2011年8月9日火曜日

人間の手によって引き起こされている問題に注目しよう

大変お待たせ致しました。
今回は、記事【パニックによる人災を防ごう】のコメント欄にお寄せ頂いた匿名様の質問について、『国境を管理する霊団』の皆様の回答を預かりましたので、ご紹介したいと思います。





■ 匿名様の質問

2011年3月18日22:35 に管理人様がコメントされた【『国境を管理する霊団』からの警告】について、私自身も気になっております。
以前、『国境を管理する霊団』の方々によって、暗雲が日本に迫っており、日本国民が何らかの被害をこうむるという可能性を示しておられたのですが、今回の未曾有の大地震によって、それらの状況は大幅に変わりつつあるのでしょうか。
お忙しい時期とは存じますが、お答え頂けたら幸いです。





■ 『国境を管理する霊団』の皆様の回答

大変長い間お待たせいたしました。
ようやくお話できる状態になりましたので、早速お話させていただきたいと思います。

以前私どもが発した警告は、震災そのものの影響というよりも、むしろ震災後に引き起こされている日本が抱える様々な問題(人間の手によって引き起こされている問題)に注目した方がわかりやすいと思います。
人間の手によって引き起こされた様々な問題は、必ず人間の手で解決することが出来ます。
今皆様が注目している様々な問題を、今一度じっくりと観察してみましょう。
今まで日本が抱えてきた様々な問題を解決できる糸口が、あちらこちらに見え隠れしております。
それはもう、あからさまと言ってもいい程です。
日本の現実を直視できる目を持っていれば、あきらかに判ります。
解決の糸口が見えたならば、後は皆様の行動次第です。
現実を認められない頑なな心では、未来を見通すことは出来ません。
過去の失敗を悔やむのではなく、過去の失敗に学び、輝かしい未来への糧としましょう。
失敗をしたという事は、一つ賢くなったということです。
そのようにして人間は一つひとつ知識を蓄え、日々成長しているのです。
失敗をする事は決して恥などではありません。 失敗から学べない頑なな心こそが恥なのです。
私どもは常に皆様をお支えしておりますから、希望の持てる明るい未来を築くためにも、日本が持つ力を信じて、皆様ご自身が出来る事を日々実践し、安心できる安定した社会を実現してください。
そのためにも、国民が一丸となって取り組める環境を一日も早く築きましょう。
日本としての方向性がまとまれば、後は希望の実現に向けて励むのみです。
皆様ならば必ず実現できます。

(2011年8月9日)





合わせて、霊媒より「ちょっと曖昧な回答ですが、何か聞きたいことがあれば追加で答えていただけると思います。」とのコメントが添えられておりました。
これまでにもご協力を度々お願いして参りましたが、曖昧な質問には曖昧な回答となりがちですので、具体的な回答をお求めでしたら、質問も具体的な内容を心掛けて頂ければと思います。

Silvercord管理人 





8月9日現在回答待ちの質問

記事【ご覧の皆様からお寄せ頂いた質問について】の理由により、下記のご質問につきましては、しばらくの間回答を延期させて頂いております。

30 件のコメント:

baseheat さんのコメント...

お話、ありがとうございます。
 
私は現状の問題は、元々の発端となった震災(本当の発端は、もっと前のことだと思いますが)よりも、その後の人災とそれに関わる人々のそれぞれの思いが入り乱れた混沌ゆえだと思っています。
あからさまになっている様々な問題ですが、それを目の当たりにしても理解できない人も少なからずいるように思います。何か暗示にでもかかったかのように、あるところを指摘すると、思考停止になるような感じです。それが失敗を認めないということなのでしょうか。
元々日本人は個が集まり場として働くことで、絶大な効果を発揮する業がありますが、今回それが働かしきれていないように思います。機能するべきところに阻害する力がある為です。この20年程は特に社会の様々な場を解体し、個人の利益を追求するのが是とされる風潮がありました。個の力を活かすことは今後の日本にとって大切なことですが、それは場の解体ということではないでしょう。場の解体を意図したものの策略にうかうかと乗ってしまい、災害の際にも場が解体されているところは立ち直りが遅く、場が機能しているところは被災が酷くとも前へ進み始めているように感じます。人災の部分については、私ども日本国民の能天気ぶりが、悪い方に発揮された感があります。今、力を結集して迅速に行うべきことをやらず、仕掛けられたムーブメントに注目をしてしまうなど本末転倒です。良くも悪くもお祭りの方に目が向きやすい国民性でしょうか。
被災地の、特に被害のひどい三県沿岸部や、福島の原発の二重被災の方々は、大変ご苦労されています。そこにつけこんで海外、国内の心無い方々が利を得ようと寄ってきています。しかし同じ被災をしても個々に受け取り方が違い、その後を迎えていることがあります。新たな場をしっかり作ろうと動き出したところも少なからずあるようですし。
第二次世界大戦での敗戦、先の阪神淡路大震災や、新潟の地震、今回の大地震と津波と福島の原発の事故(というより事件)など、まずは衣食住の方に目が行っても仕方ないでしょう。特に今回、人災の側面として国が国民を護るという当たり前の政策を遂行しない(できない?)という事態もあり、一層衣食住のことに(被災地以外まで)執着せざるを得なくなっているようにも思います。
けれど、当初震災後の一週間に感じたのは、何かが起きた時なによりもまず大切になるのは、人としての心であるということでした。 「私たちの平和宣言」として、先日広島で、公式の平和宣言とは別の宣言があったことを本日知りました。そこには、私が感じたことに近いことがつづられていました。先の大戦の時も阪神淡路やその他の災害の時も、口蹄疫の事件も、日本国民の心身の働かせ方で国を護ってきたのではないですか?そういう人の力がある場には神々の力も降りやすくなるのでは? それをじりじりしながら待っているのは、神々の方ではないかと思うのですが。

匿名 さんのコメント...

