
重大な局面であればこそ、じっくり腰を据えて考える時間を持つ必要があるでしょう。
慢心することなく、分相応を常とし、己を律する事を忘れず、我が身を省みる事を心掛けたいものです。
本当に現状が最良であるのか、常に己に問うてみる事が大切であると思います。
自信と慢心を見誤る事がありませんように。」

(2010年8月31日)





今回は、戦後日本の礎を築く為に尽力され、また第92代内閣総理大臣麻生太郎氏の祖父としても知られている『吉田茂』と名乗る霊の回答をご紹介しましたが、この吉田茂霊を始め、生前内閣総理大臣を務められた方は、霊界においては『歴代首相の霊団』として、主に現職の首相が首相としての職務を遂行する為の支援・補助を目的として活動されているようです。
そして、この『歴代首相の霊団』は明確に役割分担をしており、その中でも『田中角栄』と名乗る霊が広報を担当しているとのこと。
その為に、歴代首相に話を伺う際は田中角栄霊を通じて話を伺う機会が多かったのですが、今回吉田茂霊のご意見を直接伺えたのは非常に貴重な機会だったと思います。
なお、匿名様の質問の最後にある大磯邸の火事の件に付いては、余り話をする意味を感じていないようでした。

【Silvercord】管理人 

11 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

8月28日0:30投稿の匿名です。 
管理人様、どうもありがとうございました。

そう言われてみると、ここ最近で50年先100年先の
日本のビジョンを語った政治家は記憶に無いですね。
現在も明確に軍備拡張を続けている社会主義一党独裁の中国に対し
警戒心も薄くノコノコと近づいていく日本の政界、経済界は
いざというときの事を何も考えていないのでは?と思う時があります。

今のように世界中が日本が不安定な時こそ英、EU諸国や、米大陸、
他のアジアの国、アフリカ諸国ともつながりを強めていくべきだと思うのです。

そして「慢心することなく、分相応を常とし、己を律する事を忘れず、
我が身を省みる事を心掛けたいものです。」とのお言葉は、
私自身にも耳の痛い言葉であります。

御返事をどうもありがとうございました。

匿名 さんのコメント...

日本の50年、100年先を考える・・・。
ビジョンを描くのは非常に大切な事だと思いますが、
日本内外に問題が山積みで、国も不安定であり、
私たちも目の前の事、足元の事に追われているように思います。
もちろん、ここまでの状態を引き起こしたのも私たち日本人の責任でありますが・・・。

「目先の関心事に振り回されて見誤ると、多くを失う結果になります。」
これは日々の生活にも言えることだと思いますので、
日々地に足をつけた生活をきちんと送ると同時に、
広い視点とともすれば後回しにしてしまう先のビジョンを持つように心がけていきます。

以前、鳩山由紀夫氏の記事で、
(その段階では)首相の霊団は、鳩山氏の支持にはついていないと、
書かれてあったと思うのですが、
現在は菅氏のサポートについておられるのでしょうか?
今は民主党の代表戦を控えていて、
菅氏と小沢氏、どちらが代表になるのか判らない状態です。
このような時は、二人の決着がつくのを待っておられるのでしょうか?
差し支えなければよろしくお願いします。

Silvercord manager さんのコメント...

質問者の匿名様

世界の国々との繋がりを強めるのはよいのですが、馴れ合いではいけません。
自立した国家の連携でなくてはなりません。
日本はこの点で失敗しておりますので、再度同じ過ちを繰り返さないように肝に銘じる必要があるでしょう。

Silvercord manager さんのコメント...

9月2日23:37投稿の匿名様

当Blogでは、民主党の鳩山氏、菅氏、小沢氏についての見解をご紹介しておりますので、そちらをご覧になれば改めて霊界の住人に質問するまでも無いと思います。
「民主党には政権担当能力がない」という当時の小沢代表の見解は、当時も今でも私が同意出来る唯一の点です。

匿名 さんのコメント...

