2010年4月24日土曜日

鳩山幸さんについて

先日投稿した【当Blogをご覧の皆様へ】のコメント欄に、BW様から以下の質問を頂きました。
ご覧の皆様の中には、様々な意味で関心を持っておられる方もいると思いますので、霊界の住人の皆様に伺ってみましょう。





■ BW様からの質問

私が知りたいのは、鳩山由紀夫氏の妻、鳩山幸夫人についてです。
夫である由紀夫氏の言動の影に隠れておりますが、彼女自身も奇抜な言動が目立つ上、韓流スターとの頻繁な面会など、特亜に対するかなりの傾倒が見られますよね。

そんな鳩山幸夫人について、霊界の住人、可能なら彼女と面識のある霊から見た人物評価を知りたいのです。





■ 霊界の住人からの回答

「さて、彼女は何故鳩山由紀夫氏を夫として選び、今も尚側にいるのでしょうか?
彼女には強力な執着心みたいなものが感じられます。
それが無くても命を失うわけではないにも拘らず、手放す事が出来ずにいるようです。
彼女は望むものを手に入れても決して満足する事はありません。
前世で得られなかったものを必死で追い求めています。
ですが、彼女が今必死に掻き集めているものでは、彼女の心は救われないのです。
際限なく欲望が膨らみますが、それを止める術を知りません。
己の心の中にその答が眠っているのに、その事に気付いていないのです。
だからこそ虚構に走ります。
己の心を偽り、いつしか虚構と現実の区別がつかなくなっているのです。
とても哀しい人だと私は思います。
自ら作り上げた虚構に囚われ、身動きが取れず溺れている事にも気づかない愚かで哀れな愛しい存在…。
それが私から見た彼女の全てです。」

(2010年4月24日)





この回答を頂いたのは、前世において彼女を愛しながらも、その心を救うことが出来なかった霊とのことです。
今は静かに彼女の成長を見守っているそうです。

人の前世は容易に知れるものではなく、また人間として日常生活を過ごす上では必要のない情報です。
但し、その方が霊界の住人との意思疎通が可能であり、なおかつ前世の情報を知ることによってその方の霊的成長に寄与すると霊界の住人が判断した場合、その方の前世についての情報が部分的にもたらされる場合があります。

私は『肉体の制約を超えた因果律の作用』について、以前から関心があったのですが、とあるきっかけから、鳩山幸さんの前世に関する情報を断片的に得る機会がありました。(*注1)
物事の見掛けに囚われて本質を見極める事が出来ない為に、以前の人生でも不遇な立場に置かれ、様々な苦労を経験してこられたようです。
彼女の今回の人生は、恐らく前世の彼女には欠けていて、それを手に入れたいと強く望んだであろうものを全て手中に収めたのでしょう。
しかし、物事の見掛けに囚われてしまいがちの彼女は、実際に自分の手に入れてから『何かが違う』『こんな筈ではなかった』という疑問と不満を感じているのではないでしょうか。
回答して頂いた霊界の住人も述べておりますが、『己の心の中に答えが眠っているのに、その事に気付いていない』のです。
とある新興宗教団体との関わりが、様々な憶測を呼んでいるようですが、自分自身の内面に目を向けようとする、彼女なりの試行錯誤の過程なのかも知れません。
ほんの少し視野を広げるだけで、彼女自身のステップアップに繋がるヒントに気がつくのでしょうが、これは自分自身の試行錯誤の成果として手に入れるべきものなのです。


注1:
鳩山幸さんの前世に関する具体的な情報については、公開を控えたいと思います。
ここでは、鳩山幸さんの人となりの背景を説明する材料として、『前世の影響が見られる』事に言及しただけであり、彼女の前世について語るのが目的ではないからです。
また、念のために申し上げておきたいと思いますが、ご覧の皆様の中に「私の前世が知りたい」という方のご希望がありましても、お断りさせて頂きます。
そういうことを専門で行なわれている方がおられるようですので、そちらへご相談されてはいかがでしょうか。
上でも述べましたが、人間として日常生活を送る上で、前世に関する情報は基本的に必要がないと考えておりますので、ご了承下さい。

【Silvercord】管理人 

8 件のコメント:

  1. Silvercord様

    はじめまして、いつも深い思慮を感じる記事に感謝します。またここを拝見しいろいろ考えさせられる日々です。
    まだROMを始めてから日が浅いものからの質問です。