初めまして。記事とは全く関係ないのですが質問よろしいでしょうか?
私の地元の神社は鳥居の中に駐車場があります。私も最初は抵抗があったんですが、最近は普通に鳥居を車でくぐっています。これって良いんでしょうか?

なんだか間抜けな質問かもしれないのですが、やっぱり気になるんです。お時間があったらで構わないので、どうぞよろしくお願いします。

ジョアン さんのコメント...

横レスですが、昔、京都市電北野線は北野天満宮の鳥居を通り抜けたところに車庫がありました。
他、京都市や名古屋市には大通りを鳥居が跨いでるところがありまして、これは車でもなんでも通り抜けざるを得ません。
ただ、聖域であるのは間違いないので邪な気持ちは持たないようにしましょう(笑)。

匿名(中学生) さんのコメント...

おはようございます。

管首相が辞めるとか辞めないとか

私はずっと小さいころから政治のこと全く知らないで

自民党がなぜか好きだったので麻生さんとかを

応援してました(まだ選挙権は無いのですが)

自民党も前はお金がどうのこうので悪いといわれてましたが

民主党よりは外交的なのはできてたと思います。

民主から自民に変わっても何もできないとか、

管の居座りで亡国などという報道がよくあり、

この先大丈夫なのか不安であります。

今日も中国空母が試験運航とか進んでてどうなんでしょう

そこらへんのジャーナリストは

世界の経済崩壊=大恐慌=戦争が起きると言ってて

大丈夫なのでしょうか?

日本は金の卵らしいですが、どんな風に動くのでしょう

私一人では何も動かせません

国防はアメリカ無しで防衛できるくらい動けるようになれればいいし

東アジア共同体も発足されて欲しくないし

何ができるんでしょう

匿名 さんのコメント...

この度の質問者です。曖昧な質問にもかかわらず、とても丁寧に回答していただきありがとうございます。

質問した当初は未曾有の大災害の後、民主党政権下の日本があまりに無防備のような気がして、漠然とした不安を感じていました。しかし、過酷な状況にありながらも、火事場泥棒的な犯罪に走る人もおらず、互いに助けあい、復興を目指している被災地の方々が報じられるつれ、この国はどんな危機にあっても大丈夫、というような気持ちが湧いてきました。

海外の多くのメディアでも、災害後の混乱の中、略奪、犯罪もなく、ごく自然に団結して互いに助け合う日本人のあり方が称賛の声とともに紹介されました。

また、自衛隊の方々の活躍に、被災地の方はもとより国民全体がその必要性を強く考えるきっかけになったのではないかと思います。

無知な私には「今まで日本が抱えてきた様々な問題を解決できる糸口」がなんなのか図りかねますが、この度の震災という危機に際して、国民全体が、自分たちが日本人であるということを強く意識する契機になったのではないかと思います。

そして、私個人も日本人としての自己のあり方を考えさせられます。恥ずかしながら、国の心配をする前にまず、自分自身の未熟さに向きあうべきでした。「失敗から学べない頑なな心」は同じ失敗を何度も繰り返す私にも充分当てはまります。

今回このような自己を省みる機会を与えてくださったことを改めて感謝致します。

匿名 さんのコメント...

このブログに書かれているように霊的成長がすべての存在理由なら、最大の悪行は霊的成長の阻害です。
そう考えると日本の一方的援助と妥協は一部国家にとって悪行以外の何者でもありません。
第二次世界大戦で日本が受けた果の一因は、その悪行の結果かもしれません。
唯一の基準は成長に繋がるかどうか。もしそうなら悲しいかな因果に情の入る隙間はありません。

ヨーロッパでは移民政策の歪みと思える事件がノルウェーで、次いでイギリス で発生しました。折りしも金融危機の再燃。
霊的成長という観点にたった価値観の転換が必要なのかもしれません。
神々は早く気付け、行動しろと働きかけて下さっているように感じます。
時を逸すれば、更なる試練が襲ってくるのでしょうか。

日本国民の意思統一には高いハードルがあります。
巷は真偽のわからない情報で溢れ、政治に無関心な多くの人がいます。
理不尽な要求でもお隣の国に貧しい人々に尽くすのは善。我慢は美徳とかんがえる方々もいらっしゃいます。

今後の行動で未来は決まっていくのでしょうが、完璧な因果律のもと、霊的成長を促すことを使命とした神々の働きの中で、どのような因果が待ち受けているのか恐ろしくもあります。

Silvercord manager さんのコメント...

baseheat様
8月10日3:25投稿の匿名様

霊媒に伝えましたので、しばらくお待ち下さい。

Silvercord manager さんのコメント...

匿名(中学生)様

今「民主から自民に変わっても何もできない」と報道している人々は、政権が自民から民主に交代する前から、「政権交代で日本はこんなに良くなる」と盛んに報道してきました。
しかし、今になって「彼らの報道は誤っていた」と言うことが、誰の目にも明らかになりましたね。
しかし、報道機関の人々は自分の誤りを謝罪するでも無く、反省するでも無く、今度は「民主から自民に変わっても何もできない」と言っています。
果たして、彼らの報道を信用して良いものでしょうか?


そして、「菅首相の居座りで亡国」の本質は、「首相を務められる能力の無い人が首相になってしまうと、私たちの生活に深刻な悪影響が及ぶ事を、全ての日本国民が理解する必要がある」のだと思います。
今は厳しい経験を積んでいる最中ですが、皆が「菅直人氏のような人物を首相にしてはいけない」と、痛みを通じて学んでいるのです。
この度の騒動を通じてきちんと理解できれば、今後は皆が日本を亡国にしてしまうような人物には投票しなくなるのでは無いでしょうか。

匿名 さんのコメント...

