2010年4月26日月曜日

穢れの膨張がピークに達し、膜が弾けて穢れが噴出する(結界解放後:その2)

今回は【事態の進行は若干早め(結界解放後:その1)】の続編となりますが、霊界の住人の皆様に前回の記事のような質問を投げかけたのは、霊媒を通じて以下の情報を得た為でした。

『GWの5月5日頃に穢れの膨張がピークに達し、膜が弾けて穢れが噴出する』

GW明けから、いよいよ結界解放に伴う変化が本格的になるのでしょうか。

この情報を受けて、霊界の住人に投げかけた質問と回答が、前回と今回に分けてご紹介する記事となります。
まず、結界が開かれてから現在までの状況を前回の記事でご紹介し、今回は今後どの様に事態が展開するかという視点で、以下の点について答えて頂きました。
  • 以前当Blogに投稿した記事【『国境を管理する霊団』からの警告】で、北朝鮮が日本に危害を加える可能性に言及したが、今回の穢れが噴出することとの関係はあるか。
  •  穢れの噴出が上記とは異なる場合、どの様な形で表面化するのか。
  •  或いは、既に表面化しているが、今後もう少し派手に事態が進展して分かりやすくなると言うことか。




■  国境を管理する霊団の皆様からの回答

「北朝鮮の件も全く無関係とは言えず、何れそれらの事態に発展する前触れのような事が発生しそうな気配です。
まだ確定事項ではありませんが、可能性が高まっています。
海を越えての脅威よりも、既に日本内部に入り込んでいる者達の動向や、日本国内に氾濫する情報の数々に注意を向けた方が良さそうです。
日本人が思いもよらない事を画策しています。
ですが、実害は殆ど無く、見過ごされてしまう可能性は高いです。
それはあたかも、時限爆弾のタイマーを作動させるようなものであり、その事実に気付かない事で、後に日本が受ける被害を大きくしてしまう可能性があります。
ですから、日本は時限爆弾のタイマーが作動しないように迅速に対応する事が求められます。
最悪、作動しても途中で解除出来るように、対応策だけは整えておく必要はありそうです。
例え、日本全体から見れば致命的な被害ではなくても、その精神的ダメージはしばらく尾を引く事になるでしょう。
兆候はもう既に現れているので、注意深く観察していれば事前に察知できます。
一つだけ付け加えておきますが、必ずしも観察対象がアジア人だけであるとは限りません。
あらゆる可能性を探り、ありえないと思える要素にも目を向ける必要があります。
様々な要素が複雑に絡み合っているのです。
この世界で現実を覆い隠し、偽りで取り繕っている者が誰であるのか、今の情勢の中で最後の最後に利益を吸収出来る立場にある者が誰であるのか、よく考えてみれば答えは出てきますよ。
今はここまでが限界ですね。」

(2010年4月20日)





現在進行中の事態については、どうしても曖昧な表現に終始してしまいますが、注目しておきたい対象を見極めるヒントは提示しております。
霊団のコメントによると、周辺国の動向よりも、国内情勢の変化に注目した方が良いようですが、ご覧の皆様はどの様に思われますか。
いずれにせよ、注意深く世の中の動向を観察し、収集した情報の内容を精査することによって、『穢れをまき散らす張本人』の姿は自ずと炙り出されて行くのでしょう。

【Silvercord】管理人 

14 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

Silvercord様

こんばんは、仰せのメッセージ深く心に留めて日常に接したいと思います。

>まだまだ油断は禁物です。
その2拝見いたしました。特亜の方々は日本人名でいろいろな組織、地域にまぎれて入りこんで居られるようなので余計に厄介な状況ですね。
しかもアジア人だけではないという・・・暫くはいつもより大目を明けていろいろな情報に注意しなければなりませんよね。

戦後、日本の支配を容易にする為にいろいろな組織に上記の方々を配置したと伺ったことがあります。
どんな支配の場合もそうなのですが、自分に被害が及ばないよう代理人に汚い仕事を任せ自分は安全にお金儲けだけを楽しむ連中が居たようですね。

映画スターウォーズのエピ1~3までの流れでは通商連合が表の悪人、そして善人ずらのパルパティーン議長が本当の黒幕でした。
スターウォーズではもうひとつ意味深な場面があり、悪の化身ベーダーを斬った瞬間、斬ったはずの相手が自分自身だったという場面があります。
本当の敵は自分自身の中にあり、それを私たちはこの世界で外部の敵として投射して体験するようです。
すみません、少し話しが脱線いたしました。

今回の出来事も、これから起こる出来事も全てあらかじめ私たちの中にあるリアルです。
正直恐ろしくもありますが最後まで目を逸らさずありのままを見て正しく選択するしかありません。
そして出来れば起こったことの本当の意味が判るようになりたいです。

望むべきは起こったとして、それが出来るだけ小難に留まるよう祈っております。

はつゆき さんのコメント...

