2010年1月1日金曜日

中川昭一霊より、新年のご挨拶

スピリチュアルBlog【銀の紐】をご覧の皆様。
新年、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

さて、2010年最初の投稿は、『中川昭一』と名乗る霊より、皆様への新年のご挨拶の紹介から始めたいと思います。





新年 明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

と言う事で、新しい年が幕開けしたわけだけど、今年は激動の年になりそうだ。
皆さんは今年、選択を迫られる事になる。
誤った選択をすれば、大きな衝撃を伴う変化が訪れるだろう。
選択を誤らなければ、前半はゴタゴタするかもしれないけれど後半は落ち着きそうだ。
どちらにしろ、皆さんの選択次第と言うわけだ。

皆さん、様々な思いを抱いて新年を迎えたことだろうと思う。
『今年こそは!』と言う気持ちでいる人も大勢いるだろう。
どんな事でもそうだと思うけど、感情が先走りすぎるとあまり良い結果を招く事は無いので、そこのところは注意してもらいたい。
去年は、思いだけが先走ってしまって、なかなか結果が伴わないと言う人も大勢いたように見えるけど、今年は少し冷静に対処するよう心掛けると吉だ。
去年の自分を省みた上で、今年の計画や目標を決めると良いと思う。
どんな時でも冷静に対処できる心の余裕を持てるように心掛けよう。
そうする事で、今までは見えてこなかった“あれこれ”が見えてくるかもしれない。

例えどのような結果が待っていたとしても、皆さんはこれからもこの日本で生きてゆくのだから、これからの自分の人生に関わる重要な選択を迫られる年である事を忘れないで欲しい。

今年が、日本にとって本当の意味で始まりの年となるよう祈っています。

(2010年1月1日)




本日は中川昭一霊からのメッセージをお届けしましたが、他にも、霊界の住人の皆様より、年頭に当たってのメッセージを頂ける事になっておりますので、お楽しみに。

【Silvercord】管理人 

2 件のコメント:

  1. こちらでは今年始めての書き込みになります。やはり今年はとてつもなく混乱する年になりそうですね。
    しかし、これを乗り越えたら戦後が終わる、という嬉しさでいっぱいです。戦後最大の危機をチャンスに変えるためには相当な苦難が待ってるのでしょうが、乗り越えた時に得られるものは、生涯の宝になるでしょう。
    天国に逝っても必死に日本のために働いて下さる昭一さんのためにも、何があっても絶望せずに進みます。

    人生を左右する大事件を前に、冷静に観察する・・・挑みがいのある大きな目標です。少し前までの自分では絶対無理なハードルでしたが、今なら乗り越えられそうな手ごたえがあります。
    判断さえ間違えなければ半年で山場を越えられそう、という期限を示して下さったのも、大いに救いになります。
    こちらのブログも今年は大忙しかと思いますが、これからも更新を楽しみにしてます。

    返信削除
  2. はつゆき様

    今年に限らず、何かと騒がしい時期は今しばらく続くことと思います。
    また、後の時代から振り返った時に、昨年から今年にかけては、ある意味区切りの年として受け止められるのでしょう。
    ただし、何か特定のイベントを通じていきなり世論が極端に振れてしまうのではなく、時間をかけて徐々に世論が移り変わって行くのだと予想しております。

    逆に、短期間で極端に世論の風向きが変わってしまうとしたら、日本にとっては好ましくない経過を辿ってしまった場合に、それまでの反動として表れる可能性はあるかも知れません。
    その様な急激な変化は、日本国内においても、周辺諸国との関係においても、過剰な摩擦を引き起こすと思われますので、極力避けたいところです。

    尤も、私は、日本にとってよりよい方向へ向かうと確信しております。
    はつゆき様を始め、当Blogをご覧の皆様、『中川昭一』と名乗る霊の呼びかけに応じて独自に活動されている皆様がおられますし、霊界の住人の皆様からの強力な支援を得ております。
    『求める者には与えられる』のです。

    返信削除