「菅首相の居座りで亡国」という報道もまた、信用してよいものではないと思います。計画よりも遅れているので、もっと強引に進めようという勢力もいるのではないでしょうか。

投票以外にもできることはあると思います。外国人を沢山入れて地域の政治参加を既に認めさせたような自治体もあるようですから、次の投票日まで何もせずに待っていては間に合わないでしょう。

では、どう対処するか。行動し、声を挙げればいいと思います。挙げ方は様々です。投票は声の挙げ方の一つです。

学校のテストとは違い、選択肢の中に答えがない場合があります。将来の投票だけでなく、足元から行動していきたいものです。

間違った考えであっても、数十年以上も行動を積み重ねて力を合わせてきたグループの力を痛みとして受けているならば、正しい考えのより大きな力で対応すればよいと思います。

選択肢の中に答えがあるような従来の教育は、日本の力を恐れるが故ではないでしょうか。

正しい考えのより大きな力で対応できるように、すればよいと思います。意識や理解も、その一部です。

やるかやらないかだけで、意外と簡単ではないでしょうか。

匿名 さんのコメント...

報道機関がやりたいことは、日本国民が混乱し社会システムが機能しなくなることでしょう。民主も自民も信用できない、政治家は国民とはかい離した存在で、国の為人の為になど働かないんだと印象付け、疑心暗鬼、自暴自棄になってそれぞれが我儘勝手にふるまうようになれば、しめたものだということではないかと。
統率者の権力によって統制がとられているという社会システムならば、それは簡単かもしれませんが、個々の人間の資質として、周囲と連携を取り全体としてスキルアップする志向がある場合は、一端バラバラになっても、いずれできるところから連携する方向に行くので、そうそう思う通りには行かず、仕掛けた方も焦っているのではないでしょうか。

Silvercord manager さんのコメント...

8月12日4:02投稿の匿名様

>計画よりも遅れているので、もっと強引に進めようという勢力もいるのではないでしょうか。

何か根拠がございましたら、教えて頂けますか。


>外国人を沢山入れて地域の政治参加を既に認めさせたような自治体もあるようですから、次の投票日まで何もせずに待っていては間に合わないでしょう。

何が間に合わないのかを教えて頂けますか。

Silvercord manager さんのコメント...

8月12日9:59投稿の匿名様

概ね同意するご意見なのですが、コメントの前段について、報道機関がその様な意図を持っていたのでは無いかという点については疑問が残ります。
日本の社会システムが機能しなくなってしまっては、報道機関が自らの息の根を止めることに繋がるからです。
むしろ日本国民全体として、相手の言葉を鵜呑みにしがちであったり、その場の対立を避ける余り、相手の誤りを黙認してしまいがちな性質が影響している印象があります。

匿名 さんのコメント...

菅さんでは公明党と組めないわけです。
公明党その他と組むことで外国人参政権や人権擁護法を決めてしまえば、日本人を護る制度が形骸化してしまいます。

すでに留学生や移民に税金を使い、どんどん増やし日本人の生活を圧迫しているのではないですか。日本以外の国では戸籍に載っていないような人も沢山いるわけです。その人たちが観光名目で入ってきて住民として定住し、選挙権を持ったら、日本人は少数になってしまいますね。

行き当たりばったりに国会で議論されたことが法律化されるのではなく、先にビジョンがあり、国会に提出されるのです。以前から様々な攻撃をしかけられています。

与えられた選択肢から答えを選ぶのが社会参加であるという
教育を受け、自分で考えることが少なかった場合、何をしてよいのか分からず、次の選択肢を与えられるまで待ち、失敗するよりならば、何もしない、何もしないための理由を探す方がよいという状況になりがちです。

日本は間違いをしたのであり、間違いがいけないことという教育を受けた人は、間違うことを恐れ、間違いを認めることができず、したがって、間違いを正していく力が衰えることになります。外国の言うことが正しく、日本人の言うことが間違いで、他人の考えを自分の考えと思うことになります。政治家も同じですね。

報道機関も人間の集まりにすぎません。その影響力を知るからこそ、そこに入り込む人間もいます。政治家の周辺に入り込む人もいます。教育も同じです。周りの人が、嘘であっても同じことを吹き込めば、そのようになるという方法を得意とする文化もあるようです。それが、うまくいかないと知るまで延々と続けることでしょう。

政治家も周りの声が大きければ、間違いであってもそれが世論であると考えることもあるかもしれません。結局のところ、お金で決めるのが平等であると考えることもあるかもしれません。

選択肢を作る側に相当数入りこまれている以上、作られる選択肢を待っていては間に合わないでしょう。

一から物事を作ることは想像もつかないぐらい大変なことです。まずは働きかけることで、正しい方向に修正していけばよいですね。

他人事にするか否かということです。

匿名 さんのコメント...

8月12日9:59投稿の匿名です。

管理人様、
おっしゃる通りであればいいのですが、テレビ局にしろ、新聞社にしろ、日本の国民に知らせるべきことを知らせずに、他国の視点からの報道を行ったりしているのは、どういったわけでしょうか。
日本の社会システムが本当に壊れてみれば、自分たちの首を絞めただけであるとわかるでしょうが、それを知ってか知らずか、目の上のたんこぶである日本国のシステムを自分たちのも思うように動かしたいという意図はあるように思います。
もちろん、報道機関の全ての人々がそういう輩であるとは思っていませんが。

Silvercord manager さんのコメント...

