2010年10月21日木曜日

メディアをコントロールしたい心理

今回は、記事【日本のマスコミは自らの首を絞めている】のコメント欄からお寄せ頂いた匿名様の意見と質問について、『鄧小平』と名乗る霊の意見と回答が届いておりますので、ご紹介したいと思います。





■ 匿名様の意見と質問

個人としてのスタンスならば、マスメディアから情報を得ない選択で良いのですが、それのみにとどまりますと、マスメディアの言う事しか信じない人間に困らされる事態が残ることとなり、問題が根本的に解決しないのです。
マスメディアは未だに影響力を行使しており、その害悪もまた無視できません。
なぜならば、マスメディアを握り情報を操ることで、諸外国が日本を侵略する為の強力な武器として行使されているからです。
大多数の国民が正しい判断材料を与えられない中、民主党政権を選択してしまったのが、その最たる結果であるように思います。
マスメディアに関しては、自浄能力やチェックの機能が働いていないことが、非常に問題です。
中国共産党「日本解放第二期工作要綱」が、その事を語っていると考えております。

さて、メディアコントロールのお話が出たところで、お尋ねしたいことがございます。
中国共産党に李克強という人物がおります。
北京閥のナンバー2であり、中国共産党による日本のマスメディアを使った情報工作の責任者でもあるということです。
その戦略には何故か、漫画やアニメなどの日本独自のサブカルチャーを破壊することまで、含まれているようです。
それらのサブカルチャーを潰したところで誰が得をするのか、正直理解に苦しみます。
この人物が戦略として仕掛けている(とされる)情報の操作は、何故行う必要があるのでしょう。
また、潰しを仕掛けてくると言う事は対象に何か重要な役割があるはずですので、漫画やアニメなどのサブカルチャーがこの世界で果たす役割についても、併せてお尋ねいただけたらと思います。





■ 『鄧小平』と名乗る霊の意見と回答

「メディアに関するきちんとした制度を整えるのはとても大切なことであると思います。
それらの制度を今後いかにして実現させるのかを考え、今出来ることから行動を起こすのは大変重要でしょう。
それらの行動は、日本から諸外国へ発する重要なメッセージともなりますので、とても大切なことであると思います。
日本なのですから、日本国民にとって有益な働きをするのが当たり前であるという認識が必要であると思われます。
違法な事をすれば当然相応の罰を受けるべきですし、日本国民にとって不利益なことは改められて然るべきでしょう。

