2011年8月11日木曜日

日本の偏りと中国の偏り

今回は、記事【日本の持つ能力を知らない日本人】のコメント欄にお寄せ頂いた匿名(中学生)様の質問について、『国境を管理する霊団』の皆様の回答が届いておりますので、ご紹介したいと思います。





■ 匿名(中学生)様の質問

(前略)

記事自体の感想ですが、反作用というのは

中国韓国ロシアなどへ返るということでいいんでしょうか?

中国とかはいろいろな日本への策を作ってるそうですね

他の記事のある方のコメントに

日本開放計画?アニメなどの文化を壊すとか中国がしようとしてる

とか書いてありました。

それが一番不安です。私は将来絵描きになりたいのです。

中国のそのよう政策が中国へ返るということですか?

それと中国は日本を開放とか言って侵略するということは

あるんでしょうか?

どこかの書き込みでそういうことが書いてありました。

日本は危ないですか?

TVタックルでしたっけ?中国の偉いさんが

「日本という国は20年後には消えてなくなる」と

言ってました。そんなことはありえるのでしょうか?

不安です。まだまだずっと普通に暮らして居たいです。

日本海側の壁というものはそういうものにも作用してますか?

国境を管理する霊団の皆様へ御聞きしてみたいです。





■ 『国境を管理する霊団』の回答

反作用についてはあなたがお考えの通りに、日本の安定を揺るがす行為を繰り返す者たち(中国、韓国、ロシアなど)へと発揮される事になりますね。
それと、日本国内において、それら外国に利するような働きをしている者たちに対しても発揮される事になるでしょう。

いくら中国が日本の文化を壊そうと画策していても、既に発覚している時点で失敗であると思います。
それに、中国国内の情勢はいつも不安定ですから、いずれ日本に拘っている事が出来なくなる時が来るでしょう。
ですが、気をつけなければならない事があります。
日本には既に大勢の中国人が暮らしておりますし、その影響力は馬鹿に出来ません。
中国は日本の文化をただ破壊する事を考えているのではなく、それら日本にある文化を中国色に染め上げようとしようとしています。
日本の文化や制度を利用して日本を貶めたり、中国を称賛したりと、徐々に日本の中に侵食し、国民の意識を誘導するつもりです。
ただし限度を弁えてはいないようなので、その行動はあからさま過ぎて逆に怪しさが際立ちます。
注意深く世の中を観察できる方であれば、その違和感にすぐに気が付くと思います。

中国はこれまでにもチベットなどの周辺国を侵略し、我が物顔に振舞っております。
今現在中国が日本を狙っているのは確かですし、そのための準備を着々と推し進めてはおりますが、日本にはそのことに気付いている方も少なからずおりますので、中国の思いどおりにはならないと思います。
警戒し続ける必要はあると思いますが、20年後に日本が消えてなくなることはありませんから大丈夫です。
その様な事になる前に、日本国民は中国に抵抗するでしょうから。
あなたが日本に関心を持ち、日本と世界の係わりに注目しているように、大人たちにも日本の未来について真剣に考えている方々がおります。
これから何を目指せば良いのか、今何が出来るのか、真剣に考え、安定した日本を実現すべく日々励んでいる方々がおります。
中国のお偉いさんが言っている事は、中国の願望以外の何ものでもありません。
そもそも、日本をどうにかするつもりなのであれば、秘密裏に事を運ぶ必要がありました。
自ら手の内を明かすことほど愚かなことはありません。
どうぞ警戒してくださいと言っているようなものですからね。
日本国民に知れ渡っている時点で、中国は見通しが甘いと思います。

私どもが秩序を守るべく壁を築き日本を守っているように、中国側にも秩序を守るべく働いている霊団がおります。
今の中国の状態は偏りすぎており、安定を保てるようにするためにも、彼らは私どもと連携をとって働いております。
日本の偏り方と中国の偏り方は全く真逆であり、中国が凸なら日本は凹といった具合です。
日本は受動的であり、中国は能動的であるといえます。
凸と凹だからこそ今の状態が続いているのですから、日本は凹から□を目指す必要がありそうです。
□になれれば、凸が強引にはまり込んでくる事もなくなります。
□になれば、例え凸に圧し掛かられても、少し揺さぶれば落ちてしまいますからね。
○になれれば、圧し掛かられる心配も無く、なお良しといったところでしょうか。
本来であれば、中国もまた凸から□を目指す必要があるのですが、なかなか先が見えず中国側の霊団も手を焼いているようです。
失っても奪い取れば良いという感覚が邪魔をしているようですね。
奪い取れるものが無くならなければ解らないのかもしれません。
そう考えると日本はやはり、□を越えて○を目指すべきでしょう。
○になれれば掴みどころが無くて、何事もコロコロと受け流せますから、危険も大幅に減る事でしょうね。
日本と中国の両側から偏りを正すべく働いておりますから、何も手を打つ間もなく日本が中国に侵略されてしまうような事はありません。
日本国民が平和と安定を願い、安心できる社会の実現のために、今出来る事を実践し続ける事が日本を守り、日本の未来を創造する力になるのです。