8月14日23:59投稿の匿名様

上のコメントで「むしろ日本国民全体として、相手の言葉を鵜呑みにしがちであったり、その場の対立を避ける余り、相手の誤りを黙認してしまいがちな性質が影響している印象があります。」と述べましたが、だからこそ理不尽で筋の通らない主張であっても、一部の声の大きな者の言い分であれば媚び諂い、相手の言葉を鵜呑みにしてしまうのだと思います。
思考停止状態にあると言うことです。
そうでもしないと、精神の呵責に耐えられないのかも知れません。
マスメディアの中の人々の心理状態をその様に想定すると、客観的に見れば自らの首を絞める行為に及ぶ理由の説明がつくと思いますが、いかがでしょうか。
また、冒頭「日本国民全体として」と述べましたが、だからこそこの問題の根深さ、難しさがあります。
匿名様が「日本国民に知らせるべき事」と考える情報は、これまで『マスメディアに対して大きな声を上げ続けてきた人々』にとっては都合が悪い情報なのでしょう。
マスメディアにしても、最初は理不尽と感じつつも嫌々従っていたとしても(嬉々として自ら率先していた可能性を否定はしません)、既に一部の声の大きな者との関係を延々と続けてきてしまったのですから、今更姿勢を改めても共犯者の謗りを免れられません。
マスメディアにとって今迄の状態は、他人の言葉を鵜呑みにしなくては維持できない窮屈なものであっても、反面経済的利益などの得るものもありました。
例えその先に日本のシステム崩壊に伴う自滅が待ち受けていても、今迄の姿勢を改めた後の影響を考えると、少しでも現行のぬるま湯状態を長く継続できる方が良いと見ているのではないでしょうか。
この状態を改善し、国内の健全な情報流通を取り戻すには、8月12日4:02投稿の匿名様のコメントにあるように、問題意識を共有する国民が率先して声を上げ、自主的に活動を始めるよりありません。
マスメディア自体が社会的影響力を失って衰退するか、国民の声に応えてマスメディアの問題が解決したと判断できる時が来るまで、粘り強く継続する覚悟を固めて臨む必要があります。
なお、活動のやり方には色々あるでしょうが、私からの具体的な言及は避けます。
そこから先は、問題意識を共有する皆様がご自身で考える問題だと思いますので。

Silvercord manager さんのコメント...

8月14日13:52投稿の匿名様

些末な政局論は避けたいのですが、仮に公明党が民主党と連立を組んだとしたら、これまでと同様に次の総選挙まで延々と繰り返す民主党政権の失政の責任を分担することになります。
一方、自民党には『戦後体制からの脱却』と『自由と繁栄の弧』を本格化させる基盤作りの役目を期待している私にとって、連立政権以降の自民党と公明党の連携状態は余り好ましい状態とは思いません。
記事【宗教団体が政治に関わる事】にあるように、宗教団体が政治に関わる行為自体に否定的な見解を持っておりますので、況してや特定の宗教法人との強い繋がりを持つ政党は否定的に見ております。
ですから、公明党が泥舟民主党政権に相乗りするのでしたら、むしろ好都合と受け止めております。
また、私たちも以前から『外国人参政権』や『人権擁護法』には関心を持って参りましたし、『銀の紐を越えて』には記事【永住外国人地方参政権について(メッセージ55)】や記事【人権擁護法案について(メッセージ56)】を投稿しております。
ですから匿名様の抱える危機感は理解できるのですが、それを踏まえた上で、政権交代後これまでの民主党政権の歩みを検証してみましょう。
先日来、民主党が先の総選挙で示したマニフェストで掲げた政策を見直す意向がある旨の報道がありますが、明確なビジョンが無い為に実効性ある政策立案が出来ないため、与党議員の数でごり押ししても、結局後が続かずに撤回の憂き目を見る好例であります。
子供手当しかり、高速道路無料化しかりです。
「無駄を削る」と称して事業仕分けに注力する姿を見せようとしますが、「削ってはいけない事業」を数々削減対象としていたことが発覚したり、一旦仕分け対象にした事業をこっそり存続させたりと、こちらも無定見なパフォーマンス政党としての一面を披露しておりました。
そういえば、ほぼ話がまとまっていた米軍普天間基地移設問題も、一旦は民主党政権がちゃぶ台返ししたものの、何の解決策も用意していなかったことが表面化して、結局は問題をこじらせたまま放置しております。
そういった政権担当能力の欠如した政党がどの様な政策を推進しようと、中途半端な状態のまま投げ出すか、一旦は成立しても撤回せざるを得なくなると見ております。
そこで、上記法案が仮に成立してしまった場合、一時的には何らかの不都合が生じる可能性があります。
法律の運用上生じた不都合により、損害を受ける方が現れるかも知れません。
ですが、先に挙げた子供手当や高速道路無料化などの例を見ればお分かりのように、実際に不都合を経験しなくては分からない人々が多数おります。
そして、一度経験を通じて骨身に染みる教訓を得れば、その後はそう簡単に同様の過ちを犯さないものです。
現在日本に暮らしているのは、匿名様や、これらの法案の動向を注視している皆様のように、実体験を伴わなくても予め後の展開や危険性を想定できる方ばかりではありません。
そして、少なくとも国民の過半数が拒否の声を上げれば、政府は国会はその声に従わざるを得ないのです。
さて、本論としては以上ですが、ここからは気になった点について。

>以前から様々な攻撃をしかけられています。

こういう曖昧な表現はせずに、「誰が誰に対して何を行っていて、それは攻撃であると認識している」と、主語を省かず、具体的な事例を示されるべきです。
根拠を示さずにこの様な表現を用いていると、徒に対立を煽っていると受け取られて誤解を招く原因となります。

>政治家も周りの声が大きければ、間違いであってもそれが世論であると考えることもあるかもしれません。

これは明確な誤りで、政治家としての資質を備えている方は、皆国民の生の声を求めております。
国民の意見を集約して国政に反映させるのが政治家の役割であることを、充分理解しているからです。
もし、現職の国会議員(あるいは地方議員)の中に該当しない方が居られるとしたら、国民が選挙の際に誤った選択をし、国政を担うに相応しくない人物を国会に送り出してしまったのです。
国民が誤った結果責任を政治家に押しつけてはいけません。
また、国民の担う役割は選挙で終わるのでは無く、選挙と共に始まると認識する必要があります。
『銀の紐を越えて』掲載の【衆議院議員選挙を終えた日本国民の皆様へ(メッセージ103)】など、同様の見解について度々述べております。