中国による日本のサブカルチャー潰しも、メディアコントロールの一環なのではありませんか?
漫画やアニメなどには、それらの作品を創作した作家達の持つ価値観が反映されます。
日本人が生み出した作品には、日本人にとって当たり前の価値観が溢れていると思われます。
娯楽として純粋に楽しみながら、それらの作品を通して、日本特有の概念や価値観に触れて育つ人が世界中に大勢現れたらどうなることでしょうね。
今現在の世界でのオタクブームを目の当たりにして、戦々恐々としているのではないかと思われます。
それらの娯楽から得た情報は、無理に強制されたものではなく、自ら選択して望んで受け入れた情報です。
喜んで受け入れられ、自然に浸透し、やがては常識となってゆく。
メディアコントロールをするという事は、他の価値観が広まっては困るからです。
中国が意図的に広めようとしている価値観は、窮屈でとても不快なものです。
中国共産党にとって都合の好い価値観ですから、一般の方から見れば不快なのは当たり前です。
そこに、とても愉快で多様な価値観が共に存在していたら、人は自然に愉快で多様な方を選ぼうとするのではありませんか?
それならば、今のうちに潰しておきたいと思うのは、中国からすれば自然な考えなのではありませんか?
世界に日本人的価値観が広がる事を阻止したいのでしょう。
まあ、これは中国だけに限ったことではありませんが…。
何故、中国は日本にここまで執着するのでしょうか?
戦略的な事を考えているだけだと思われますか?
中国から見れば、中国が喉から手が出るほど欲しいと思うものを、日本は難なく手にしているように見えているのです。
弱腰で優柔不断に見える日本が何故あれだけのものを簡単に手に入れているのかと、勝手な嫉妬心や対抗心を抱いています。
彼らは怖いのですよ―――常に自分達の前を行く、穏やかで礼儀正しい隣人がね。
どんな策略にも思うような形で屈する事はない、一見弱そうなのに後一歩のところで思い通りにならない、そんな歯痒さを常に感じていますよ。
中国からすれば、日本は敗戦国でありながら、アメリカの事情を利用して味方に引き入れ、上手にコントロールしているように見えます。
か弱い女性を装い、力強い男性を利用しているように見えます。
自分の力は温存し、他者を動かして身を護り、いざという時に備えているように見えます。
中国は周囲を上手く利用しているつもりでも、結局は敵だらけで常にパワー全開でなければ保てないというのに、日本は周囲を利用して上手くやっているように見えるのです。
中国は日本のか弱さを演出するアイテムの一つとして利用されているような気さえしてくる始末ですよ。
日本の強かさを一番意識しているのが、実は中国なのではないかと思います。
だからこそ悔しいし、だからこそ怖いのです。
それら日本人の姿は、まるで柳に風といった風情で、ますます中国の癇に障るのです。
日本人が当たり前の価値観として普段何気なく考え実行している事でも、その様な要素は常に垣間見えていますから、本当に悔しくて腹立たしいのです。
上手く事が運んでいると思う側から壊されてゆく、正にその繰り返しですよ。
日本にとっては日々の努力の成果であったとしても、中国にしてみれば日本のその努力自体が妨害行為なのです。
だからこそ焦るし、脅し行為を繰り返すのです。
様々な策略で日本を篭絡しようと試みるのに、後一歩のところでその策略が露見する始末です。
日本が弱腰で平和ボケの駄目な国だと考えているのは、案外日本人だけなのだと思いますよ。
実はその無自覚なところこそが日本人の一番怖いところなのですが…。
無自覚にその実力を発揮されると下手をすれば火傷どころでは済まないのですから、日本人はいいかげんに自覚して欲しいというのが世界の本音なのではないかと思います。
知らないことに関して上手く対処できないのはどの国の人間でも当たり前の事ですが、日本人というのは違っていると知った時からすぐ環境に適応する方法を考え出そうとします。
しかも、その考え方が一種独特なので、他国の人間が思いつかないような行動を取ったりします。
だからこそ日本の行動は読めないし、読めないという事は自分の価値観が通じないという事なので、恐怖するのに充分な理由になるのです。
外国の方々が苦心して作り上げた対日戦略が功を奏さなかったなどという事例も、漁ってみれば結構あると思いますよ。
日本の行動が愚かさを示すものであれば取るに足らないものとして受け止めるでしょうが、逆に有能さや可能性を示すものであれば脅威であると考えるのは自然なことです。
一見ひ弱そうなのに、実は強かで複雑で一番厄介な存在、それが世界の日本に対する評価だと思います。
当然そんな事は噯にも出しませんがね。
脅威となりうる国と思えばこそ、策略をめぐらせ自国の安全を確保しようと試みます。
取るに足らないと思えば、適当に利用して、必要なくなればポイ捨てします。
その程度にしか見られませんし、その様な国に何時までも関わっている暇は無いでしょう。
日本に対するしつこいまでの工作活動は、恐怖心の表れだと思います。」

(2010年10月20日)





私たちはこれまでに、当Blogや本家サイトを通じて「霊界通信を安易に鵜呑みにするのではなく、皆様ご自身でよく考えてみましょう」と度々述べて参りましたが、それは私たちがマスメディアに対する際の姿勢にも通じます。
マスメディアに対する問題意識を持っている方でも、「マスメディアが悪い」で思考停止している方が少なくないように思います。(匿名様について述べているのではありませんので、念のため)
しかし、それではマスメディアに関する問題はいつまでも解消せずに残り続けます。
マスメディアの姿勢について問題意識を持っているのでしたら、「その問題をどの様にして解決するか」を考え、実践する必要があるのです。
その際、「マスメディアの問題なのだから、マスメディアに解決を迫る」という考え方は理解できるのですが、これまでの経緯や現在のマスメディアの姿勢を見る限り、余り効果的な策とは言えないと思います。
では、どうするのか。
私は、「自分の身の回りの人にマスメディアの問題を伝え、問題意識を共有してもらう」のが、最も効果的だと思います。
聞く耳を持たない人は後回しにして、まず聞く耳を持つ人を優先して伝えてゆきます。
自分の身の回りの方ですから、効果が上がれば容易に確認する事が出来ます。
一つ一つは小さな働きかけかも知れませんが、自分自身の行動が確実に実を結びつつある事を実感できますし、問題意識を共有する人が増加するにつれて、マスメディアに厳しい視線で臨む人が増えてゆきます。
そうしてマスメディアに対する問題意識を共有した多くの人に取り囲まれた時、マスメディアがどの様に対応するのかによって、彼らの命運が決まるのでしょう。