    現政権を誕生させた功績は、前政権に執拗なネガキャンを繰り返したTV放送各局の公正を欠いた報道の成果であると考えております。
    また一部の新聞におきましても、亡国に至りかねない危険な法律をさもそれをしないと日本が遅れているような錯覚を読者に与える記事が氾濫しております。

    さて、本来の報道の使命を忘れたかのようなこれらのマスコミは将来どうなるのでしょうか?
    マスコミは一度解散し、もう一度報道の原点に立ち返って公正な報道を行う機関になるべきでしょう。
    そうでなければマスコミに未来は無いように感じております。

    この日本の報道機関の将来はどうなるのかというのが質問です。
    宜しくお願いいたします。 

    返信削除
  2. 質問者様より前にコメント失礼致します。
    回答を下さった方の深い愛情が滲み出ていて、思わずもらい涙が溢れそうになりました。(回答して下さった方には申し訳ないですが)あのような者にすらここまで愛を注ぐ方がいるとは、と無限の愛情を感じます。
    答えは自分の内にある、というのは「幸福の青い鳥の正体は、自宅で飼っている鳩だった」という童話の結末のようですが、迷うときや激情に駆られてる時こそ内省が必要だと感じました。
    内省したところで激情が収まるわけでもないですが。

    今では解消されましたが、永年自分が抱えてた問題を探りに前世を診て貰ったことはあります。しかし過去を知ったところで「はあ…そうですか…」と他人事のように感じてしまったのを思い出してしまいました。
    自分の性質の原点が見えて参考にはなりましたが、たいして愉快なものではありませんでした。今の自分の人生を生きろ、ということなんだと解釈してます。

    返信削除
  3. 匿名様

    霊界の住人の皆様からのコメントを預かっております。


    「これからは、インターネットを中心とした新しい仕組みが情報発信の主流となってゆきます。
     ですから、マスコミが生き残るためには古い体制を廃し、新たな仕組みにあわせた新しい組織作りをする必要がありますね。
     今までは読者や視聴者に対して一方的に情報を押し付けてきましたが、もうそれでは読者や視聴者は満足することが出来なくなっております。
     マスコミ側が押し付けたい情報ではなく、皆様が知りたい情報をきちんと提供できる体制を整える必要があるでしょう。
     インターネットにあってマスコミにない要素とは何であるのかを、今一度よく考えてみる必要があるのでしょうね。
     今あるものに執着し、新しい波に乗る事が出来なければ、旧時代の価値観と共に淘汰されるだけでしょう。
     変化を恐れず、果敢に現実と対峙する事が出来れば、まだ生き残る道はあるかもしれません。
     失う事を恐れずに、未来を掴み取る努力をしましょう。
     どのような未来が待っているのかは、マスコミ内部におられる皆様の選択次第なのです。」

    返信削除
  4. 匿名様

    既存のマスメディアについては、霊界の住人の皆様のコメントの通りなのですが、その他の点について補足しておきたいと思います。

    現政権が誕生した理由は、先の総選挙で多くの国民の支持を得たことによります。
    前政権に対するマスメディアの過剰なネガキャン報道に問題があるのはご指摘の通りですが、それらマスメディアの偏向報道は選挙前から問題視されておりましたし、民主党政権の危険性を注意喚起する動きもありました。
    にもかかわらず、多くの有権者が民主党政権の誕生を支持したのです。
    この『余り深く考えずに、マスメディアの論調を鵜呑みにする姿勢』は、非常に大きな問題です。
    マスメディアに限りませんが、騙した側の問題ばかりでなく、自分でよく考えずに他人の意見を鵜呑みにする方の無責任な姿勢は、もう少し厳しく問われても良いと思います。
    この点は、これまでも当Blogや本家サイトを通じて、折に触れて指摘して参りましたが、今回も重ねて強調しておきたいと思います。

    返信削除
  5. はつゆき様

    今回、回答を頂いた霊界の住人の方が、何故は鳩山幸さんに対して深い愛情を示しておられるのか、その点についてもう少し考えて頂ければと思います。
    傍目にはよく分からなくても、この霊が深い愛情を寄せるだけ要素を、彼女が潜在的に備えていると言うことです。
    そして恐らく、彼女自身もその要素に気付いていないのではないでしょうか。

