2010年2月24日水曜日

田中角栄霊が読者の方の質問に答える

先日投稿した【盧武鉉霊、日本を語る】に、匿名様から『田中角栄』と名乗る霊への質問をお寄せ頂きました。
早速霊媒を通じて回答を求めたところ、田中角栄霊からの回答が届きましたので、匿名様の質問を再掲してご紹介したいと思います。





■ 匿名様の質問

以前、田中角栄氏のお話が載っておりましたが、田中角栄氏の教え子に当たるハマコー氏が、ツイッターやブログなどで、精力的に保守活動を展開しておりま す。
小沢氏の件も含め、田中角栄氏は、どのように見ておられるんでしょうか?
また、田中角栄氏が総理大臣の折、フランスのジャーナリストからのインタ ビューに際し、首相官邸の外でデモをする当時の学生活動家を、「彼らはハシカにかかってる。いずれこの国を背負っていく大切な人材だ」と答えた経緯を耳に していますが、ゆとり世代やロストジェネレーション、ニート、ヒキコモリなどの現代の若者に対し、どういう目で見ておられるのか、是非お聞きしたいと思う のですが。





■ 現代の若者について

『浜田君には浜田君の信念があって、それに従って活動しているのだろうよ。
小沢君については何度か話しているんだが、今はまだ公開する時期では無いとの判断から保留にしてもらっているんだ。
もう少ししたら公開されるだろうから、それまで待っていてはくれないだろうか?

現代の若者に対しての意見を聞きたいということだが、君が例に挙げているような、言わば苦境に立たされている若者は、これからの日本にとって、未来を担う大切な財産であると思うよ。
どんなに繁栄した社会でも、時間が経つにつれ徐々に歪みが生じてくる。
その歪みに敏感に反応している、あるいは飲み込まれてしまったのが彼ら若者世代だな。
でもな、彼らもただ単にそんな状況に置かれたわけじゃあない。
例えるならば、蛹(さなぎ)みたいなものだな。
沢山の栄養を吸収して成長しているんだよ。
今はじっと耐え、考える時期だ。
考えて、考えて、考え抜いた末に己の殻を破り、突然思い立ったように活動を始める。
これからの新しい社会の枠組みを作る為に、懸命に働くようになるだろうさ。
今は、そのための準備期間であると見ている。
当然のことながら、中には小狡いのもいるだろうし、怠け者もいるだろう。
でもそんな奴はごく少数だ。
殆どの若者が、現状を打破したいと思っているだろう。
彼らは、思うようにならないもどかしさの中で踠(もが)きながら多くの事を学んでいる。
その経験は、今後必ず生きてくることだろう。
むしろ、順調な人生を歩んでいる若者の方が心配だ。
失敗を知らない奴は、心が脆い。
これから大きな変化を遂げるであろう世界の中で、無事でいられるのかとても心配だ。
人は失敗を糧に大きく成長する。
その失敗を経験していない、あるいは失敗から目を背けているような奴らは、これからの世の中の変化に対応できずに取り残される可能性がある。
だから、今の言葉で言うところの“勝ち組”なんて浮かれている奴らの方が心配だねぇ。
苦労して今の地位を築き上げてきた人間は、周りがどんなに騒いでも簡単に浮かれたりしないからねぇ…。
まぁ、そんなところかね。』

(2010年2月24日)





民主党幹事長の小沢一郎氏については、田中角栄霊を始めとした何人かの霊界の住人の話を伺っております。
但し、田中角栄霊の言葉にあるように、現在はまだ時期尚早との霊界の住人の判断により、公開を見合わせております。
小沢氏について、現時点で公開しても差し支えないと判断した部分は、【中川一郎霊との対話】で取り上げている程度ですので、そちらをご覧下さい。

また、現代の悩み多き若者達については、未来への大きな可能性を感じさせるコメントであったと思います。
いつの時代にも、大なり小なり同様の問題は見受けられるのでしょうが、特に現在は“時代の節目”的な大転換期に当たりますので、厳しさが際だつ傾向にあるのかも知れません。
しかし、逆に厳しい環境を上手に乗り越える経験を積まれた方こそ、大転換後の日本を率いていく核となって行くのです。
今後の世界をまとめ上げて行く新たな価値観を体現する方々は、既に私たちの目の前で動き始めていますよ。

さて、ハマコー氏については、気のない一言しか返してもらえませんでした。
今の田中角栄霊にとっては、余り関心のない事柄だったのかも知れません。

【Silvercord】管理人 

1 件のコメント:

  1. 大変、お手数をお掛けいたしました。早速2chのスレッドで公開させていただきました。田中角栄氏の若者に対するスタンスが、生前のそれより力強くなっているように思えます。ここ数ヶ月が正念場ですからね、いよいよ覚悟を決めてかからないと。

    返信削除