【Silvercord】管理人 

10 件のコメント:

  1. 鄧小平さんは本当に日本の事をよく観察していらっしゃいますね。ご自身の生まれ育った国を愛しより良く育てて行きたいからこそ隣国のいい所や悪い所を見ていらっしゃるのだと思います。冷静で客観的なアドバイスを頂けるというのは成長への近道を教えて貰うような物でとてもありがたく思います。
    ところで不躾な質問をさせて頂きたく存じます。鄧小平さんの好きな中国とはどのような所でしょうか。中原と言われる地域は常に王朝が変わるたびに前王朝の文化を破壊し尽くし自身の力を鼓舞する歴史の繰り返しであったように思えます。という事は少なくとも現世幸福の追求にしか喜びはなかったと考えていいのではないかとも思えるのです。ところが鄧小平さんは生前の自己の行いについて反省されるような節も見受けられるのですが、それは一体どのような意味での反省なのでしょうか。鄧小平さんが反省の先に求めるものはやはり中華思想に基づく中国の繁栄なのでしょうか。以前に「世界を制覇するにしても、上手に商売して経済的に制覇するという風に考え方を転換すれば良かったのに、それが出来なかったのは大きな失敗だろう。」と仰られていたので覇道への未練が残っているのかなと思ったのです。

    私は現世の日本国民としての意識しか持っていないのですが万邦共栄の楽しみを分かち合う精神に基づいた自国の繁栄を理想としています。そして中華思想は残念ながら人類繁栄の為の手法としては誤りだと中国の歴史や今の中国領内の少数民族の悲劇を見る限り思えてならないのです。本当に悪筆ばかりで申し訳ないと思っていますがこうしてる間にも残酷な仕打ちや迫害を受けている人達がいるのですよね。日本国内も人に文句言えない程残酷な事件が起きてる事も承知しています。日中関係改善ももちろん大切な事ですがそれよりも先ずは何とか中国内の理不尽な人権問題に対して働きかけて頂きたく存じます。

    返信削除
  2. 生前の立場を引き合いに出すのは、少なくとも私には出来ません。私自身、前世で何をやらかして来たのかわかったものではありませんので。想像以上に残酷な事、破壊的な事も、おそらくして来たのだろうと思っています。
     経済的に制覇というのは、成長して他の国と同じ土俵に上がるという意味にも取れます。
     また鄧小平霊は、中国をメインに活動しているのにわざわざ時間を割いて、アドバイス頂けたのだと思います。私は感謝しています。

    返信削除
  3. イルカさんへ。2010年10月22日1:51の匿名です。当方は鄧小平さんの生前の行ってきた事を咎めてるわけではありません。やってしまったものは仕方のない事ですし墓を暴くような真似をするつもりもありません。ただご本人霊がこうやって中国と日本を見守って下さっているということは少なくとも両国に成長の伸びしろがあるからだと思うのです。ではどの部分に中国の人達に可能性があるのかを知ることが出来れば日本人も明るい未来に向けた選択肢を選びやすくなると思いませんか?しかしながらその伸びしろについて私が日本人だからなのかも知れませんがこう思うのも事実です。現在も迫害を受けているチベットや東トルキスタンの方々の犠牲の上に中国の発展を認めろと言うのは虫が良すぎるのではないかと。全ての殺された方々がお釈迦様や観音様のように無や空の悟りを生前に得られているとすれば話は別でしょうが誰だって明日を生きたかったと思うのです。そして霊界から何らかの力を注ぐことが出来るのならまず彼らを守る為に動いて欲しいと思っているのです。