    返信削除
  6. Silvercord様

    ご回答ありがとうございます。コメント1を書いたものです。
    >変化を恐れず、果敢に現実と対峙する事が出来れば、まだ生き残る道はあるかもしれません。

    これは報道を受け取っている私たち一般国民にもいえるのですね。私も新聞は契約を入れ替え、歪曲した酷い報道をする報道番組は見なくなりました。
    近所では現政権の報道されない実態を晒すビラも出回り始めました。私も出来る限り友人知人には現政権の本質についてこれからも可能な限り伝えたいです。

    >騙した側の問題ばかりでなく、自分でよく考えずに他人の意見を鵜呑みにする方の無責任な姿勢は、もう少し厳しく問われても良いと思います。

    そうです。ご指摘にあったように風評や周囲の感情的な意見に流される自分たちの問題は明らかにありました。
    正直、私は前政権の麻生首相などを最初は誤解していたと思います。後でマスコミの異常キャンペーンをいぶかしく感じ、ネットなどで麻生さんや中川さんなどの素晴らしい功績を自分で調べましたところ目にウロコの状態!でした。
    騙す騙されるという関係から一歩前に先に出て、ちゃんと自分の頭で考え自分で情報を整理しますと少しずつ全体のパズルの様子も繋がるような気がします。

    そういう意味で、現政権やマスコミ様には反面教師していただいているし、こちらも自分の心のあり方を見直す大切なチャンスだったと感じました。

    >どのような未来が待っているのかは、マスコミ内部におられる皆様の選択次第なのです。

    外国人上司の指示もあったかもしれませんが、こんな偏向マスコミ報道には国民はホトホト嫌気が差していることに気づいて欲しい。今年こそ、このような体質を打ち破って自分自身を救ってください。いつまでも騙せと通せません!

    返信削除
  7. 回答ありがとうございます。
    更新された日に拝見していたのですが、どのようなコメントを返すべきか悩み、しばし考えておりました。

    まず、最初に感じたのは私が感じていた彼女の印象と、霊の返答から感じられる彼女への深い愛情のギャップでした。
    失礼ながら、私は彼女に対してあまりいい印象を持っておりませんので、そんな彼女に対してこれほどの愛情を持つことができるのか、という驚きがありました。

    同時に、共感を抱いたのも事実です。
    強力な執着心、際限ない欲望、虚構を追い求める。
    これは、私が彼女に悪い感情を抱くに至った原因である、彼女の様々な行動から感じた印象と全く同じだったからです。

    驚きと共感を、自分の中でうまく処理した後、考えてみました。
    彼女に、質問に答えてくださった霊が愛情を抱くような要素があるのか、あるとすればそれは何処なのか、という事です。

    答えて下さった霊の立場で考えるのは、聊か無理があるので現世の伴侶である鳩山由紀夫氏の立場で考えてみたのですけれど。

    彼女は、鳩山由紀夫氏を強烈に応援している、身近な支援者であり、鳩山氏の精神的支柱の一つとなっていることは間違いないと思われますが。

    これは、彼女に鳩山由紀夫という一人の人間に、少なくとも本当に支えられていると実感させる程度の言動をしているという事ですよね。
    他人を支え、奮い立たせる事ほどの情念を外に出すことができるのは、間違いなく彼女の長所の一つであり、鳩山由紀夫氏が彼女の夫を続ける理由の一つだと思います。

    しかし、それでも私の目から見て、今の彼女に対する悪印象は消える事はありません。
    そのような長所をに目を向けられず、地位や名誉、あるいは金銭などといったものに必要以上に縛られた結果、自らの長所を誤った方向に向けているように感じられるからです。

    ただ、悪印象が消えないからと言って、質問に答えて下さった霊の望まれている、彼女の霊的成長までも否定する気はありません。

    彼女が、自らを縛る物から一刻も早く抜け出し、可能であるならば鳩山幸である間に己の長所を正しく用いれる人間になってくれればと思います。

    随分長文コメントになってしまいましたが。
    管理人様、霊媒様、そして、答えて下さった霊様。
    本当にありがとうございました。

    それでは、失礼します。

    返信削除
  8. BW様

    鳩山幸さんに対する霊界の住人の見方と、BW様の印象に食い違いがあっても、それは仕方のないことです。
    また、これまでに様々な霊界の住人から伺った話を総合すると、鳩山由紀夫首相に対する見解は全般的にかなり厳しいものがありました。

    返信削除