>選択肢を作る側に相当数入りこまれている以上、作られる選択肢を待っていては間に合わないでしょう。

この様な表現が何を表しているのか、いまいちはっきりしませんが、国家の行く末について意思表示をし、その結果責任を取るのは国民が務める役目です。
政治家は国民の意見を集約して具体的な政策に仕上げる役どころであり、政治家が具体化した政策の実行を主導するのが行政の役割です。
ちなみに、国民が意思表示をする際に、判断材料を収集整理する役割を求められているのが現在のマスメディアの位置づけなのだと思いますが、国民自身が自ら担わなくてはならない役どころを自覚していない点が、現在の日本が抱えるあらゆる問題の根源であると考えております。
裏を返せば、この点さえ解決できれば、日本の抱えるあらゆる問題が連鎖的に解決して行くでしょう。

Silvercord manager さんのコメント...

8月15日18:35投稿のコメントから、一部漏れがあったので追記します。

以上の内容を踏まえて、『外国人参政権』や『人権擁護法』などの問題点を指摘し、法制定を狙う民主党の行動を妨げる活動をされるのは、合法的な手段を通じてであれば大いに結構なことと思います。
しかし、仮に法律が制定されてしまったとしても、そこであっさり諦めてしまうのでは無く、そこから真の正念場が始まるとの覚悟が求められます。
可能であれば、今から法制定後の対応についても想定しておいた方が良いのではないでしょうか。

匿名 さんのコメント...

2011年8月14日23:52 の匿名です。
管理人様の報道機関についての御意見よくわかりました。ありがとうございます。
国民全体としての行動の問題点は、未だその傾向は強いものの是正されつつあるのでは。一部の自分で考え違うと思ったことを違うと言ってみる人々が、公の場で発言することがある毎に、心の奥底ではなんか変だと思いつつ、周囲を見回しているだけだった人も自分の心の声に従おうとし始めている部分もあります。ただし、まだ公の場でそう言う人がいるので自分も…というものが多いでしょうから、自らの判断を信じるということになるまでは時間がかかるように思います。

Silvercord manager さんのコメント...

8月15日21:15投稿の匿名様

>国民全体としての行動の問題点は、未だその傾向は強いものの是正されつつあるのでは。

是正の傾向は見えますが、人によって感じ方のバラツキが大きい印象がありますので、両者(疑問を感じる方と鵜呑みにしてしまう方)の認識の乖離が不信と対立の原因となってしまう可能性を懸念しております。

匿名 さんのコメント...

言葉にしないと判らないようでは認識が遅いわけです。例えば正しいと教わったことであれ、思いこみがあると認識が遅くなり対応もできなくなります。

国民の意見を集約して国政に反映させるのが政治家の役割であることを、充分理解しているからです。

では、例えば、以前から、統一教会などの韓国と日本を統一しようという意思のある団体が日本の政治家に秘書を提供しており、日本の保守と呼ばれる所にも影響力を行使している現状はご存知ですか?ロビー活動というものはご存知ですか?日本国民という概念を住民や市民という概念で置き換えようとする活動があることはご存知ですか?

物事はもっと単純で、ロビー活動よりも大きな声をあげないといけないのではないですか?日本に対する攻撃的な活動が目立つようになり、見えた人から声をあげているのではないですか?声のあげ方の形はどうであれ、それが、覚悟や理解の反映ではないでしょうか。

例えば、「亡国内閣」から「救国内閣」
このキーワードだけで、そろそろ世論形成する側の手法に気付くべきです。

以前、外国人参政権は禁止されていない、という選択肢が正解である問題が出題されたようですが、例えば、政治家に立候補する人が、全員反日工作活動をする人であった場合、選択する立場で安心している人では、間に合っていないといえます。

同じように、メディアからの情報を選択する立場で安心している人では、間に合っていないといえます。

いわゆる根拠として確かなものと考えられているような事柄は、果たして本当の根拠なのでしょうか。

現在の政府の周辺の人たちや、共産主義の考えでは、書かれたものが共有できる確かなものであり、書記長が上の立場となり、実質的に、法の中身ではなく、人治主義を目指し、上の立場の者は責任を取らないという世の中を理想としているようです。

間に合う、という言葉は、因果関係も含む時間的空間的な意味があります。対応という言葉もそうです。

霊的世界の方も、従来の考え方では間に合わないから、以前からサポートされていることを気付いてもらうために、大事な時期であるからこそ働きかけをされているのではないでしょうか。

いざ実際の世の中への働きかけとなると、教科書に書いてあるような表面的な考えだけが先行し、そこから出られないことがありがちです。特に戦後教育の影響下にあってはなおさらです。

教科書的なこと、社会制度的なことであっても、霊的な理解を含めることで、合法的に、より力のある対応ができるはずです。それが間に合うということです。

Silvercord manager さんのコメント...

8月15日21:58投稿の匿名様

「言葉にしないと判らないようでは認識が遅い」のではなく、貴方ご自身の理解が曖昧なので、言葉を使用してきちんと相手に伝わる様な説明が出来ないのです。
貴方は一体どの様な目的でコメントを投稿されたのですか。
管理人を含めた、当Blogをご覧の皆様との意志疎通や相互理解などを目的としているのでは無いのですか。
貴方なりの意見や考えがあって、管理人やBlogをご覧の皆様にも考えてもらいたいと希望されるのでしたら、きちんと相手に伝わるように説明を尽くされてはいかがでしょうか。

>以前から、統一教会などの韓国と日本を統一しようという意思のある団体が日本の政治家に秘書を提供しており、日本の保守と呼ばれる所にも影響力を行使している現状はご存知ですか?