はじめてコメントいたします。
今回の記事のタイトルを受けてひとつご質問がございます。

今年は日米安保改定から50年です。
当時岸信介総理は「安保改定が評価されるには50年かかる」とおっしゃったそうですが、今年がまさにその50年目です。
日米安保を命がけで成し遂げられた岸総理の目には、50年をむかえた現在は民主党が政権を握っており日米の関係も徐々に危うくなっている日本はどのようにうつりますか。

それからやはり気になるのはお孫さんの安倍晋三元総理や岸信夫参院議員への思いです。
私は岸総理がなし得なかった憲法改正をぜひ安倍晋三氏に実現してもらいたいと願っておりますが岸総理は現在の安倍晋三氏をどのように見ておられますか。
私は岸信介総理をとても尊敬しております。
どうぞ差し支えない範囲でかまいませんのでよろしくお願いいたします。

匿名 さんのコメント...

初めてコメントさせて頂きます。
私は日本国の現状を憂いている一人ですが、それ以上に日本人の堕落した精神性に大きな失望を覚えています。日本を護ること、それは先祖が遺してくれた土地を、自然を、財産を、文化を、護り次の世代に渡すことの筈です。がしかし、私の周りには、自分さえ好ければ…、儲かりさえすれば…と考えている人が少なくない。それも世代を問わず。昔から日本人に伝えられてきた道徳心は、武士道精神は何処へ行ったのでしょう。そんな難しい精神性でなくても、単に「素直に、謙虚に、人のため」という日本人古来の心さえ失われなければよいのですが。

その失われた中に日本人の誇りや価値観もあると思います。最近日本国内の山林を支那人が買い漁っている問題がニュースにも採り上げられていますが、ただ儲かればよいというだけで先祖伝来の土地を外国人に売り渡すこと、それは日本人の誇りを売り渡すことと同義と考えます。また現国内法にはこれを規制する法律がありません。このままではおそらく日本の各地の水源から水が汲み上げられて輸出され、樹木も悉く伐採されて国外に持ち去られることでしょう。まさに中川昭一氏が心配されていたことが現実の事となってきました。

私のパソコンの壁紙の一つに中川氏の「おまえら、日本を頼んだぜ…」と書かれたものがあるのですが、それを視ると心が締め付けられます。できるなら中川氏にお尋ねしたいと思います。この堕落してしまった日本国民が立ち直るには如何にすべきか。そして先祖から手渡された日本の土地を、自然を、財産を、文化をを如何に護り次の世代に渡すべきか。情けない質問で申し訳ありませんが。

baseheat さんのコメント...

2010年9月8日0:29 の匿名様
(割り込みコメントで、失礼します)
たった1人では何もできない・・・というのも現実です。けれど、理想はたった1人の行動から現実になる・・・ということもあります。 現在の日本の惨状?!を見れば、憂鬱にもなるし、失望を感じることもあるでしょう。でも、今勢いにまかせて好き勝手をしている人がいつまでもその勢いを維持できると決まっているわけではありません。確かにこの先、大変な困難に見舞われるかもしれませんが、日本人の底力というのは、そういうときこそ発揮されるものです。それをもし阻害するものがあるとすれば「あきらめ」や「世をすねる」一人一人の気持ではないでしょうか。余りにも楽天的で危機感がないのも問題かもしれませんが、過分に心配し先を暗く考えてしまうと、夢を描くことを忘れてしまいませんか? まずは自分が日々きちっと生きること、やれることやりたいことをやる意志を行動にすること。余り世の中のゴタゴタに気を取られすぎて生きる力を失わないこと。そうやっていざと言う時に行動を起こせる基盤を作るのも無駄ではない・・・なんてことを自分に言い聞かせています。

Silvercord manager さんのコメント...

9月7日22:31投稿の匿名様
9月8日0:29投稿の匿名様

質問は承りましたが、現在霊界の住人は非常に多忙を極めているようですので、回答までもうしばらくお待ちください。

匿名 さんのコメント...

9月7日22:31の匿名です。
中間報告をありがとうございます。
引き続きよろしくお願いいたします。

Silvercord manager さんのコメント...

9月8日0:29投稿の匿名様

大変お待たせいたしました。
記事【日本人を信じよう】を投稿しましたので、ご覧ください。

Silvercord manager さんのコメント...

9月7日22:31投稿の匿名様

大変お待たせいたしました。
記事【日米安保と憲法改正について】を投稿しましたので、ご覧下さい。