続きの更新をありがとうございます。想像以上に身近に、そして静かに深刻な災厄が下りそうな気配を感じる内容で、冷静さが何より必要だと痛感します。ますますしっかり情報を仕入れて観察し、考えなければと身が引き締まります。

今までは騒がしいアジア人の行動が目立ちましたが、これすらも目晦ましに過ぎない、と気を引き締めて、冷静に対処しようと思います。日本人が思いもよらないことを画策している、というのが大変気になりますが。
危機感を最大限に発揮して、かつ冷静でい続けることが求められているのでしょう。危機感だけでは疑心暗鬼からパニックを起こすだけで、暴動や要らぬ争いを起こすだけです。
争いの大義も考えずに何カ国も火の海にして民間人を焼き殺した、どこかの軍人の二の舞だけは嫌ですからね!

怖くないと言えば嘘になりますが、ここまで来たら腹をくくって乗り越えてやろう、と気が引き締まる内容でした。また事態が進展したら、続報をお待ちしています。

Silvercord manager さんのコメント...

匿名様

周辺国がどの様にして日本に干渉しようと、日本国内がまとまっていれば迅速に的確な対処が出来るでしょう。
問題は日本の意思決定から行動の過程を妨害する動きがあって、これまでは『誰が、どの様な方法で妨害しているのか』が、少々分かり難い状態にありました。
しかし、最近になってようやく解きほぐされて、誰の目にも分かりやすい状態に変化しつつあります。
この度の政権交代は、これまで社会の裏側に隠れていたものを表舞台に引きずり出したと言う意味で、日本国民にとって格好の目覚まし時計役を演じていると思います。

Silvercord manager さんのコメント...

はつゆき様

いざという時に慌ててパニックに陥らないように、日頃から必要な情報を集めて分析し、困難な状況を切り抜ける方法を考える癖をつけておくと良いでしょう。
また、事態が深刻になるか、軽微な被害に止められるかは、私たち日本国民の考えと行動によって左右されます。
例えどの様な状況下にあっても、常に前向きに対処したいですね。

ゆう さんのコメント...

>日本国内に氾濫する情報の数々に注意を向けた方が良さそうです。
日本人が思いもよらない事を画策しています。

致命的な被害にはならなくても、日本人が受ける精神的ダメージが大きいと他の記事やコメント欄にも書かれていますが、それは、例えば皇室に危害が及ぶとかでしょうか?それとも、重要な文化財が壊されたり、神社仏閣が被害にあったりとかでしょうか?

最近では、こういうニュースもありました。

公有地に神社「違憲」 最高裁 解消のために審理差し戻し
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100120/trl1001201516005-n1.htm

日本を貶めようとしている彼らは、日本の古代から続く文化に嫉妬しているように思います。
なので、日本の文化を破壊するような画策をしていても不思議ではありません。

Silvercord manager さんのコメント...

ゆう様

現在進行中の事態に関わって参りますので、現時点で明らかに出来る情報は限られてしまいます。
ですが、注意深く世の中の動きを観察していれば、どなたにでも見極める事が出来るようになって参ります。

ご紹介頂いた件に付いては、以前こちらの記事【霊的な視点から見た神社の役割について】で取り上げておりますので、ご覧下さい。

baseheat さんのコメント...

こんにちは。
>>日本全体から見れば致命的な被害ではなくても、その精神的ダメージはしばらく尾を引く事になるでしょう。
>>兆候はもう既に現れているので、注意深く観察していれば事前に察知できます。

宮崎の口蹄疫の一件なども含まれるのかなと思いました。
すでに4月末には緊急事態となっていたにもかかわらず、政府は官僚には動くなと指示をしていたということですし、もちろんマスコミはきちんとした報道をしていません。政府は韓国には口蹄疫防止用の消毒剤を渡しても、宮崎県には何もせず、こともあろうに次の選挙で票を入れるなら・・・ということを公然と言い、小澤氏と宮崎県知事の会談が行われることになっているとか。その間にも4万頭に及ぶ牛や豚などが処分されています。食肉になる運命に生まれたといっても生き物です。つらい病気で死ぬ間際でも獣医などに甘えるのだそうです。「命を大切に」ってどの口が言うんだろうと怒りを通り越して哀しくなりました。