    返信削除
  4. 私からしたら、やっかいで怖ろしい巨大国家と見えていた中国なのですが、今回の鄧小平霊(と名乗る)霊様のコメントで、逆に中国から日本がどのように見えているかということが伺えて、非常に興味深かったです。
    いつも鄧小平霊様のコメントには、深く励まされています。ありがとうございます。
    「日本人というのは違っていると知った時からすぐ環境に適応する方法を考え出そうとします。」
    という特性を、マスメディア対策にもどんどん講じていったらいいのですね。
    マスコミの捏造の実態は、ニコニコ動画やyou tubeなどにアップされ続けていますが、その内容はユーモアがあり、秀逸なのも日本人ならではかもしれません。

    返信削除
  5. (主にたらこさんのコメントにです)
    日本人の素質には、何か理不尽なことが起きた時も、ただ闇雲に怒って反撃したり、どんな手を使っても復讐する!!といったものではなく、悲しみや怒りの心の脇に、ちょっとした閃きや工夫で、人の世の「可笑しみ」やウィットにからませて、嫌な思いすら明日への原動力に変えてしまうという、楽天的というか訳もなく前向きなノリがありますね。一歩間違うと自虐ネタまっしぐらにもなりますが、笑い飛ばすことで冷静さを取りもどし、活路を見出すきっかけとなることって、日常でもありますね。

    鄧小平さんのお話は、前回も今回も鵜呑みにするというよりは、日々の中で感じていたことと重なることもあり(以前、大連に進出した会社の日本支社にいたので)納得がいきます。それぞれの国に育った人々それぞれに得意、不得意があって、それを上手く活かしあい、協力したり競い合ったりしながら、人類全体を成長させるのが本筋かなと思います。それが出来るようになるまではまだ時間がかかりそうです。大分、加速はしてるようでもありますが。
    中国が成長するためには、日本もしっかりとしなければいけないのでしょう?日本がきちんとした対応を示したならば、それはおそらくチベットをはじめとする犠牲になっている国々にとっても参考となるところもあるのだろうと思います。その国々の方々もそれぞれ背負うもの、解決するべきことを抱えているはずですから。

    返信削除
  6. 匿名様へ。もし、鄧小平霊が生きている方でしたら、私も匿名様にほぼ同意します。何よりもまず、虐殺やめろ、迫害やめろ、話はそれからだと。
     口で何を言おうとも「人を弾圧する側の人間」だと思ってしまいます。

     しかし霊となってこの場に出てくると言う事は、ある意味「清算」して私などよりも、はるかに高い境涯になっていられるのだと考えています。中華思想についてもその境涯でとらえ、とらえ直していると思います。人権問題にも、直接の痛みを感じているのではと思っています。

     生前にやって来た事、ではなく 立場 と書いたのは、中国人であったと言う事も含めての意味です。私はこの場に来られる方は、ある意味、生前とは別人に生まれ変わっていられると思っています。
     この辺りの受け止めかたは、私個人のものであり、どこまで正しいのかはわかりません。

     私のコメントをあらためて読み返してみると、なんだかトゲトゲしいですね。匿名様が無意味に文句を言っているのでは無い事は、分かっておりました。共感出来る所もありますし。
     私の表現不足です。申し訳ありません。
     

    返信削除
  7. 10月20日0:48 投稿の匿名です。
    とても丁寧で分かりやすく、地上界のどんな情報よりも、役に立つお話でした。
    心より感謝申し上げます。

    麻生元総理の国立メディアセンター案を潰されたり、漫画家の臼井儀人さんが山中で亡くなったり、非実在青少年に関するポルノを規制しようとする動きがなくならないことや、個人的な趣味のレベルでも、描き手への誹謗中傷が公然と行われている現状までもがあり、規模や大小を問わず被害にあう人が後を絶ちません(詳細は伏せますが、私自身も被害に遭いました)。
    果たして何のためにそれをやるのだという思いが長らくあったのですが、日本と敵対する国の国益と反するという理由ならば、躍起になって潰そうとする理由も、納得はできます(理不尽さは残りますが)。
    はたして、長い目で見た場合にそれが中国や他の敵対国家にとって国益と言えるのか、わかりませんが…。
    ともかく、早急に国内でこれらのサブカルチャーとその作り手を、敵対国の攻撃から保護する方法を考えなければなりません。