統一協会から秘書の提供を受けた政治家とは誰かご存じですか?
日本の保守と呼ばれる所とは何処ですか?
ちなみに統一協会は韓国のカルト教団で、かつて合同結婚式や霊感商法などで日本でも騒がれたことがあります。

>ロビー活動というものはご存知ですか?

ロビー活動は知っていますが、日本ではロビー活動が禁止されていたと記憶しております。
米国では合法のようですけど。

>日本国民という概念を住民や市民という概念で置き換えようとする活動があることはご存知ですか?

民主党が掲げる「地域主権」などが一例だと思いますが、いかがでしょうか。

>日本に対する攻撃的な活動が目立つようになり

何について「攻撃的な活動」と述べているのか、具体的な例を示して下さい。

>例えば、「亡国内閣」から「救国内閣」
このキーワードだけで、そろそろ世論形成する側の手法に気付くべきです。

意味がよく分かりません。
そもそも、きちんと中身を検証しないでワンフレーズに惑わされる国民が愚かなのです。

>以前、外国人参政権は禁止されていない、という選択肢が正解である問題が出題されたようですが、
例えば、政治家に立候補する人が、全員反日工作活動をする人であった場合、選択する立場で安心している人では、間に合っていないといえます。

前提が無意味です。
仮にそういう可能性を想定し、それは問題だと考えるのでしたら、なぜ貴方ご自身が立候補すると言う発想にならないのでしょうか。

>同じように、メディアからの情報を選択する立場で安心している人では、間に合っていないといえます。

何がどの様に間に合っていないのかが分かりません。
それに、情報源がマスメディアだけであっても、詳細はともかく大まかな傾向として「これは信用できそう」、「あれは疑わしい」程度の判断は出来ます。
要は個人個人のメディアリテラシーの問題です。

>いわゆる根拠として確かなものと考えられているような事柄は、果たして本当の根拠なのでしょうか。

ちょっと意味がよく分からないのですが、ある物事を証明する際の確かな材料を根拠と言うのではないでしょうか。
確かでないものは根拠ではありません。

>現在の政府の周辺の人たちや、共産主義の考えでは、書かれたものが共有できる確かなものであり、書記長が上の立場となり、実質的に、法の中身ではなく、人治主義を目指し、上の立場の者は責任を取らないという世の中を理想としているようです。

このご意見は正しいと思います。
現に中国は法より党の都合(より詳しく述べると党総書記の意向)で全てが決まる人治国家であり、民主党政権も二代続けて法的な手続きを度々無視しております。
しかも、日本のマスメディアはこれらの実態に『報道しない自由』を行使しております。

>間に合う、という言葉は、因果関係も含む時間的空間的な意味があります。対応という言葉もそうです。

意味がよく分かりません。

>霊的世界の方も、従来の考え方では間に合わないから、以前からサポートされていることを気付いてもらうために、大事な時期であるからこそ働きかけをされているのではないでしょうか。

まず、「間に合わない」の主語を明確にして頂けますか。
何に間に合わないのかが示されていないので、ご意見の趣旨かはっきりしません。
また、この度霊界の住人の皆様の働きかけは、『霊界と地上界を繋ぐバチカンの拠点』が開かれることにより、私たち人間が霊的な物事に対する関心が深まる方向の変化が起こるため、それに備えた環境整備と考えて頂ければ宜しいと思います。
人間はこれまでの考え方を少し変える必要があるので、何をどの様に変えたら良いのか、参考となるアドバイスを伝えるのが目的だと理解しています。

>いざ実際の世の中への働きかけとなると、教科書に書いてあるような表面的な考えだけが先行し、そこから出られないことがありがちです。特に戦後教育の影響下にあってはなおさらです。

そういう方も居られますが、人によって異なるでしょう。
現に私は、昔から教科書とはほど遠い所を常に歩いて参りました。

>教科書的なこと、社会制度的なことであっても、霊的な理解を含めることで、合法的に、より力のある対応ができるはずです。それが間に合うということです。

これは是非耳を傾けて頂きたいのですが、霊的と言っても、よくよく理解を深めて行けば、何も特別なことではありません。
私たち人間が日常生活を送る際に、身の回りの出来事や物事を注意深く観察することによって、霊界の住人の皆様が伝える知識の断片を確認することも出来るのです。
良く観察しましょう、そして考えましょう、そして物事の真偽を見極める目を養いましょう。

匿名 さんのコメント...

「自分たちの感覚を当たり前として、全てを推し量っている姿」を、この様に表現しています。

とのことですね。

>政治家も周りの声が大きければ、間違いであってもそれが世論であると考えることもあるかもしれません。

これは明確な誤りで、政治家としての資質を備えている方は、皆国民の生の声を求めております。

ロビー活動とは、政治家の周辺で特定の考えを吹聴することで政治に影響を及ぼす活動のことをいいます。

実際にロビーで行わなければ、ロビー活動ではないと考えるならば、教科書的ではないでしょうか。

外国の宗教団体が日本の政治家に大規模に秘書を送ったり、赤坂に韓国人が沢山いたり、政治家が外国の立場で政治を行うような異常な事態が現実にあるのであって、「政治家の資質を備えている方」のことではなく、現実の日本の政治家の状況のことを述べているわけです。


より分かり易く具体的に書くならば、日本で韓国人の立場からのロビー活動の影響が大きく、政治家の周辺に韓国人が多く政治家が韓国の影響を大きく受けている、ということは、明確な誤りなのですか?

最新の投稿、「自ら率先して動くと言うこと」と同じような内容のことを、はからずも、わたくしは述べていませんか?