今の日本に一番大切な事は、日本が未来に何を望み、何を実践してゆくのかということなのです。
中国は中国で、彼らの望みを叶えるべく、これからも活動を続ける事でしょう。
それでは、日本はこれから先の未来に何を望み、何を実現するつもりなのでしょうか?
未来を確かなものにしたいのであれば、日本国としての意思を明確にして実現に努める事が最も重要なのです。

あなたが平和を望んで日々暮らし続けるのであれば、平和な日本を維持するために必要な事に自然に目が向くようになります。
何をすればいいのか、何が出来るのか、具体的な方法を知る機会に出会えることでしょう。
あなたはこれからも大勢の人々に出会い、多くの経験を通じて様々な事を学ぶでしょう。
嬉しい事も、楽しい事も、辛い事も、悲しい事も、それらの経験から得た学びは、その一つひとつがあなたにとっての宝物となる時がきます。
日々の生活の中で感じたこと、その心に抱いた思いを大切にして今を生きてください。

あなたには絵描きになりたいという夢があります。
その夢を大切になさってください。
あなたが持っている夢は、日本の未来を輝かせる希望です。
とても素晴らしいものです。
国民一人ひとりが持つ夢は、その一つひとつが未来を輝かせる希望なのです。
その夢を実現する事は、日本の未来を切り開く原動力になるのですよ。
夢を実現できるように、よく遊び、よく学び、充実した毎日をお過ごし下さい。

(2011年8月11日)





質問者の匿名(中学生)様は、特に中国に対して大きな不安を感じておられる様ですが、これまでの日本国内では、マスメディアが中国にとって都合の悪い報道を避けてきたため、実態以上に強大な中国像が形作られている印象があります。
確かに、現在までの二十年程の中国の経済成長には著しいものがありました。
しかしその成長の実態は、先頃大事故を起こしてしまった中国高速鉄道の様な物であると見ております。
ぱっと見は素晴らしく優れているように見えても、物事の本質を理解しようとせず、表面的に着飾って見せているだけですので、一度問題が表面化すると深刻な被害をもたらす可能性が高いと言うことです。
だからといって、彼らを侮ってはなりませんし、常に警戒を怠ってはなりませんが、手段を誤らなければ、現在の日本にも充分に対応できる能力は備わっていると思います。

Silvercord管理人 





8月11日現在回答待ちの質問

記事【ご覧の皆様からお寄せ頂いた質問について】の理由により、下記のご質問につきましては、しばらくの間回答を延期させて頂いております。

8 件のコメント:

匿名(中学生) さんのコメント...

回答ありがとうございます!

励まされた感じでなんか温かくなります

お盆前に読んでお盆中は気分が晴れてました

しかしまた不安が襲ってくるようになりました

何なんでしょう。病院に行ったほうがいいでしょうか?

こんな風になってしまったのは震災が起きてからです

津波のニュースを見すぎてなんか授業中でも涙があふれて

独りぼっちになりたくない死にたくないと

おかしくなってネットで死後の世界はあるのか?とか

調べるようになってここにたどり着いたわけです

ずーっと安心してほのぼのみんなが笑顔で暮らせたら

それだけで良いわけです。

私は最近は戦争というものが怖くなって

弾圧とか侵攻という言葉を見るたび内心おびえます

自衛隊は強いと信じてますが

自衛隊は弱いとかどこかの国防系ニュースサイトでは

そこの広告リンクで日本は中国に数時間で占領される

と不安を煽ったニュースの広告をたくさん出してたり

マスコミはすべて外国に掌握されてるとか

本当に何を信じたらわからなくて・・・

それに10月16日にエレニン彗星が地球に接近して残虐な

ことをおよぼしてNASAが隠蔽してるとかいう書き込みを

みてもっと不安になりました

よくみるんですが

世界の要人だけ宇宙船に乗る準備してるとか

本当なのか嘘なのか

2012とかアセンションとかフォトンベルトとか

よく分からないものばかり

この不安をすべて消しさって元の生活に戻りたいです

管理人さんも私みたいなことで不安になりませんよね?

