2010年10月24日日曜日

京都・奈良の旅をまとめてみた(その7)

今回は、記事【京都・奈良の旅をまとめてみた(その6)】の続編となります。
一言コメントは引き続き霊媒Mに依頼しました。





No.17:長谷寺







霊媒Mのコメント:
今回の一番の目的地である長谷寺は、山の上にありましたので結構大変でしたが、頑張って階段を登った甲斐のある場所であったと思います。
足が疲れてしまった事もあり、帰りに転ぶというハプニングもあり、痛い思いもしましたが、軽い捻挫で済みましたし、今回はこちらで「よい厄払いをさせていただけた!」と、喜んでこの場を後にしました。





No.18:橿原神宮









霊媒Mのコメント:
こちらは本当に霊力が強いです。
全てを包み込むような、とても大きな力が働いていました。
最初は予定に入っていなかったのですが、時間が出来たので訪れる事ができました。
どうやら、神武天皇と名乗る霊にお招きいただいたようで、道理で予定よりも早いペースで動けたはずだと思いました。
多分、地元の方だと思うのですが、鳥居の由来についてご親切に説明していただけたりして、こちらでもチョッとした心のふれあいを楽しみながら、とても良い気分で参拝する事ができました。
「こういうチョッとしたふれあいが旅の良さなのかな?」と、つくづく思いました。
とても安心できる霊力が分け隔てなく誰にでも降り注がれており、このような素晴らしい存在を、何故、否定する人たちがいるのだろうかと不思議に思うくらいでした。
天皇陛下という存在を否定するという事は、いつでも誰にでも援助の手が差し伸べられているのに、わざわざその手を振り払っているようなものですから、「本当に勿体無いことだなぁ」と、思ってしまいました。
こちらでも御神籤を引かせていただきました。





No.19:神武天皇陵





霊媒Mのコメント:
こちらは神武天皇と名乗る霊から「あなたとの繋がりをより強化したいので訪れて欲しい」とのご要望がございましたので、橿原神宮とすぐ側ですし、訪れることになりました。
天皇陵ですから、やはり霊力はとても強いです。
とても癒されますし、安心します。
「こちらに訪れるのが実は本当の目的であったのでは無いのかしら?」と、思えるくらい、とても有意義な時間を過ごす事ができました。





これまで約一ヶ月に渡って『京都・奈良の旅』関連記事を集中的に投稿して参りましたが、こちらの記事で一区切りとなります。
今回の旅では、どの様なきっかけからであったにせよ、神社・仏閣を訪ねる機会に恵まれるのは、その施設の管理を司る神様や霊界の住人に招かれている場合が少なくないという事、そして、神域を訪ねた人間は、霊的な側面に何らかの働きかけを受けている事を再確認いたしました。
すぐに目に見える反応が現れなくとも、神様や霊界の住人はあらゆる機会を通じて私たち人間に働きかけているのです。

【Silvercord】管理人 

7 件のコメント:

はつゆき さんのコメント...

この度は密度の濃い旅と記事をありがとうございました。
東北の拠点のときの話で、関西人は神とあまり繋がってないという話がありましたが、もしかして今回の旅は繋がりの良くない関西人もそろそろ神様と心を合わすことに目覚めよう、という意図があるのかも、と思いながら拝見していました。
あまり氏神様以外は興味がなかったのですが、大変興味深い神社仏閣がいくつもあるので、近々訪問させて頂こうと思ってます。

車がないと関西でもアクセスが大変な奈良も、最近は直通便が出て便利になりました。表向きは経済効果や遷都祭に合わせて、ということになってますが、ひっそり篭られていた神様たちが大々的に人を呼び寄せるためなのかも、なんて妄想していました。
また次の旅のレポートも楽しみにしています。

匿名 さんのコメント...

いつもブログを拝読しておりますが、今回初めてコメントを投稿いたします。
今回のエントリーと直接関係の無い話題で恐縮ですが、管理人様は平田篤胤の著作を読まれておりますか? 彼は仏教がまだまだ主流であった江戸時代に、人々が日本古来の神道を忘れてしまった状況を慨嘆しつつも精力的に啓蒙のための執筆活動に勤しんだ人だと思っております。もしも可能でしたら、平田篤胤の霊に現在の日本についてどう感じておられるか訊いていただけますでしょうか?

Silvercord manager さんのコメント...

はつゆき様

東北の拠点の話とは、記事【弥彦山を訪ねて】でしょうか。
「関西にお住まいの方は神と余り繋がっていない」とは述べていないと思いますが、いかがでしょうか。
いずれにしても、当Blog掲載の記事をきっかけとして皆様が神様のお招きを受ける事になったとすれば、記事を投稿した甲斐があったと思います。

Silvercord manager さんのコメント...

10月25日22:42投稿の匿名様

平田篤胤の著作は、勝五郎の話と寅吉の話程度しか読んでおりませんが、非常に興味深く読んだ記憶が思い起こされます。
そして、霊媒Mが本格的な霊媒能力を発揮し始めた時、寅吉を目の前にした篤胤の心情が何となく分かったような気がしました。

さて、質問についてですが、「現在の日本についてどう感じているか」では質問の意図が曖昧で、何について答えて良いかが分かりにくいと思いますので、もう少し的を絞って具体的に示して頂けますか。

匿名 さんのコメント...

管理人様へ

失礼いたしました。確かに質問の趣旨が曖昧でしたね。
私が篤胤の著作を読んで感じたことは先にも書きました通り、彼の生きた時代はある意味で(大多数国民と神道との関係において)現代の日本と共通する部分があるのではないかということでした。宗教といえば仏教を意味した時代、神道などにのめり込むのは変わり者か物好き程度にしか見られず、また西洋の学問をかじった人々からは、古事記に書かれているような神話は非科学的で信じがたいと疑義を呈されていたようです。しかしその一方で神道に関心を持つ人々が増えてきていることへの期待の念も示されていたように思います。
篤胤の死後日本には激動の時代が訪れ、明治政府により国家の管理下に置かれた神道は、先の大戦以後米国による洗脳工作の影響もあり再び多くの国民から忘れ去られてしまいました。
もしも篤胤の霊にお話ししていただけるのでしたら、自分自身が生前思い描いていた日本の将来像と今の日本の現実とにどれだけの乖離があるのか聞いてみたいのです。また伝統を重んじ祖先を敬う心を失ってしまった(と私には見える)今日の日本の大衆を見て、篤胤の生きた時代と比較して今の日本人は堕落してしまったと感じられるのか、或いは相対的に見れば日本人は確実に進歩していると思われるのか、そういった点についても意見をお聞きしたいのです。

Silvercord manager さんのコメント...

10月26日22:07投稿の匿名様

質問を承りました。
回答を頂けそうですが、先方が霊界通信に不慣れであるために、回答に時間が掛かりそうです。

Silvercord manager さんのコメント...

10月26日22:07投稿の匿名様

記事【もっと柔軟な心で世の中を観察しよう】を投稿しましたので、ご覧下さい。