2011年8月17日水曜日

努力する方向性をはっきりさせよう

先日投稿した記事【自ら率先して動くと言うこと】で『秋葉山本宮秋葉神社』を参拝した後、同じく静岡県にある【遠江國一宮小國神社】を参拝致しました。





こちらは以前投稿した記事【年明けと共に日本の夜が明ける】でご紹介しました様に、『年明けと共に日本の夜が明ける』とのお言葉を頂いた神社です。
あれから七ヶ月余りが経過し、その間に日本国内にも様々な変化が起こりましたが、小國神社の神様は年明けから現在までの変化をどの様に見ておられるのでしょうか。





■ 『小國神社の神様』との対話

管理人
去年に引き続きまして、静岡県の小國神社を参拝しました。
まず、参拝の折に霊媒がお神籤を引きましたが、前回に引き続いて今回も大吉ということで、立て続けに大吉なのも珍しいねという話をしておりました。
では、まず御神籤の解説からお願いしたいと思います。


運勢|大吉
何をしても あとはよくなる見込があり、目的を変えてもよい運です。
意志を強くもち努力すれば竜が天に昇るように出世します。


小國神社の神様
ここにあるように、非常に良い運で、意思を強く持ち努力すれば、竜が天に昇るようにと書いてあるのですが、今の日本に足りていない物が一点ありまして、日本人は元々努力をするのが当たり前という気質がありますので、そこは良いのですが、目的を変えても良い運ですと書いてあるように、目的がはっきりしている必要がありますが、今の日本には明確な目的がありません。
目的がないというより、示されておりません。
ここがはっきりしないことには、どういう方向性で努力すれば良いのかが分からないので、せっかく皆で努力をすれば、とうてい無理だろうと思うような事柄でも結果を出す力を持っているのですが、目的がはっきりしていない為にその力が生きてこない。
発揮できない。
今はそう言う状況だと思います。
ですから、まず日本として、これから将来へ向けてどのような国を築いて行きたいのか、きちんと目標を定めた上で、努力を重ねる。
努力する方向性をはっきりさせることが、今の日本にとって大切だと思います。

管理人
はい。
確かにその通りだと思います。
では、引き続いて『言』についてはいかがでしょう。


「言」
聖人は尺の壁を貴ばずして、寸の陰を重んず。
時は得難くして失い易し。

(聖人は大きくて立派な宝玉よりも、わずかな時間を大切にする。
良い時機を得るのは難しく、また得たとしても瞬く間に間に失いかねない)


小國神社の神様
これは宝玉ですから、そういう物は幾ら眺めても変わらずにそこにあるのですが、時間はというものは、どのように過ごしたのかによって結果が変わってくるので、どのような時間を送るのか、どのように過ごすのかは大切だと思います。
ただダラダラ過ごすのではなくて、休むなら休む、作業をするならするで、どういう時間を過ごすのかを意識しましょう。

管理人
要するに、メリハリをつけた生活を送りましょうということですね。

小國神社の神様
計画的に過ごせるようにすると、時間を有効に使えると思います。

管理人
分かりました。
では裏に参りまして、「教え」とあります。


「教え」
今日の成功は、昨日の努力の収穫なり。


小國神社の神様
これはそのままですね。
誰にでも分かることですね。
努力無くして成功はあり得ないと。
そして、努力をする為には明確な目標が必要です。
ただ何気なく「成功したいな」と漠然と思っていても成功できる訳ではなくて、具体的な目標をまずしっかり掲げる。
そこから始めることが大切だと思います。

管理人
では、次に天のみこえはいかがでしょう。


「天のみこえ」
日の本の国の光のそひゆくも
神の御稜威によりてなりけり


小國神社の神様
日本が国として安定した状態を実現する為の道は示されています。
神によって示されていますから、まず示されている道に気づくことが大切ですし、気づいた上でどのように行動するのかが問われている。
今の日本の課題といっても良いと思います。
方向性は示されていますが、皆様はどうしますか。
示されている物に対して、皆様はどう思いますか、どう行動しますか。

管理人
以上でよろしいでしょうか。
解説ありがとうございます。
では、ここで話が変わりますが、昨年小國神社に参拝した折に『年明けと共に日本の夜が明ける』という話を伺いました。
それから7ヶ月余りが経過し、その間に様々な出来事が起こりましたが、現在の日本を見て順調に夜が明けつつあると見ておられますか。

小國神社の神様
私どもから見れば、今の姿は、流れとしては当然の物と考えます。
何故ならば、『夜が明ける』ということは、真実が目の前に晒される。
周囲が明るくなって、今まで闇に覆い隠されていた物が、誰の目にも明らかになる。
そう言うことだと思いますので、今日本は様々な問題を抱えて、先ほどもお話ししたように方向性が決まっていない状態、目標が定まらない状態ということで、まだ暗い夜の闇の中にいるような気がしてしまいがちなのですが、夜が明けたからこそ問題点が見えてきて、夜が明けたからこそ問題点を知り得たので、それを受けて皆様はどのように行動しますか。
目に見えた物に対してどのように対処して行きますか。
それが日本の国民の皆様の今後の課題だと思うのですね。
見えている物に対して、どのように対処して行くのですか。
皆様はどうしたいと思われますか。

管理人
今のお話によると、夜が明けたからこそ問題とされる物が見えてきたということなのですが、その問題が見えてくるきっかけとなる出来事があったと思うのですね。
そのきっかけとして、東日本大震災の影響の影響は大きいのではないかと思います。
そこで、日本の夜明けと東日本大震災の関係について教えて頂けますか。

