2010年9月30日木曜日

大神神社の神様から皆様へ

先日の記事【大和神社の神様から皆様へ】でご紹介しましたが、奈良県天理市の『大和神社』を参拝した後、そのまま国道169号線を南下して、奈良県桜井市の『大神神社』へと向かいました。





そして、こちらでも霊媒が御神籤を引いたところ、これまでと関連する内容の和歌が綴られておりました。



秋去らば いまも みるごと
妻ごひに かしまむ やまぞ
この原の うへ

(このクジ運の人は なぜか小さな「吉」を摑んで放さないが それがまた 不安のたね 思ひなほして新しいみちをミチを歩めば 更に「大吉」を摑む相あり
心も言葉も皆朴を保つべし)

こちらの御神籤についても、大神神社の神様のお話を伺うこととしました。





■ 大神神社の神様との対話

大神神社の神様
御神籤では『運』として表現しておりますが、そもそも『運』とは自ら招き寄せているので、日々の行いの結果――日々の考え方とか活動の結果ですので、その辺を踏まえておく必要がある。
ここでは小さな『吉』を掴んで放さないとしておりますが、何か自分にとって一つ好ましいことがあった時に、次に何かがあっても「これがあれば大丈夫」と思い込んでしまいます。
たとえば、ある商売で成功したとします。
ある一つの商品が大当たりして一時的に儲けたとしたら、その商品にしがみついて、新たな商品を開発しようと言うことが出来ないタイプの人ですね。
逆に、その商品だけに頼ってしまっているから、「もし売れなくなったらどうしよう」という不安が常に付きまとう。

管理人
言い方を変えると『一発屋芸人』みたいなものですか?

大神神社の神様
そうですね。
今商売がうまくいっているので、そこで儲けたお金を元手に新たな商品を開発しようとか、更にその商品を改良してよいものを作ろうとか、発想を変えて新しいものを生み出す努力をする。
そうすることで、「売れなくなったらどうしよう」という不安が無くなります。
まあ、「それが当たらなかったらどうしよう」という不安は付きまとうかも知れません。

管理人
「当たらなかったらどうしよう」ではなくて、出来るだけ当たるものを作り出す為に、例えば『マーケットリサーチ』を行って市場の動向を掴む。
お客様のニーズを事前に把握することによって、ある程度「当たらないかも知れない」というリスクを下げることは出来ますね。

大神神社の神様
そして、そうすることによって新しい『運』をたぐり寄せることが出来ますね。

管理人
ここで個人的に注目したいポイントがあるのですが、一番最後の所ですね。
『心も言葉も皆朴を保つべし』
下らない小細工をして、「あいつを出し抜いてやろう」などと妙なことを考えても…。

大神神社の神様
そういうやり方をしても、満足のゆく結果を得られない。

管理人
そういうことですね。

大神神社の神様
とにかく「運がよい、悪い」と言いますけれども、『運』とは自分の意志とは関係ないと思われがちですけど、『運』とは自分の意志や行動によってたぐり寄せられるものなので、『宿命』と『運命』を混同されている方が多いようです。
『宿命』の部分は動かし様がないけれども、『運命』は変えられるのですよ。
それはその時々の自分自身の対応によって、変化する可能性がありますよ。
生まれた時から臓器が病に冒されていたり、体の一部が無いという場合は、自分で選んでその環境に身を置いたといえます。
それは『宿命』に当たる部分ですが、後の選択によって起きてしまったものは『運命』の部分なので、可能性は他にもありました。
その辺を混同されませんように。

管理人
そうですか。

霊媒M
その点は私も気になっていました。
混同していて、その違いがよくわかっていないのかなと。

管理人
よくわかっていないと言うより、余り突き詰めて考えていないのかな。
何となくの雰囲気でその様な言葉を使ってしまっているけれども、正確な意味までは理解できていない。
そして「何となくこういうものなのではないか」で止まってしまっている。

霊媒M
それはともかく、『運命』と『宿命』は違いますよ――ということを伝えたいのだと思いますよ。
『運命』には幾つもの可能性がありますよ――と述べていますので。

管理人
その時によって可能性はあるけれども、ある一つの可能性を叶える為には、普段よりも一層の努力を積み重ねないと叶わない場合もあるでしょう。
何もしなければ何もしないまま流れてしまう道もあるでしょう。
可能性はあっても、多くの努力を積み重ねないと実現できない可能性もあって、自分では努力しているつもりでも、客観的には足りていない場合もあります。
でも、自分では十分努力をしているのに出来ないじゃないか、これは『宿命』だ――と結論づけてしまう場合があるのではないでしょうか。
自分の努力が足りていないと結論づけたくない…。