私の周りの人もそんなことで不安になってません

日本の神様に日本とか地球が深刻な分かれ道に立たされているのかお尋ねしたいです。

よろしければお願いします。

匿名 さんのコメント...

匿名(中学生)さんへ

横から長々とごめんなさい。
本来ならそんな事で脅えたりしなくて良いはずの、あなたのような方にそんな心配をさせてしまっている事を、大人としてとても申し訳なく、また不甲斐なく感じています。

ただ、不安を煽る陰謀論やスピリチュアル系の情報を必要以上に怖れてしまうのは、ご自分にまだ知識と経験が足りないからではないでしょうか。
お若い方なので当然なのですが、目の前に見えていることを確実に見ることから始めてみるのが、不安を一つずつ潰していく原動力になると思います。

例えば中国ですが、経済危機でドルが暴落したり、欧米の投資家達が資金を引き揚げているために、国内のお金が一気に減ってしまっています。
現在の中国はバブルでインフレ率もかなりの水準ですから、その穴埋めにお金を刷るとさらにインフレが悪化して、ただでさえ満足に生活できていない一般の国民が飢え、日本に攻め込むどころか国内を抑えるだけで精一杯になるのではないでしょうか。

こういった政治経済の事は中学校の範疇ではないのでまだ難しいかも知れませんが、このブログにも登場した三橋貴明さんなど、ネットや書籍でわかりやすく解説して下さる方々がいらっしゃいます。人の力の及ばない範囲は神様から、実際に起きている問題は専門家から知識や助言を得る二階建てにしてみてはいかがでしょう。

同じ失敗を絶対に繰り返さないように、もっと安心して暮らせる日本になるように大人の私もできることを精一杯がんばりますので、(虫がいいようですが)あなたも現在の状況をよく観察して、この失敗を反面教師に知識と経験を強みにしていただけたらと願っています。

匿名(中学生) さんのコメント...

匿名様へ

多分私がおかしかっただけですので大丈夫です。

このブログを読んで安心しています。

普通に勉強も遊びもできるので生活に支障ありません。

ご心配かけてすいません、ありがとうございます!

Silvercord manager さんのコメント...

8月19日22:06投稿の匿名(中学生)様

質問を承りました。
しばらくお待ち下さい。

匿名(中学生) さんのコメント...

管理人様へ


ありがとうございます。


待っていますね。

Silvercord manager さんのコメント...

匿名(中学生)様

記事【諦めない事、求め続ける事】を投稿しましたので、ご覧下さい。

たらこ さんのコメント...

記事と関係ないコメントで申し訳ありません。

NHKが来年の大河ドラマ『平清盛』のサイトにて、皇室を王家と記載しています。
NHKの言い分は、花園上皇の日記に「王家」と書いてあったため平安時代後期までは皇室=王家だと主張する研究家の意見を取り上げたということだそうです。
当時の王家と現代の王家とは意味合いが違うし、NHKお得意のすり替えで皇室を貶める意図があるような気がしてなりません。
NHKが反日なのは今に始まったことではないですが、それに対する国民の意識も低いのではないかと感じています。ほとんどの日本人は皇室が王家と書いてあろうが気にしないし、皇室があってもなくても自分には関係ないと考えているのではないでしょうか?結局、それがマスコミの堕落に拍車をかけているように思えるのです。
戦後の日本人にとって、皇室という存在は、それ以前の日本人ほどに敬う対象でも、心に占める割合が大きいものではなくなってしまったのではないでしょうか?
天皇陛下が祭祀をつかさどるというこを知らない人も多いです。
このサイトでは、天皇の役割について述べておられますが、ほとんどの日本人が、皇室への敬意と愛情を失ってしまった現状でも、それは機能するものなのでしょうか?
それとも、日本人の心の奥底には、皇室との繋がりが今でもきちんとあるのでしょうか。
霊界の皆様は、その点についてどうお考えでしょうか?
もし宜しければ、コメントをいただけたら嬉しいです。
どうぞ宣しくお願い致します。

Silvercord manager さんのコメント...

たらこ様

質問を承りました。
しばらくお待ち下さい。