政治家だけのことではなく、世の中の動向全てのことを総合して言及する場合、主語は省くことがあります。

はっきりと言われることを好まれるようですのでいいますが、行政とか国民の役割とか、色々言われるのを見ておりましたが、そこと、せっかくの霊界からのメッセージがやや分離していて、あまり反映されていないように見えましたので、そろそろ既存の知識や経験を、より活かすべく、霊界からのメッセージをふまえて再検討されてはいかがかと思いました。

Silvercord manager さんのコメント...

8月16日2:06投稿の匿名様

統一協会から秘書の提供を受けた政治家とは誰かご存じですか?
日本の保守と呼ばれる所とは何処ですか?

何について「攻撃的な活動」と述べているのか、具体的な例を示して下さい。

>世論形成する側の手法に気付くべきです。

手法の一例を示して下さい。

>より分かり易く具体的に書くならば、日本で韓国人の立場からのロビー活動の影響が大きく、政治家の周辺に韓国人が多く政治家が韓国の影響を大きく受けている、ということは、明確な誤りなのですか?

具体的ではありません。
韓国人の影響を受けている政治家の実名と、ロビー活動の事例を示して下さい。
憶測として韓国人の影響を感じさせる方は居られます(国会でも在日外国人からの献金を指摘されている方が居りますね)が、証拠を掴む所までは至っていないというのが私の認識です。
憶測の段階であるのに決めつけてしまっては、物事の真偽を見誤ってしまいます。

また、私は上のコメントでこの様に述べております。

>これは明確な誤りで、政治家としての資質を備えている方は、皆国民の生の声を求めております。
国民の意見を集約して国政に反映させるのが政治家の役割であることを、充分理解しているからです。
もし、現職の国会議員(あるいは地方議員)の中に該当しない方が居られるとしたら、国民が選挙の際に誤った選択をし、国政を担うに相応しくない人物を国会に送り出してしまったのです。
国民が誤った結果責任を政治家に押しつけてはいけません。

匿名様が問題視されている政治家とは、本来国会や議会に送り出してはいけない、政治家としての資質に欠ける人物なのではないでしょうか。
その様な人物を支持した国民の見識が問われる話です。

>最新の投稿、「自ら率先して動くと言うこと」と同じような内容のことを、はからずも、わたくしは述べていませんか?

その様な趣旨であると思いますし、その重要性に気付かれた方が実践されることによって、やがて周囲の方を巻き込む大きな動きになると見ております。
では、「自ら率先して動く」と言っても、目的は何でしょうか。
明確な目的が示される事によって、目的を果たすために必要な手段が導き出されます。
ただ闇雲に動いても目的を達成できないばかりか、却って悪影響を及ぼす場合もあります。
匿名様のコメントを拝見していて、問題意識を持つのは良いことですし、自ら率先して声を上げようとする姿勢も見習う点があると思います。
しかし事実の検証が不足しており、憶測と思われるご意見が幾つも見られる割には、物事を断定的に述べておられると受け取りました。
これでは問題の原因が明らかにならず、問題を解決するための目標設定も的外れとなってしまいますので、望みの成果を得ることは叶いません。
ですからコメントの冒頭でも、主に物事の事実関係に関する質問を列記しました。

>政治家だけのことではなく、世の中の動向全てのことを総合して言及する場合、主語は省くことがあります。

意思を伝えたい相手がいるのでしたら明記しましょう。
曖昧さは誤解を招きます。

>はっきりと言われることを好まれるようですのでいいますが、行政とか国民の役割とか、色々言われるのを見ておりましたが、そこと、せっかくの霊界からのメッセージがやや分離していて、あまり反映されていないように見えましたので、そろそろ既存の知識や経験を、より活かすべく、霊界からのメッセージをふまえて再検討されてはいかがかと思いました。

管理人としましても、本来であれば記事のテーマに沿ったコメントが好ましいと思います。
しかし、幸いにも多くの方が当Blogに関心を持って頂き、記事の内容によっては様々なコメントをお寄せ頂きます。
中には、記事の内容からは少し外れたコメントも寄せられますが、今求めておられるのでしたら、少々テーマから外れても対応したいと考えております。
匿名様がこのテーマについてのコメントを終わらせたいのでしたら、私のコメントもここまでにします。
コメント冒頭の質問には答えて頂かなくても結構です。

Silvercord manager さんのコメント...

質問者様

無知な私と仰いますが、「この度の震災という危機に際して、国民全体が、自分たちが日本人であるということを強く意識する契機になったのではないか」とのご意見は、「今まで日本が抱えてきた様々な問題を解決できる糸口」の一つであると思います。
国が傾くと私たちの生活にも影響が及ぶのですから、国の動向を我がことと捉えなくてはならない必要性に気がついたのです。

Silvercord manager さんのコメント...

8月11日20:31投稿の匿名様

当Blogとしましては『霊界と地上界を繋ぐバチカンの拠点開放』活動が進行中であり、完全開放が間近に迫っておりますので、それに伴う不可避の変化であると見ております。
移民政策の再考に伴う混乱を経て、欧州諸国の人々はようやく他国の人々と付き合う際のちょうど良い間合いを見つけ出すでしょうし、経済的な混乱を経た後には、これまでよりも精神的・霊的側面を重視する方が増えて行くでしょう。
また、結果を恐れるのでは無く、好ましい結果を導くには今どの様な行動をとれば良いか――その様に考えてこそ、私たちのお届けする霊的知識が有効に活かされるのだと考えております。

Silvercord manager さんのコメント...

8月10日3:25投稿の匿名様

記事【神社の鳥居を車で潜って良いのか?】を投稿しましたので、ご覧下さい。

匿名 さんのコメント...

統一協会から秘書の提供を受けた政治家とは誰かご存じですか?
日本の保守と呼ばれる所とは何処ですか?