Silvercord manager さんのコメント...

baseheat様

ここで述べているのは個別の事件や現象についてではなく、「全体的な傾向として、過去の悪事が明らかになる事例が目立つようになる」ということです。
ですから、この度の宮崎県で発覚した口蹄疫感染の件が、そのまま該当するわけではありません。
しかし、インターネットを通じて関連情報を当たったところ、以前から口蹄疫感染に繋がりかねない軽はずみな行動があったとの指摘も伺えます。
また、baseheat様のご指摘の通り、現政権はこの件に付いての権限と役割に応じた責任を放棄しております。
この件に限らず、国政に関するありとあらゆる問題について、彼らが負うべき責任を放棄しております。
今私たちは、ただ彼らの無責任な姿勢を咎めるだけではなく、政権担当能力のない人々が政権の座につくとどの様な事態が生じるのか、彼らが一体“何をやらかしているのか”、その一挙手一投足を冷静に見極めるよう心がけたいものです。
今後、能力の足りない者に過ぎた権限を与えないように。
人の能力や資質を的確に見極める為に必要な観察力、洞察力を身につける為に。
そして、安易にゲーム感覚で選挙や国政を弄ばないように。

baseheat さんのコメント...

管理人様
コメントありがとうございます。
おっしゃるとおりだと思います。

匿名 さんのコメント...

こんばんは、お尋ねいたします。
今現在の尖閣諸島を含めた政治情勢について、結界開放の結果は正しい方向に向かっているでしょうか。日本国内に入り込んでいる者たちへの脅威についても、あまりに広範囲であまりに重要な所に入り込んでいるため、果たして私たちは変えうることが出来るのか、不安に思ってしまいます。私たち国民の努力しだいとは思っていますが、霊界の方々にお伺いをいたします。この様な方向も大丈夫でしょうか?

Silvercord manager さんのコメント...

10月12日投稿の匿名様

質問は承りましたが、霊媒から「回答には時間が掛かる」との連絡を受けました。
もうしばらくお待ち下さい。

匿名改めNKです さんのコメント...

有難うございます、お待ちいたします。
仙石さんは一体どういう人なのか、菅さんは、岡田さんは、何を考えているのか?創価や某教会はどう出るのか?そうして、日本に深く入り込んでいる人たち(怖いのは検察や弁護士等警察の中にまで入り込んでいる人たちです。)はどう抵抗してくるのか?そのとき私たちは何が出来るのか、とても不安になります。

Silvercord manager さんのコメント...

10月15日11:19投稿の匿名改めNK様

『日本を覆っていた結界』を守っていた神様に属する霊団からのコメントを預かりました。


「何が正しくて何が正しくないのかは、もう少し時間が経ってみなければ判断が難しいと思われます。
一見正しくないように思えるものが、実はきちんと意味を持って一定の役割を果たしていたという例はいくつも存在しています。
『人間万事塞翁が馬』という言葉がありますね。
その意味を良く考えてみましょう。」


あっさりとしておりますが、以上が回答となります。
霊界の住人の皆様は、「ご自分の頭で考えて、NK様ご自身の力で不安を乗り越えてゆく為の答を見つけ出す必要がある」と見ているようです。
不安が付きまとうのは、物事の道理に対する理解が不足していて、なおかつ不安の対象についての知識が足りないからです。
まずは、不安に思われている対象についての知識を吸収する事と、関連する事態の推移を逐一観察されてはいかがでしょうか。
「自分があの人だったら、どの様に考えるだろうか?」と、相手の思考や心情を推し量るのも良いでしょう。
いずれにせよ、詳細な知識が不足している状態のまま、当て推量で漠然とした不安に震えていても、事態は改善しません。
ご自身の意思で行動を起こしてこそ、初めて事態は動き始めるのです。

NK さんのコメント...

ご回答を有難うございます。
仰るとうりですね、不安でいっぱいで右往左往いる自分が見えて、ちょっと恥ずかしく思いました。
ただ、霊界の方々のご回答で、未来をきちんと見据えていらっしゃる様子が伺え、ならば私たちも徒に不安を持たず、出来る事をしていかねばと思いました。
管理人様、霊界の皆様、有難うございます。