小國神社の神様
夜が明けることによって色々な物事が見えてきたのですが、そこに注目する人達が少数派であったのが現実だったと思います。
現実を目の当たりにして何とかしようと動いてきた(少数派の)人達は、自らが率先して動いて道を切り開こうという意識を持っている方々なのですが、まだその割合が少なく、受け身の方の割合の方が高いです。
受け身の方が多い国はエネルギーの流れが滞りやすくなってしまうのですが、日本も正にエネルギーが澱んで滞っている状況を生み出していました。
それが震災後、様々な問題が更に表面化することによって、国民の意識が少しずつ変化してきました。
その影響で、エネルギーの滞りが少しずつ解消されつつあります。

管理人
今のお話を伺って思い出したのですが、以前、阪神淡路大震災が起きた時に、霊的なエネルギーの流れの滞りが様々な自然災害を誘発するという話がありまして、そこでエネルギーの流れの滞りには、人間の感情の動き・働きも少なからぬ影響を及ぼしていますというお話だったのですが、今回の震災については何か影響があったのでしょうか。

小國神社の神様
震災自体は地球の自然サイクルによって引き起こされたのですが、そこに人間の感情と共に発せられたエネルギーが影響を及ぼすということはありました。
ただ、それは本当に微々たる影響でした。
人間が行うことと地球自体の生命力を比較すれば、地球自体の生命力の方が圧倒的に大きいですから。
但し、人間も地球の中に暮らす生命の一つですから、少ないながらも影響はありました。

管理人
実は、地震などの自然災害に対して「罰が当たった」とか、「神が罰を下した」という言い方をする方がいるのですが、いかがでしょうか。
その点について解説をお願いします。

小國神社の神様
自然災害はあくまでも地球のサイクルによって起きているものですので、罰を当てるという話になると、災害で被害を受けた方が「何か悪いことをしたから」という考えになってしまうのですが、必ずしもそう言う訳ではありません。
中にはそう言う方も居られるのですが、殆どの場合は、覚醒している状態では意識になくても、「その経験から学べることがある」という、前向きな成長を求めてその場に居合わせている場合が多いので、必ずしも「悪事を働いたからその様な目に遭う」という問題ではありません。

管理人
それは、災害にあった為に亡くなってしまうのか、それとも助かるのかという結果の部分は別としても、『災害に遭遇する』という極限状態に対処する経験を通じて学ぶことがあると、無意識にせよ感じてその場に居合わせる方が多いということで宜しいでしょうか。

小國神社の神様
日本の場合はそう言う方が断然多いですね。
だからこそ、被災後に「皆冷静に対処していると」言う評価を海外から受けるのは、そう言う意識の部分が影響している。
だからこそ冷静に対処しようと考えられる。
それだけ多くの学びを得て、無意識ながらも知識として蓄積されている物がある。

管理人
それでは、日本国民全体としてみれば、もの凄く秀でた一面を持っているにも関わらず、今の国のトップが菅首相というのはとても残念だと思うのですが。

小國神社の神様
それは先ほど話した『受け身の方が多い』という部分が関係しています。
震災が起きてしまった時は、やはり生きて行かなくてはならないので、必死に自ら動いて生きようとします。
そう言う力が働きますが、平常時はそこまで意識しなくても生活していけるので、どうしても受け身な考え方になりがちな様ですので、もう少し自らの意思で積極的に生きて行くたくましさを身につけるとバランスがとれてくると思います。

管理人
本日は非常に身のあるお話を伺えたと思いますが、そろそろ締めたいと思います。
最後に、何か付け加えることはありますか。

小國神社の神様
やはり何事も自ら決断して積極的に動く。
繰り返しになってしまうのですが、そう言う姿勢はとても重要な物なので、何かが起きて影響を受けたから「ではどうしようか」ではなくて、自分から意識して積極的に取り組めると、日本はとても大きく成長できると思います。

管理人
正に私たちが、今後そう言う心がけを持って物事に取り組めるかどうかと言う部分が問われてきますね。

小國神社の神様
やはり「こういう風にしたい」という目標があって、その中で周囲から受ける影響を考える。
まず自分たちの目標が一番にある方が、対処もしやすいのですね。
先に周囲の影響を受けてから「こういうのは困るから何とかしよう」では、なかなか方向性を決めるのが難しくなってしまうので、まず「私たちは日本をこういう国にしていくのだ」という意識が一番上に掲げられている、常に掲げられていることが大切だと思います。

(2011年8月3日)





こちらの記事は、前回小國神社を参拝した際の記事と比較しながらご覧になると、時間の経過にともなう変化の一端が垣間見えて、興味深く感じて頂けるのでは無いでしょうか。
今後とも折を見て定期的に参拝するつもりでおりますので、定点観測的な楽しみ方も出来るのではないかと思います。

さて、震災に関する記述について、これまでよりも踏み込んだ事柄に触れておりますが、霊媒によりますと、以前よりも通信の精度が向上しておりますので、より詳細な知識を受け取れる様になっているそうです。
その影響により、場合によっては、以前投稿した記事と比べて、一見矛盾していると感じられる場合があるかも知れません。
霊界の住人の皆様は矛盾した情報を発信している訳では無いのですが、霊媒が情報を受ける際に、大まかな情報のみを受けていた頃と、より詳細な情報を受け取れるようになった現在とでは、異なった表現と感じられる場合もあるようです。
その点について疑問がございましたら、霊媒がその都度対応するとのことですので、質問をお寄せ頂ければと思います。

Silvercord管理人 





8月17日現在回答待ちの質問

記事【ご覧の皆様からお寄せ頂いた質問について】の理由により、下記のご質問につきましては、しばらくの間回答を延期させて頂いております。

0 件のコメント:

コメントを投稿