霊媒M
これは自分の経験から思っているのですか、「こうしたい」と思っていても叶わない時は、実は自分が心から望んでいる訳ではない場合があって、「何とかしよう」と努力を傾けることが出来ていない。
そんなものは変わるはずがない。
それこそ『絵に描いた餅』を「食べたい、食べたい」と言っているだけで、具体的には餅を手に入れる努力をしていない。

管理人
それが、努力をしていないのか…。

霊媒M
自分なりには努力をしているつもりでも、あとで関心が無くなってから振り返った時に、「あれは真剣に望んでいた訳ではないな」と思ったことがあって、それでは思っていても叶う訳がないと言う結論が出ました。
それはその時の状況に憧れていただけですね。
本当に欲しいものとは違っていたと思う。
本当に欲しい場合は諦められないから、あらゆる方法を使ってでも手に入れようと思う。

管理人
ちょっと余談が入りましたが、以上でよろしいでしょうか。

大神神社の神様
はい。

(2010年9月24日)





今回の京都・奈良の霊的スポットを訪ねる旅では、元々霊媒の要請によって“とある場所”を訪ねるのが目的でした。
しかし霊媒によると、京都は元々街全体が神域と言っても良い状態にあるようですし、数多くの気になる霊的スポットが存在します。
そこで、この機会に京都・奈良の気になる霊的スポットを巡り、その途上で本来の目的地にも立ち寄ろうと言うことになりました。
そして、大神神社を後にした私たちは、いよいよ本来の目的地へと向かいます。

【Silvercord】管理人 

8 件のコメント:

  1. 大和神社や今回の大神神社のお話は
    日本の現状というよりも、今の私の現状に非常にタイムリーなお話でした。
    「努力しているつもりでも、客観的には足りていない。」
    本当にそうだなあと思いました。
    まだまだ生きていくことに対して覚悟というか
    真剣味が足りていなくてどこか他人に依存してしまう。
    そのうちきっとなんとかなると思いつつずるずる来てしまいました。
    それで運が無いと嘆いてみたり・・・
    根性入れ替えて色々試行錯誤していこうと思います。
    ありがとうございました。

    返信削除
  2. たらこ様

    経験を踏まえた個人的な印象ですが、ある目的を成し遂げる為に努力を傾ける場合、きちんと努力の内容に見合った結果が出ていると思います。
    私たちにとっては、どうしても原因から結果へ至るまでの関係が見極めにくいのですが、霊的知識に触れることによって、徐々に『物事の因果関係』を見極めることが出来るようになって参りました。
    因果関係についての理解が深まれば、実際に取り組みを始める前の時点で、既にとるべき方法と必要な準備、想定される問題についての大まかな対応策を予め整えておくことが出来ます。
    行き当たりばったりで物事を進めるのと、因果関係についての理解を深めた状態で物事を進めるのと、どちらがスムーズに進められるのかは明らかですよね。
    ですから、日々の生活のなかで『物事の因果関係』に着目して、たらこ様ご自身の取り組みの経過を観察されてはいかがでしょうか。

    返信削除
  3. いよいよ橿原宮でしょうか。それとも神武御陵。
    もしそうであれば日本国創生に携った方たちのお話が楽しみで仕方ありません。

    返信削除
  4. 10月2日16:56投稿の匿名様

    残念でした。
    10月2日と3日の投稿の記事では、花の御寺として知られている奈良県桜井市の長谷寺についてご紹介したいと思っております。

    返信削除
  5. こんにちは、初めてコメント致します。

    最近こちらのブログを知り、心が少し軽くなりました。
    お尋ねしたい事があります。韓国のことです。
    最近韓国がらみのことで、日本と日本人が、貶められることが多くあり、心苦しく思っています。最近は天皇陛下を韓国に呼び、土下座をさせようと思っているようです。あんまりではないでしょうか。もう韓国と言う国が大嫌いです。
    読ませていただいた霊界通信の中で、中国は破滅への道を歩んでいる、と書かれていました。ならば、同じような態度である韓国はどうなるのでしょうか、このまま許されていくのでしょうか、ぜひ、お聞きしていただけないでしょうか。
    宜しくお願い致します。

    返信削除
  6.  こんにちは。
     上の匿名さんの質問に便乗させて質問させていただきます。
     9月17日に、『陛下、突発の公務で初の「ご静養中断」 新閣僚認証式で(http://tinyurl.com/25h3j97)』というニュースがありました。
     記事の中で「宮内庁によると、予定されていなかった公務が入ったために陛下が静養を「中断」し、皇居に戻られたのは初めてという。」とあります。民主党政権がまたしてもこのような不敬を、と思った方も多かったと思います。
     この件について、霊界の方では民主党政権に対し、例えば中国に対してのように「支援を断つ」などの動きはあるのでしょうか。
     よろしくお願いいたします。

    返信削除
  7. 10月8日0:25投稿の匿名様

    記事【中国と韓国についての二題(一題目)】を投稿しましたので、ご覧下さい。

    返信削除