何について「攻撃的な活動」と述べているのか、具体的な例を示して下さい。

例えば、「統一協会 秘書」で検索するだけで、沢山出てくる
わけです。

現職国会議員128人の「勝共連合・統一教会」関係度リスト
(『週刊現代』99.2.27号から)
http://www.asahi-net.or.jp/~am6k-kzhr/wgendai.htm
99年の時点で、こうです。

元首相の安倍さんですら、祝電を送るわけで、影響力を無視できない状況が見て取れます。

共産主義に共同で対抗するという目的があったにせよ、韓国人との関係は、自民党にも関係していることです。128人のリストで、回答できないという回答が多いことからわかるように、タブーなわけです。99年の段階でそうです。

憶測の段階といわれるのは、まだ見えてないからではないでしょうか。

実名と、ロビー活動の事例を示して下さい。とのことですが、対象が大きいために、対処できる方が少ないのです。
あまりに細かい事例を挙げても、応用が効かないので、あまり意味がありません。

立候補するとか、そういうことでは間に合わないので、結界が開かれるということなのです。

別に今求めているわけではありませんが、「送り出してはいけない」といった理想的な考えをお持ちなため、そういった主張をされる際には、霊界からのメッセージが、あまり反映されていないように思います。

ぜんぜん突飛なことを言われているわけではないのに、人間の世界はこうだ、霊界はこう、と決めてしまっているかのようです。

匿名 さんのコメント...

「匿名様がこのテーマについてのコメントを終わらせたいのでしたら、私のコメントもここまでにします。
コメント冒頭の質問には答えて頂かなくても結構です。」

あれ、一部答えたのに消されちゃったのですか?
これでは、答えなかったように見えるのでは?

匿名 さんのコメント...

もう一度、簡単に要点だけ書きますが。

たとえば、「統一協会 秘書」で検索すると沢山見つかります。

現職国会議員128人の「勝共連合・統一教会」関係度リスト
(『週刊現代』99.2.27号から)
http://www.asahi-net.or.jp/~am6k-kzhr/wgendai.htm

http://www.chojin.com/person/jp.htm

統一教会と私の奇しき因縁は、(東京・渋谷区の)南平台で隣り合わせで住んでおりました若い青年たち、正体はよくわからないけれども、日曜日ごとに礼拝をされて、賛美歌の声が聞こえてくる。(中略)そうしたら、笹川(良一)君が統一教会に共鳴してこの運動の強化を念願して、(中略)あれは私が蔭ながら発展を期待している純真な青年の諸君で、将来、日本のこの混乱の中に、それを救うべき大きな使命を持っている青年だと私は期待している。(中略)そういう話を聞き、お隣りでもありましたので、聖日の礼拝の後に参りまして、お話したことがありました。(中略)きわめて情熱のこもったお話を聞きまして、非常に頼もしく私は考えたのです。
▲岸信介(元首相、大勲位菊花大綬章) 文鮮明師の不当裁判に対する意見書 参考

アジアに偉大な指導者現わる。その名は“文鮮明”である。私はこのことを伺いまして久しいのでありますが、今日は待ちに待ったその文鮮明先生と席を同じくし、かつ、ただいま文先生のご高邁なご教示にあずかりまして、本当に今日はいい日だなあ、いい晩だなあと、気が晴れ晴れとしたような気がいたします。(中略)今日は私が常々考えておった政治原理、そういうものを綺麗に整理させていただいたという気がするのであります(帝国ホテル「希望の日」晩餐会、文鮮明師講演後のスピーチより)。
▲福田赳夫(元首相、大勲位菊花大綬章)

共産主義が崩壊した今日、自由民主主義もさまざまな問題を抱えているのでございます。真の良識に歴史的に裏付けられなければ、衆愚政治に陥っていくのであります。このような時、宗教的精神に基づいて世界文化体育大典が盛大に開催される意義は、極めて大と考えるのであります。開催国大韓民国は私が日本国首相として、戦後初めて公式訪問した地でございます。今、私たちに必要なものは広大なる心と道徳的勇気ではないでしょうか。皆様、民族問題や宗教の対立を越えて、人類の理想に向かって邁進してまいりましょう(統一教会・3万組国際合同結婚式における祝辞)。
▲中曽根康弘(元首相、財団法人世界平和研究所会長、大勲位菊花大綬章)

自民党も大いに関係があることです。
対処できる方が少ないのでタブーなのではないですか?

戦後共同で共産主義に対抗するということでの韓国人とのつながりが自民党にもあり、元首相の安倍さんでも、影響力を無視できず、祝電を送ったりしているのが事実では?

これらは検証されていない憶測なのですか?
検証するかどうか、ではなく、どう対処するかだと思います。

証拠があっても、罰則がなかったり、故意ではなかったといえば、追及できにくいわけです。

証拠を集めて、違法か合法か、以外の対処方法もあるのではないですか?

具体的ではありません。とのことですが、あまりに細かいことを述べても、応用が利きません。

大きな事を認識対象とする場合は、主語とか、具体性とか、そういったものは足かせになります。

立候補するとか、では間に合わないので、結界が開かれるということなのです。

「国民が誤った結果責任を政治家に押しつけてはいけません」とか、理想的な考えをお持ちのようですが、そこに霊界のメッセージがあまり反映されていないように思います。

ぜんぜん突飛なことを言われている訳ではないのに、人間の世界はこう、霊界はこう、人間の世界の対処方法はこう、と決めてしまっているかのようです。

Silvercord manager さんのコメント...

8月16日14:34投稿の匿名様

投稿されたコメントにスパムフィルタが反応しておりました。
Bloggerの仕様により、スパムフィルタが反応し、投稿したコメントが反映されないことがあります。
定期的に確認の上解除しておりますが、常に監視している訳にも行きませんので、コメントの反映が遅れる場合があります。
ご了承下さい。