    逆に指摘されて気付いた事ですが、漫画やアニメ・ゲームなどは、日本側が情報を操作しうる武器として成り立つということです。
    私たち日本人がメディアコントロールを侵略の脅威と感じるように、中国側もまた漫画文化を、自国を侵略しうる脅威として見ているということですから。
    「敵を知り己を知れば百戦危うからず」と言われておりますが、日本人はこの「己を知る」部分が、少し欠けているのかも知れません。
    いずれにしろ、中国の国内は日本よりも酷いメディアコントロール下に置かれており、正しい情報はおろか、中国共産党にとって都合のいい事しか言わない訳ですから、これは日中双方の国民にとって、とてもよくない事のように思われます。見方を変えれば、双方の国に共通する問題と言えるのかもしれません。

    天安門事件も、もしかしたら鄧さんを失脚させるために、軍閥か他のどこかの閥が仕組んだのではなかったのだろうかと思い至りました。
    中国を民主化させたかったという生前の願望が本物ならば、鄧さんご自身が学生たちのデモを鎮圧する理由は、どこにもありません。
    加えて、現在の共産党を見ましても、閥同士で足並みがそろわないばかりか、統率さえも取れていないようです。
    このようなことを鑑みると、天安門事件とは、何者かに経済開放路線を妨害された結果起こったのでは、などと邪推してしまいます。
    将来的に、こうした部分も情報として、明るみに出ることを願っております。


    管理人様
    どのような社会であれ、情報をただ鵜呑みにしてしまう層は、必ず一定数は存在するのではないかと考えております。
    ですので、その数がどれだけいるのかわかりませんが、そのうち耳を貸す人のみを対象にしますと、多少不確実なようにも思えます(現時点で、取れる手段はそれのみですが)。
    地道に話を続けて行っても、最終的には、メディア本体もなんとかしなくてはならない時が来ると考えていますが、果たしてメディア各社がその前に倒産するのと、どちらが早いでしょうか。

    霊界通信に関する情報リテラシーについてですが、私の場合は少し特殊で、地上界の情報だけでは分からない事をこちらのBlogで補完し、そうして出来た情報の、つじつまが合うかどうかを考えます。つじつまが合えば、大体の場合は真実です。
    そして現世の外の情報がわかっていると、現世で起こっていることの情報も大変理解しやすいです。
    どちらも片方だけでは成り立ちませんので、真実を類推するときの、助けとさせて頂いております。

    返信削除
  8. 10月22日23:41投稿の匿名様

    今現在の状況だけを切り取ってみれば、匿名様のご意見は当て嵌まるかも知れませんが、人は日々様々な経験を積み成長し続けております。
    そして、情報の扱い方を弁えていないと様々な不都合が生じる世の中へと変化しつつあります。
    いずれは全ての人が「情報を鵜呑みにしていてはダメだ」と認識するようになるでしょうが、今は過渡期であるために個人差が目立つのだと思います。
    また、耳を貸す人のみを対象に情報発信をするのではなく、聞く耳を持つ人を“優先”するのです。
    効率を考えた手順の問題です。

    返信削除
  9. 中国人の、日本人に対する蔑称「日本鬼子」を萌えキャラに
    http://suiseisekisuisui.blog107.fc2.com/blog-entry-1492.html

    この発想はすごい!と思ってしまいました。
    日本のオタク恐るべし。

    鄧小平霊様がおっしゃる「考え方が一種独特なので、他国の人間が思いつかないような行動を取ったりします。」というのはこういうことなのかなと思ったり(笑)
    まさにbaseheatさんのおっしゃるとおりですね(^^)
    韓国にF5で攻撃されて、むかついたからチリ地震にクリック募金するというのもありましたが、そうした発想って好きです。

    返信削除